副業ウィキ

ネット副業でお金を稼ぐ方法を網羅的にまとめた情報サイト。せどり、中国輸入、ebay、バイマ、FX、アフィリエイ、YouTubeトなどインターネットでお金を稼ぐノウハウをまとめています。

11月30日までの新規申し込みで1,400円相当のICカードリーダーがもらえるキャンペーン中!
全自動のクラウド会計ソフト

a0002_010998

全て Amazon に外注できる効率の良い物流


Amazon で商売をするならオススメしたいのが「FBA(フルフィルメント by Amazon)」です。
FBA とは、Amazon が提供している販売支援サービスです。

出品者は商品を FBA 倉庫に納品すれば、商品の保管、注文処理、梱包、出荷、配送に関するお問い合わせ・返品対応まで Amazon がすべて代行してくれます。

日本では、全国に FBA の物流拠点があります。
FBA を利用することで、これらの物流インフラを Amazon 小売り部門の商品と同じサービスレベルで利用できます。
通常のインターネット物販は、注文数が増えると、梱包、発送、お客様対応などの作業が増えるのが悩みになります。

FBA を使えば、それらを全て Amazon が代行してくれるので、注文数が増えても、出品者の手間が増えることはありません。
自分はどこで何をしていようが、稼げます。
海外旅行に行ってようが、自宅で寝てようが、FBA 倉庫に納品しておけば、集客から発送まで、Amazon が勝手に全てやってくれるのです。
自動的に商品が売れて発送される仕組みになっていますので、Amazon がインターネット上の自動販売機になるイメージです。
私はこの仕組みを「Amazon 自販機」と呼んでいます。
私はいまだにこの仕組みに感動しています。この魅力を最大限に利用し、短時間で効率良く、大きな利益を稼ぐことが可能になるのです。

FBA は販売促進にも抜群の効果がある


FBA を利用することにより Amazon の物流を使えるだけでなく以下のメリットがあり、購入率アップに繋がります。これはお客様に対する販促に抜群の効果があります。

●全品配送料無料
全品配送料無料のため、お客様に「買いやすさ」をアピールできます。

●即日発送
Amazon の物流を使うことにより、商品が購入されたらAmazon から即日発送されます。
お客様には「価格が高くても速く配送してほしい」という方も多いので、他のオンラインショッピングモールより価格を高く設定しても売れて行きます。
即日発送により、価格が高く設定できる上に購入率もアップしますので、売上が飛躍的に上がっていきます。

● 24 時間 365 日受注・出荷対応のため、販売機会の損失を軽減できる(盆・年末年始も OK)
通常の店舗ならば「土日祝日は配送できません」ということもありますが、FBA を利用すればその心配はありません。
「24 時間 365 日休むことなく」商品の保管、梱包、発送・カスタマーサービスや返品の対応までAmazonが全て引き受けてくれます。

● ショッピングカートの獲得率がアップし、購入率が高まる
Amazon と同等の配送レベルになることで、ショッピングカートの獲得率がアップし、購入率が高まります。

商品ページから見る FBA 導入のメリット


FBA を利用している場合は、Amazon の経験豊富でクオリティの高い配送サービスを利用できます。
そのため、商品ページには「Amazon.co.jp が発送」という文字が入りますので、Amazon による配送を希望される購入者さんに安心して購入いただけます。
また、最短のお届け日を購入者さんとお約束することで購入しやすくし、急いで商品が必要な購入者さんにアピールできる商品ページに生まれ変わります。

FBA を利用している場合の商品ページ


4

出品者(セラー)一覧ページには、特別な配送サービス Amazon プライムの対象商品となるため、「Prime」のマークが入ります。
また、「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」という文字が入り、最短のお届け日が表示され、お客さんに購入時の配送メリットをアピールできます。

5
FBA を利用することでお客さんは Amazon から購入しているという感覚になり、安心して商品を購入することができます。

その他にも、「当日お急ぎ便」「お急ぎ便」「お届け日時指定便」など、さまざまな配送納期に対応できるメリットもあります。
私たちの手間が大幅に削減できるだけでなく、Amazon のブランドを借りて自分で発送するよりも商品が売れやすくなりますし、送料も安くなります。
この FBA を利用できることが、Amazon 輸入の最大のメリットです。
私は Amazon で商売をするならば、この FBA を利用することを強くお勧めします。

語学力がなくても日本 Amazon と海外 Amazon はページレイアウトが同じなので迷わない

Amazon 輸入で稼ぐには、英語は必須ではありません。
もちろん英語ができないより、できるに越したことはありませんが、英語ができないからといって心配する必要は全くありません。

私自身も英語はほとんどできず、中学英語レベルしかできません。
それでも、海外 Amazon で購入したり、海外メーカーや海外セラーと交渉して取引をしています。

私の輸入ビジネス仲間でも英語が得意という人はほとんどいません。
Amazon 輸入で稼ぐためには、英語力以外の大事なポイントがたくさんあるからです。

また、仕入れ先の海外 Amazon のページレイアウトは、日本 Amazon と同じになっていますので、ボタン配置なども同じです。
そのため、海外 Amazon からの仕入れで迷うことはほとんどないでしょう。

■日本の Amazon の商品ページレイアウト
amazon-japan-page

■海外の Amazon の商品ページレイアウト
amazon-kaigai-page


わからない場合は無料翻訳サイトが使える


外国語がどうしてもわからない場合は、Google が無料で提供している「GoogleChrome」というブラウザを使えば、1 クリックでページ全体が日本語に翻訳できます。
完璧な翻訳にはなりませんが、だいたいわかるレベルまで翻訳してくれます。

「Google Chrome」の翻訳機能を使う場合は、「GoogleChrome」で母国語を日本語に設定しておきます。
すると、母国語以外のページにアクセスすると、ページ上部に翻訳ツールを表示してくれます。
ここの「翻訳」ボタンをクリックすると、ページ全体が日本語で表示されます。

一度「いいえ」をクリックし、その後に翻訳をしたい場合は、画面上で右クリックをして「日本語に翻訳」をクリックすれば翻訳できます。

ちなみに、翻訳は Amazon アメリカだけでなく、イギリスやドイツの Amazon にアクセスしても、1 クリックでページ全体を日本語に翻訳することが可能です。

「Google Chrome」の翻訳ツール
6


翻訳前のページ
7


翻訳後のページ
8


他にも、今は無料で使える翻訳サイトが充実していますので、ぜひ利用されることをオススメします。

【無料翻訳サイト】
・ エキサイト 翻訳 http://www.excite.co.jp/world/
・ ほんやくまとめ http://honyaku-matome.dyndns-web.com/

翻訳サイトを使えば、十分相手に伝えることができますし、ネット上の文章も、メールの会話内容も、大まかには理解することができます。
翻訳サイトを使ったおかげで、私は英語ができないからといって大きなトラブルになったことはありません。

検索すれば英文例が見つかる


英文メールを書くとき、どうしても上手く翻訳できない場合はネット上にある英文例を探すと、正しい英文が見つかることもあります。
例えば、卸で仕入れたい場合は、Google などで以下のように入力して検索してください。

「英文 卸売りは可能ですか?」

色々なサイトやブログなどがヒットします。
そこに英文例が多数あります。

そもそも 100%完璧な英語を使う必要はありませんので、私は神経質になりすぎず、多少変でも通じればよいという感じでスピードを意識してビジネスをしています。

いざというときは有料翻訳サイトが使える


無料翻訳ではどうしても伝わらない、もっと複雑な深い交渉をしたい、そのような場合は、コニャックという有料翻訳サイトを使ってみるのも手です。
私はこの有料翻訳サイトを使ってメーカー独占販売権を獲得しました。

コニャック翻訳 https://conyac.cc/ja

メールの場合は電話や対面と違い、即座に対応が求められるわけではありません。
少しずつ慣れていけばスムーズにやり取りができるようになるはずです。
英語に怯えず、勇気を出して Amazon 輸入の世界に飛び込んできてください。
あなたの視野が広がることは間違いありません。

クレジットカードを使えば現金ゼロからでもスタートできる


■カード利用から支払日までのタイムラグを利用する

私がよく質問を受けるのは、「Amazon 輸入は資金がないとできないのですか?」という質問です。
たしかに、輸入ビジネスは仕入れがありますので、資金が多ければ有利になります。

しかし、私自身や私のクライアントも、現金ゼロ・クレジットカード 1 枚というところからスタートして結果を出していますので、資金ナシからでも開始することが可能です。

なぜかというと、Amazon 輸入はクレジットカードでの仕入れがメインになるからです。(デビットカードでも可能です。)
クレジットカードにはカード利用日と支払日に約 2 ヶ月のタイムラグがあります。
クレジットカードを使うということは、支払いを将来に無利子で先延ばしにできるという、短期の資金調達と同じことなのです。

つまり、クレジットカードの利用限度額が 30 万円ある場合、約 2 ヶ月間、30 万円を無利子で借りることができるのと同じです。

たとえば、月末締めで、翌月末支払いのクレジットカードの場合、仮に 4 月 1 日に仕入れを行うと、支払いは 5 月末になりますので約 2 ヶ月間は引き落としまで期間があります。
4 月 1 日に 10 万円の仕入れをして、4 月 10 日で納品されたとすると、5 月末まではまだかなり余裕があります。

仮に 1 ヶ月後の 5 月 10 日に 15 万円で売れたとすると、5 月末に仕入れ代金の 10 万円を支払ったとしても、5 万円の利益が残ることになるのです。
2カ月あれば仕入れた商品の在庫は、経験上ほとんど売れてしまいます。

このように現金が無くても、締め日から逆算して仕入れを行い、クレジットカード枠を戦略的に使い、キャッシュフローを意識してビジネスを進めていくことで、お金を稼ぐことができます。

その稼いだお金を、また次の仕入れに回していけば、どんどん資金を膨らますことができます。
「キャッシュフローを制する者がビジネスを制する」とはまさにその通りです。

Amazon 輸入を円滑に進めるためにも、最初はスケジュールをカレンダーに記入して、お金の流れをイメージしながらビジネスを進めてみるといいでしょう。

※ キャッシュ・フロー(cashflow、現金流量)とは現金の流れを意味し、主に、企業活動によって実際に得られた収入から外部への支出を差し引いて手元に残る資金の流れのことをいいます。
■wikipedia より

資金が無い方が、最速で資産を築くためには、資金の回転を最重要視する必要があります。
Amazon 輸入ビジネスで資金の無い初心者の方が最速で駆け上がるためには、なるべく資金を早く回転させて、多くの経験を積み、稼ぎを再投資していく事が大事になります。

また、さらにカードをうまく使う方法は、「月末締め」のカードと「15日締め」のカードなど、サイクルが違うカードを2種類をもっていると仕入れを安定化することができます

Amazon輸入に必須のクレジットカードはこちらのページにまとめてあります。
各カードの特徴を見ながらカードを作ってください。
関連記事:エポス、楽天、セゾンカードの特徴と作り方、選び方。なぜネットビジネスではクレジットカードが有利なのか?

特におすすめなのは楽天カードです。
ポイントが貯まりやすくセキュリティも堅いので、はじめてクレジットカードを作る方や初心者さんでも安心して作ることができます。
関連記事:楽天カードは初めて持つクレジットカードに最適!?楽天カードのメリットと特徴、人気の理由を徹底解説

クレジットカードで仕入れる際の注意点

カードを使って仕入れをする場合の注意点は、アメリカと日本に時差があるという点です。

日本時間で締め日の翌日になったからといって、アメリカでは時間が違うので、仕入れをする場合、日本時間の17時くらいから仕入れをするといいです。
時間を間違うと支払いサイクルが短くなりますので注意してください。

最初は副業でスタートしたけど、将来的に独立して自由になりたいという方はサラリーマンの社会的信用がある時期にカードを作りやすいので、在職中にできるだけ多く作っておくことをお勧めします。

カード限度額を上げるテクニック


限度額を一度上げると半年程度上げられないので、継続的にやっていくことが大事です。
私は以下のような言い方で、継続的な限度枠の増額申請をします。

「現在複数枚クレジットカードを持っているのですが、管理が煩雑になってきてしまったので御社のカード一枚にしようかと思っています。
そのため、カードの限度枠を継続的に○○百万円にしていただきたいのですが、可能でしょうか?」

これを各カード半年に一回ぐらいのペースでやっています。
ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードを使用し、ポイントやマイルが貯まる一石二鳥のビジネス


多くのクレジットカードは、買い物をすると特典でポイントが還元される仕組みになっています。
100 円分買い物をしたら、1 ポイント還元という具合です。
これは Amazon 輸入でも同様で、主にクレジットカードで仕入れをするため、仕入れをすればするほどポイントが貯まっていくのです。
ポイントはクレジットカード会社が用意したプレゼントと交換することができたり、ショッピングをすることができます。

最近では、現金や商品券と交換できるカードも増えてきました。
ポイントが還元されるのではなく、航空会社のマイルが還元されるカードもあります。
このマイルを使って無料で海外の現地仕入れに行ったり、無料で海外旅行にも行けるようになります。
Amazon 輸入は儲かる商品を仕入れれば仕入れるほど、ポイントやマイルが貯まっていくという、まさに一石二鳥のビジネスです。

全ての作業をパソコン一台でできる


Amazon 輸入のさらなる魅力は、全ての作業をパソコン一台でできるので「場所」「人」「時間」に縛られない点です。

パソコン一台あれば自宅にいても、カフェにいても、さらに海外にいたって、場所は関係なくどこでも実践できます。
仕入れから販売までを、全ての作業をインターネットでできるからです。

輸入ビジネスですが無理して現地仕入れに行く必要はありませんし、販売のために実店舗を構える必要もありません。
自宅にいたい場合は一歩も外に出る必要はありません。
通勤時間もありませんし、全ての作業を在宅で行うことが可能です。

たった1人でできる


Amazon を使えば、集客から販売、商品の保管、注文処理、梱包、発送まで、全て Amazon がやってくれます。
また、後に紹介する納品代行会社を使えば商品を実際に一度も見る事がなく、Amazon 倉庫へ納品することができます。
よって、あなたが行うのは「商品リサーチ」と「仕入れ」のみになります。
たった一人でできるので、人間関係のトラブルやストレスがいっさいありません。

自分の力で稼ぎ、組織に縛られず自由に生きることができます。
また、パソコン一台で完結するので、サラリーマンの副業にも最適です。

日付・曜日に関係なく 24 時間いつでもできる


たった一人でできるので、やりたいときに、やりたいだけ実践することができます。
一般的な仕事のように、9 時~17 時の定時に仕事をする必要はありません。
日付・曜日関係なく、24 時間いつでも実践することができます。

夜型の人は夜中に実践することもできますし、朝から起きて実践することもできます。
全てはあなたが自由に決められます。

「体調が悪いから今日は休みにしよう」
「明日は飲み会に参加しよう」
「月末は一週間旅行に行こう」
このように、ライフスタイルの変化に柔軟に対応することができるようになります。

パソコンスキルは必要ない


Amazon輸入ビジネスではパソコンスキルも不要です。
私自身、パソコンの電源のつけ方もわからないところからスタートしました。

一般的な仕事では、文書作成ソフトの Word(ワード)、表計算ソフトの Excel(エクセル)、プレゼンテーション用ソフトの PowerPoint(パワーポイント)など、ある程度のスキルを求められます。
しかし、Amazon 輸入にはこれらのスキルはほとんど必要ありません。

Excel に数字さえ入力できれば、利益管理だってできます。
ホームページを作成する能力も必要ありませんし、画像を加工するスキルも必要ありません。
簡単なネットサーフィン、文字の入力、クリックなど、基本動作さえできれば気軽にスタートできます。
難しい IT のスキルや知識はいらないので、簡単に参入できるのが Amazon 輸入の魅力です。

Word や Excel、パソコンの知識を勉強してから始めようという方もいますが、資格・スキル・勉強は一切必要ありません。
むしろ、そのような勉強を先にしようとすると、無駄な時間や労力だけを使うことになります。
なかなか前に進むことができず、成長スピードが遅くなりますので、本末転倒になります。
必要になったら、しかるべきときに、しかるべきことを勉強するだけで十分です。
重要なのは、Amazon 輸入を実践することのみだと思ってください。

わからないことは Amazon テクニカルサポートに聞ける

初心者の方に何といっても心強いのが、Amazon テクニカルサポートの存在です。
何かわからないことがあれば、どんな些細なことでも電話やメールで Amazon が丁寧に教えてくれます。
(電話は土日祝日を含め午前9時から午後9時、メールは 24 時間 365 日受付)

自分でビジネスをするというのは不安なことがたくさんあると思います。
私も初めの頃は毎日のように電話をかけていましたし、いまだに連絡をすることもあります。
「Amazon 関連」でわからないことがあれば、Amazon テクニカルサポートに質問するクセをつけましょう。正確な情報を迅速に聞き出す事が出来ます。

「Amazon の機能がわからない」
「出品の仕方がわからない」
「お客さんとトラブルがあった」など、
何でも質問して大丈夫です。

親切丁寧に対応してくれるので、こういったサポートの側面からもAmazon は初心者の方には最適なプラットフォームだと私は考えています。

本章では、Amazon 輸入ビジネスのメリットについて説明しました。
では、当ノウハウのメリットがわかったところで、実際にスタートできるように次からは出品アカウント、仕入れアカウントの作成方法、FBA 登録方法についてご説明します。


▼こちらも参考になります。
Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウ

Twitterでも情報を配信中!



daisyo_top_5-11

Amazon 輸入の基本は安く買って高く売るだけ


Amazon 輸入は、とてもシンプルで、理にかなったビジネスです。
私自身、特別な資格も持っていなければ、英語だって全く出来ません。以前の仕事で輸入経験があったわけでもありません。
そのため、学歴・スキル・才能は一切関係ありません。
よって、サラリーマンが仕事の合間の副業として実践したり、ビジネスが何もわからない主婦や年配の方でも簡単にできるビジネスです。

Amazon 輸入の原理原則は、

「海外の Amazon から安く仕入れた商品を、日本の Amazon で売る」

たったこれだけです。
とてもシンプルで手堅く、リスクが限りなく低いビジネスです。

Amazon は日本だけに存在するものではなく、現在は世界 14 カ国に存在しています。
そして、日本の Amazon と海外の Amazon で、実は同一商品がたくさん出品されているのです。

この同一商品が、日本 Amazon より、海外 Amazon の方が安く売られていたらどうでしょうか?
海外 Amazon から仕入れて、日本 Amazon で販売するだけで、差額分の利益が出せるというわけです。

ネットショップを作る必要もありません。
アフィリエイトのように、ブログや HP を作る必要もありません。
文章を書くスキルも必要ありませんし、専門知識も必要ありません。
株・不動産・FX のように、リスクが高いことをする必要もありません。

ただ、海外 Amazon と日本 Amazon の価格差を見つけて、日本 Amazon で販売するだけなのです。
Amazon 輸入とは、何も無い個人でも簡単に参入でき、シンプルで堅実といえる正攻法のビジネスなのです。

海外と日本で価格差はここまで違う


日本の Amazon と海外の Amazon でそんなに価格差があるのものなの?
と思われるかもしれませんが、世の中には場所や地域や国によって、「モノ」の価値というものは変わってきます。

身近な例をあげても、スーパーやコンビニでも販売価格が多少違ったり、映画館やテーマパークでジュースを購入すると、通常より高いと感じた経験もあるではないでしょうか。
私たちの身近にこのような価格差があるのでしたら、国が違うとどうなるのでしょうか。

ほんの一例ですが、下の写真をご覧ください。

【Amazon 日本】
1


【Amazon アメリカ】
2

日本の Amazon では価格が 3,900 円で販売されているゲームソフトが、アメリカの Amazon では 9.99 ドルで販売されています。
1 ドル 100 円として計算すると、約 1,000 円でアメリカでは販売されているのがわかると思います。
これらは全く同じ商品なのですが、実に 4 倍程度の価格差があります。

このような商品を、アメリカ Amazon から仕入れて日本の Amazon で販売するだけで、差額分の利益が儲かることになります。
他にも、日本の Amazon とアメリカの Amazon で価格差がある商品は、山ほど存在します。

なぜ Amazon 輸入は儲かるのか?


それでは、なぜ Amazon 輸入は儲かるのでしょうか?
こういう根本的なことがわかっていないと、初心者の方はなぜ稼げるのかもわからないですし、すでに稼げている方もなぜ稼げているかわからないです。
これがわかっていないと長期的には稼げません。

まず、ビジネスの基本は価値の提供です。
より多くの人により高い価値を提供できれば、手に入るお金は増えます。

では、どうやって価値を提供すればいいのかというと、基本パターンとしては「誰かがめんどくさいと思っていることを代わりにやってあげる」とお金がもらえます。
では、「誰かがめんどくさいと思っていることを代わりにやってあげる」とはどういうことか?

たとえば、すでに Amazon 輸入を実践している方はわかると思いますが、後に説明する FBA 納品代行会社のような外注さんは、私たちがめんどくさいと思っている Amazon への納品作業を代行して、お金をもらっています。

飲食店を例にあげると、私たちがめんどくさいと思っている食材仕入れや調理などを代わりにやって、お金をもらっています。
学習塾を例にあげても、独学でやったらめんどくさいような勉強を先生が代わりに教えたり、必要な情報を与えたり、効率的な勉強法を教えたりしてお金をもらっています。
色々な商売やビジネスがあると思いますが、このように世の中を見渡したら、ほとんどがこのパターンなのがわかると思います。

では本題に戻りますが、なぜ Amazon 輸入は儲かるのでしょうか?

それは、「海外から商品を買うのがめんどくさい、あるいは言語の壁があるため、海外から商品を買いたくない、買えない、輸入するのが不安」こういった方のために、商品を代わりに仕入れてあげて、日本の買いやすい Amazon で販売しているからです。

Amazon は購入手続きも簡単ですし、FBA 商品ならば配送スピードも速いです。
日本の Amazon ならば、もちろん全て日本語で購入できます。
そして Amazon は、抜群の信頼感を誇るプラットフォームなのでお客さんも安心して購入することができるのです。
海外から仕入れて転売して私たちは何も価値提供していないかというと、そうではなく、立派な価値提供をしているのがわかると思います。

このような理由から Amazon 輸入ビジネスは儲かるのです。
そして、私たちが提供した価値とお客さんのお金の交換でお金が稼げるのです。
必ず「誰にどんな価値を提供しているのか」という部分も意識しながらビジネスを行ってください。

Amazon はネットショッピング市場で最も成長を遂げている


経済産業省の調査によると、ネットショッピング市場規模は2013 年に 11.2 兆円になったことが発表されました。
これは年々上昇していて前年比 17.4%の増加になっています。
消費低迷の日本において、ここまで成長している産業は他にありません。
今後もネットショッピングの市場規模はさらに拡大していく一方であると、明らかに予測がつきます。(数年後には何倍にもなると言われています。)

そして、このネットショッピング市場を牽引している大手オンラインショッピングモールがいくつか存在していますが、その中で最も成長を遂げているのが Amazon なのです。
Amazon は、日本での販売開始以来、着実に訪問者を増やし、現在では月間 4,800 万人が訪れるオンラインストアになっています。

日本の人口の約 2 人に 1 人が、Amazon.co.jp(Amazon.comの日本法人であるアマゾンジャパン株式会社が運営している通販サイト)にアクセスしており、ユーザー数は今もなお伸び続けている状況です。

Amazon.co.jp の売上は、2010 年は約 4400 億円、2011 年は約 5200 億円、2012 年は約 6200 億円、2013 年は約 7455 億円と、年々上昇しています。
国内流通総額は 1 兆円を超える規模だというデータもあります。
成長していくオンラインショッピングモールで、あなたもこれから出店をしてビジネスをすることができるのです。

3
日本の BtoC-EC市場規模の推移(出典:経済産業省)


世界 14 カ国に広がる Amazon


Amazon は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える通販サイトです。
インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の 1 つです。

アメリカ以外でも、
  • イギリス (amazon.co.uk)、
  • フランス (amazon.fr)
  • ドイツ (amazon.de)
  • カナダ (amazon.ca)
  • 日本 (amazon.co.jp)
  • 中国 (amazon.cn)
  • イタリア(amazon.it)
  • スペイン (amazon.es)
  • ブラジル (amazon.com.br)
  • インド (amazon.in)
  • メキシコ (amazon.com.mx)
  • オーストラリア (amazon.com.au)
  • オランダ(amazon.nl)
の 14 カ国にまで拡大しています。
今後もさらに広がって行くことは予想できます。
まさに「世界最大のショッピングサイト」といえるでしょう。


Amazon は本屋ではなく、今やオンラインの総合商社


2000 年 11 月 1 日に Amazon.com の日本版サイト「Amazon.co.jp」としてオープンして以来、開設当初は書籍のみの取扱いでしたが現在は取り扱い品目が大幅に広がっています。
現在では、以下の取り扱い商品カテゴリーがあります。

Amazon.co.jp で扱っている商品は約 5000 万種以上で、日々増え続けています。
「Amazon=オンラインの本屋」というイメージの方も多いかもしれませんが、現在は「オンラインの総合小売業者」と言われるまでに成長しているのです。

Amazon マーケットプレイスに出店してビジネスができる


Amazon の伸び続ける売り上げを支えているのが、「Amazon 小売部門」と「Amazon マーケットプレイス」の存在です。

「Amazon 小売部門」とは、Amazon 自体が仕入れをして、販売をしているものです。
そして、「Amazon マーケットプレイス」とは、個人や企業が Amazon 上で商品を販売できる場所を指します。

Amazon マーケットプレイスを利用すれば、私たちのような個人でも、自分が持っている商品や不要品を簡単にAmazon で出品することが可能です。
私たちが Amazon マーケットプレイスで商品を販売できるようになったため、Amazon の売り上げは急激に上昇していったのです。


めんどうな作業なしに圧倒的な集客力を利用できる


なぜ Amazon は圧倒的な集客が可能かというと、商品を Google や Yahoo!で検索したら商品のほとんどが検索の 1 番上にヒットするからです。
これがネットショップの場合だと、PPC 広告や SEO をして広告費用をかけないと集客はほとんど出来ません。

オンラインで商売をするとなると実はこの集客の部分が一番重要で、一番苦労する部分なのです。
この集客の部分を全て Amazon がしてくれます。

PPC 広告SEO には多くの時間やコストがかかるのですが、すでに Amazon がこの部分に莫大な広告費をかけて力を入れているのです。
先ほど言ったように、Amazon は月間で 4800 万人もの方が訪れるようなオンラインストアになっているのはこのためです。

Amazon で商売をすれば、たとえ個人であってもこれほど膨大な数のお客さんを相手に最初からビジネスができることになります。

そのため「資金・コネ・技術・才能」、そんなものは何も無い弱小の個人だった私や、私のクライアントでも、すぐに売り上げをあげ、利益を出すことができたのです。


圧倒的な販売力を利用できる


この集客力や、Amazon の信用・ブランド力のおかげで、商品に需要があれば必ず売れていきます。
そして人気商品でしたら、1 商品で月に数十個、数百個、本当に多いものだと数千個と売れていく商品もあるのです。

圧倒的な販売力のおかげで、上級者になってくれば商品を大量に仕入れることができ、コストを下げ、回転良く商品を売ることが可能となります。
これほどの商品を販売するにも関わらず、もちろんあなたは店頭に立つ必要はありませんし、声を出して接客する必要もありません。
Amazon が勝手に集客して販売してくれるのです。

このような圧倒的な集客力・販売力があるため、ビジネスをするならば最も稼ぎやすいプラットフォームとして、私はAmazon をお勧めします。

出品は3分でできる。しかも無料


ヤフオク!では、商品撮影や商品説明を自分でやる必要があります。
そのため、出品作業だけで 30 分~60 分はかかってしまいます。
しかし、Amazon の場合は、商品撮影も商品説明も不要で、すでに Amazon 上にある商品ページの写真と商品説明を利用することができます。

Amazon の大きな特徴は、「1 つの商品に対して 1 つの商品ページしか存在しない」ということです。
同じ商品についてはどの出品者も同じ商品ページを利用して販売することができるのです。
そのため、3分程度で出品作業を完了することが可能になります。

圧倒的に短時間で効率的に出品作業が完了します
しかも出品するだけなら無料でできるのが Amazon です。

151218europe_1-w960

⇒ SEO対策をしてお金を稼ぐ方法の前編はこちら

SEO対策まとめ!⑧「編集と校正」


完璧に文章を書いたつもりでも、何度か読み返してみるとひっかかる部分があったり、論理展開に飛躍があったりするものです。
一人で作業を進めるウェブライターの場合も、編集者と何度かやり取りすることで、客観性のある文章に仕上げていったり、時間をおいて読み返すことで、問題点を発見することができます。

そして読みやすい文章にするだけでなく、読みやすい文章量に変更していくことも必要となります。
じっくり読みこんでほしい記事には2000字程度の長さが必要となりますし、軽く読んでほしい記事には、800字程度がふさわしいと言えるでしょう。

文章の長さを目的に応じて変更させるためには、なにが文章の根幹を成しているかを読み取り、付随する情報を増減させることで、字数も増減できます。

読みやすさを追求していくなら、全体の文章量だけでなく、1つの文章の長さや、適切な位置の段落も重要になります。
一文は40字から60字程度で、3~5行で一段落が読みやすいと言われています。

もちろん、テンポよく読ませることが一番大事ですのでこの文字数や行数にこだわる必要はありませんが、文字数や行数を意識して書くならば、よりSEO対策のできた文章が完成します。
コンテンツの編集」では、具体例を用いて示しています。

また、グーグルやヤフーなどのサーチエンジンは、「良い文章」かどうかを判断する際に、画像や動画などのビジュアルは一切関係がありません。
ですが、画像や動画を入れることで、ネットユーザーが見やすく思うなら閲覧数が上がりますので、結果的には検索順位も上がることになります。

ですから、画像や動画の挿入も、SEO対策の一つになるのです。
例えば、画像や動画の容量があまりにも大きくてすぐには開けないサイトなら、サイトの閲覧者が増えることは期待できません。

また、デバイスによってレイアウトが見にくくなってしまうサイトなら、パソコン・スマートフォン・タブレットと幅広い機器からの閲覧数の増加も見込めません。

SEO対策を考慮したお金を稼ぐことができるサイトを作るため、サイトのビジュアル面も配慮する必要があるのです。「コンテンツの外観」でも述べておりますので、是非ご覧下さい。

適切な画像や動画を挿入し、文章の編集を終えると、最終段階である「校正」に入っていきます。
誤字や脱字、または変換ミス、差別的な表現はないかなどを細かくチェックしていきます。
無料ツールで一括に校正作業を行うこともできますが、最終的には人間の目によるチェックが必要となります。

誤字や脱字、変換ミスと言った一般的な間違い以外にも、「誇大表現」や「虚偽表現」は、サイトの信頼性を低下させるものとなります。
誠実な文章を書くことで、信頼性を向上させ、SEO対策上も、商品の売り上げにおいても、良い結果が期待できるのです。
また校正作業に使える無料ツールの案内などは、「校正作業」においても詳細を記しておりますので、是非ご覧ください。

SEO対策まとめ!⑨「見出しとキャッチコピー」


素晴らしい文章でも、途切れることなく延々とつながっているのだとしたらどこが要点かわからないだけでなく、ネットユーザーに「最後まで読みたい」という気持ちを起こさせません。
適度に「見出し」を入れることで要点を際立たせ、読みやすい文章に仕上げることができるのです。

ですが、ただ要点をまとめるだけの見出しでは、SEO対策ができた文章とはなりません。
ネットユーザーに読みやすさを提供するだけでは、サーチエンジンでの検索順位には影響を与えないのです。

見出しの中にはコンテンツのキーワードを入れる必要があります。
大見出しの場合にはコンテンツの全てのキーワードを、中見出しの場合には、キーワードを少なくとも1つ、そして小見出しの場合は、キーワードにとらわれずに作成します。

SEO対策の観点から見た見出しの作り方、見出しの入れ方については、「効果的な見出し」でもご説明しておりますので、ご覧ください。

上手に見出しを作成し、文章に組み込んだとしても、そのコンテンツ自体を開けて見てくれる人がいないなら、全く無意味になってしまいます。
コンテンツを開けてもらうためには、キャッチコピーがカギを握っているのです。

サーチエンジンで検索をしたときに表示される「キャッチコピー」が優れているなら、検索をしたネットユーザーたちに「この記事を読みたい」とクリックさせる動機になります。

実際の店舗においても、キャッチコピーは重要です。
家電量販店にテレビが並んでいても、どれも同じように見えますが、「最新機能搭載!」「今、一番売れています!」のようなキャッチコピーがついているなら、「このテレビは、他とは違う」「このテレビが良さそう」と、お客さんに思わせることができるのです。

同様に、ネットの世界でも同じです。
ネットユーザーの目に触れる場所に、効果的なキャッチコピーがあるなら、「この記事は、他とは違う」「この記事が良さそう」と、ネットユーザーに思わせることができるのです。

効果的なキャッチコピーでありながら、SEO対策もできた言葉にするために、キャッチコピーは30文字以内で、キーワードをすべて含んでいることが必要です。
キャッチコピー作成」にも、読まれるキャッチコピーのコツが書かれてありますので、ご参考にしてください。

 

SEO対策まとめ!⑩「コンテンツを魅力的にする」


コンテンツとは、サイトを構成する要素になります。
サイトは、コンテンツをまとめる箱のような存在です。
いくら立派な箱があっても、中身のない箱なら魅力もありません。
サイトを魅力的にするものは、一つ一つのコンテンツなのです。

では、どうすればコンテンツが魅力的なものになるでしょうか。
一番大事なことは、ネットユーザーたちに「知りたい」と思わせる内容であることと言えるでしょう。

そして「知りたい」と思ったことに対して適切に答えていることも重要です。
コンテンツを魅力的にするためには、多くの人々をひきつける普遍的な魅力に満ちていなくてはいけないのです。

もっとも多くの人が「知りたい」と思う内容の一つに「金銭的なお得さ」があります。
「値下げ」「半額」「激安」などの金銭的にお得な言葉を入れることで、ネットユーザーに「読みたい」「知りたい」と思わせられます。

また、「安心」を打ち出すことも効果的です。
ネットでは対面式販売とは異なり、どのような売り手が商品を提供しているのかを知ることができません。
そのため、ユーザーは常に不安を抱えて行動を起こします。
「安心」できることを全面的にアピールすることで、商品やサイトに対する不安を取り除きます。

それ以外にも、「美」や「健康」など、人々の興味を引くポイントを捉えることで、コンテンツを魅力的に演出することができます。
コンテンツを魅力的にする」においても、詳細を記しておりますので、是非、ご覧ください。

 

SEO対策まとめ!⑪「解析と改善」


コンテンツをネット上に公開して、少し時間が経過したら、SEO対策はうまく行っているのか、閲覧数はどうなっているのかを、解析する必要があります。
こまめに解析することで、サイトやコンテンツの問題点が明らかになり、どのように改善していくのが良いのかの方向性が見えます。

何度も簡単に手直しできるのが、ネットの良い点でもあります。
コンテンツを仕上げたらそれで終わりなのではなく、コンテンツを仕上げてネット上に公開することで、オンライン販売やオンラインによる告知などの本来の目的への道が始まるのです。

ウェブ上に公開したコンテンツを解析するために、無料で使えるツールが多くあります。
例えば、グーグルが提供している「グーグルアナリティクス」を活用すると同じキーワードを持つサイトと比較して、検索順位が何位に表示されているのかが一目でわかります。

また、グーグルの検索ページで何回表示されたか、表示された場合、クリックをして実際にサイトを開いてもらった確率は、なども、グーグルアナリティクスで知ることができます。
具体的な操作方法は、「コンテンツを解析する」でも記しております。

また、このように解析した結果をもとに、よりSEO対策を強化するために、コンテンツを改善していく必要があります。
例えば、キャッチコピーを見直す際にも、SEO対策の面だけを考えるならば、キーワードが含まれているか30文字以内になっているかが重要です。

ですが、実際のネットユーザーがクリックしてくれるキャッチコピーは、キーワードが含まれているかも30字以内かも関係ありません。
「面白そう」「読みたい」と思うかどうかがすべてなのです。

このようにどの部分を改善するとしても、SEO対策の観点とユーザー目線の、2つの点から改善する必要があるのです。
グーグルアナリティクスなどの解析ツールを用いた解析結果を生かし、キャッチコピーやコンテンツを改善していきましょう。

そして一定期間を置いたのち、また解析ツールを活用して解析を実施します。
このように何度も手直しをしていくことで、よりSEO対策ができた、人々に読んでもらえるサイトを完成させていくのです。
コンテンツの改善」でも、より具体的なチェック項目を記しています。是非、ご覧ください。

 

SEO対策まとめ!⑫「ランディングページ」


ランディングページとは、サイトの中で初めて「着陸する」ページです。
グーグルやヤフーなどのサーチエンジンを用いて検索する場合、サイト内の全てのページが「ランディングページ」になる可能性がありますが、通常、「ランディングページ」というと、商品やサービスの販売や店舗への来店と言うサイト本来の目的に特化したページを指します。

多くのネットユーザーに目的を達成してもらうためにも、サイトの中でも、もっとも露出率が高くなるように設定すべきです。

そして、ランディングページを見るだけで、商品の特徴やメリットだけでなく、購入方法についても全ての情報が分かるように設計しておきますので、ランディングページは縦に長くスクロールする形式になります。

商品の特徴を大きな文字を使用して際立たせ、ネットユーザーにアピールしたら、一つ一つ「なるほど」と思える説得力あふれる文章で閲覧者を引き込み、購入方法と、もしあるならお得に買える方法まで記します。

通常のコンテンツでは、商品に対する知識を深めてもらうためにも、サイト内の他のコンテンツとの行き来が活発にできるようにデザインしますが、ランディングページでは、お客さまを逃さないように他のコンテンツへのリンクは貼り付けずに、囲い込みます。
ランディングページの実例については、「ランディングページ」をご覧ください。

 

SEO対策まとめ!⑬「サポート」


サイトで紹介する商品に対して、サイト閲覧者が興味を持ってくれ「もっと商品について知りたい」「こんな時はどうすればよいのだろう」と疑問を感じてくれた場合、質問に答えるQ&Aのコンテンツがあると便利です。

商品に対する不安や疑問を解消しないうちは、たとえ興味を持ってくれたとしても、「購入」というアクションには動いてくれません。
お客さまをしっかりとつかまえるためにも、Q&Aは作成しておきましょう。

できれば、複数のスタッフで話し合い、多角的な方面から、どのような疑問が生じるのかを考えてみましょう。
質問が多ければ多いほど、閲覧者にとっては助けになります。

また、商品が本当に信頼できるものなのかを知るために、商品を販売する企業や、製造する企業に関する情報を求める人もいます。

企業の住所や代表者の氏名と言った基本的な情報だけでなく、主にどのような事業を行っているのか、取引先の企業はどこなのか、また、代表者の写真や企業理念なども詳細に載せておくなら、商品が信頼できるものであることを証明することにもなります。

その他にも、サイトマップを閲覧者のサポートのために表示することもできます。
コンテンツがたくさんあるサイトは、情報量の多い優れたサイトと言うことができますが、コンテンツが多すぎて、閲覧者がほしいと思う情報をすぐに得られないこともあります。

そのようなときにサイトマップがあれば、閲覧者が「これについてはどこを見れば良いのだろう」「さっき見た情報を、もう一度見たいのだけれども・・・」と、サイト内で探し物があるときに、非常に役立ちます。

サポートページ」でも、お客さまの立場に立った不安解消に役立つサポートページの意義について記しております。参考にして下さい。

 

SEO対策まとめ!⑭「目的別サイト」


サイトを大まかに分けると、4つの目的に分けられます。

1つ目は、政府や公共団体、交通機関などの情報サイト。
役所等で申請するために必要な書類を知らせたり、新しく決まった条例や会議の内容を告知したり、電車の時刻や駅構内の様子を知らせたりする目的があります。

2つ目は、商品やサービスの販売を目的とするサイト。
商品の購入ができるサイトもありますが、商品の情報や特徴を知らせるだけのものもあります。
どちらも、最終的には、商品やサービスの販売を目的とする点は同じです。
閲覧者が増えることで、販売個数も増えることが期待できますので、SEO対策が非常に重視されるサイトでもあります。

3つ目は、店舗への来店を促すサイト。
店舗へのアクセス方法や、販売している商品もしくは提供しているサービスの内容などをサイト情報に載せます。
ブログ形式で、今、実施しているイベントや新商品の案内を行うことも、このタイプのサイトには効果的です。

そして4つ目は、アフィリエイトサイト。
最近、非常に伸びてきている分野が、このアフィリエイトサイトです。
商品の販売やサービスの申し込みによって、サイト運営者に報酬が支払われるタイプのサイトです。
目的別サイトの特徴」では、これらの目的が異なるサイトの特徴をまとめました。
サイト運営、サイト作成に役立つ情報が載せられています。

 

SEO対策まとめ!⑮「メルマガの活用」


商品を購入してくれた人や、商品購入はしていないけれどもメールマガジンの登録をしてくれた人に、メールマガジンを効果的に送るためには、いくつかのコツがあるのです。
例えば、会社のメールでメールマガジンを登録している人には、平日の営業時間内にメールマガジン送るなら、開封率が上がることが予測されます。

反対に、個人メールで登録している人ならば、平日の営業時間外か、休日にメールマガジンを送ることが効果的です。
どちらの場合も、あまりに頻繁にメールを送るなら、拒否メールとして登録されることもありますので、1週間に1度もしくは2度、商品によっては2週間に1度が適当と言えます。

それ以外にも、メールマガジンの開封率を上げるために、クーポンやプレゼントなどの特典を付けることもできます。
メールマガジンと言う手段を最大限に活用するためのヒントが、「メールマガジン」に書かれてありますので、ぜひご覧ください。

 

SEO対策まとめ!⑯「無料ツール」


SEO対策をかかげる企業が増えてきています。
ただサイトを開設するだけでなく、SEO対策ができたサイトを開設することが、企業の利益、お金を稼ぐことにつながっていることが認識されているためです。

ですが、やみくもにお金をかければSEO対策が完璧になるのではありません。
誰でも利用できる無料ツールを用いることでも、十分なSEO対策が可能なのです。

ウィンドウズなら無料で入っているツールの一つに「ペイント」があります。
この「ペイント」を利用すると、画像の大きさや方向を変えたり、文字と組み合わせることもできます。
画像の大きさを小さくすることで、軽く開けやすいサイトになりますので、SEO対策にも役立つツールです。

それ以外にも、キーワードの出現率を計算する「ファンキーレイティング」や、キーワードの将来性をチェックする「ファンキーライティング」も、SEO対策に必須の無料ツールです。

そして、キーワードの需要を知るためには、「キーワードプランナー」や「フェレットプラス」が使えます。
文章の編集や校正には、「サクラエディタ」や「日本語文章校正ツール」が活用できます。

その他にも、利用価値が高い無料ツールとして、グーグルが提供している「グーグルトレンド」「グーグルアナリティクス」「グーグルウェブマスター」があります。
これらを活用すると、SEO対策をより強化することが可能になります。
コンテンツ作成に使える無料ツール」でも、無料ツール情報を公開しています。

これからSEO対策に本腰を入れようと画策している方や、既存のサイトをSEO対策ができたサイトに改善しようと考えている方は、ぜひ、参考コンテンツもご覧になって、SEO対策に役立てて下さい。

⇒ SEO対策をしてお金を稼ぐ方法の前編はこちら



0533f0e24573da8dbd68f5c6e7d452d7_s

ウェブコンテンツにかかわる仕事を行っている人にとって、最近重要視されているのが「SEO対策」です。
SEO対策について、そしてSEO対策を行ってお金を稼ぐために必要な事柄をまとめてみました。

SEO対策まとめ!①「SEOの基本」


インターネットを開けると、数え切れないほどのサイトがあふれかえっています。
この膨大なサイトの中から、本当に知りたい情報を見つけるときに利用するのが、グーグルやヤフーなどのサーチエンジンです。

サーチエンジンで検索をしたときになるべく上位に記されるなら、サイトを見てくれる人が多くなるのは当然のことです。

サーチエンジンで検索上位に表示されるために様々な手を打つことを「SEO対策をする」と呼んでいます。最近ではSEO対策がサイト作成の第一義ともなっています。

サイト閲覧者が増えることで、サイトで紹介する商品の売り上げが上がったり、サイトで紹介する店舗への来店者が増えたりしますので、SEO対策はお金を稼ぐことと直結するのです。

また、ウェブライターにとってもSEO対策ができた文章を書くならばライター個人の評価も上がり、お金を稼ぐことにつながります。
サイト作成者、そしてウェブライターにとって非常に重要なSEO対策。

適切なSEO対策をすることで、商品を販売するサイトなら売りあげに貢献し、サービスを提供するサイトなら、サービスへの申し込みが増え、店舗への来店を促すサイトなら来客が増える。
そのような実際的な効果も得られるのです。

実際に、ネットユーザーが何かに関する情報を得たいと思ってサーチエンジンを使用する場合、初めに表示される10件のサイトの中から思った情報が得られないならば「次へ」のボタンをクリックして、もう10件のサイトを表記させます。
ですが、何度か「次へ」のボタンをクリックしても思った情報が得られないならば、キーワードを変えて検索するでしょう。

このように、いつまでも「次へ」のボタンをクリックするとは考えられないので、最低でもそのキーワードの中で上位100件に入らなければ、ネットユーザーの目に留まる可能性が非常に低くなってしまうのです。

商品もサービスも、ネットユーザーの目に留まらなくては販売どころではありません。
このようにSEO対策を行うことが、商品やサービスの売り上げにダイレクトに影響するのです。
それ以外のSEO対策が持つ意味については、「SEOとは?SEO対策の意味とは?」でも詳しく説明をしています。
 

SEO対策のまとめ!②「SEO対策ができた文章」


SEO対策を行うことは、ウェブでサイトを作成する業者、そしてウェブライターにとっても非常に重要なことです。
ですが、具体的にSEO対策ができている文章とはどのような文章を指すのでしょうか。

SEO対策ができている文章は、

  • 集客力
  • 販売力
  • 拡散力
に満ちた、お金を稼ぐことができる文章を意味しています。
SEO対策とは、グーグルなどのサーチエンジンで上位に表示されるための対策ですが、そのようなサーチエンジンは、「良い文章」と判断すると上位に表示します。
では、どんな文章が、サーチエンジンから見て「良い文章」なのでしょうか。

グーグルやヤフーなどは、具体的にどういった文章を「良い」と判断するかについては明確な基準を公表していませんが、「オリジナリティ」あふれる「分かりやすい」文章を高く評価していることは自明です。

オリジナリティ、つまり、独創的で何かをまねしたのではない文章で、だれが読んでも内容が分かりやすいコンテンツが「良い」のです。

現在のように文章がネット上にあふれかえっている状態では、オリジナリティを追求することは簡単なことではありません。
ですが、何か一つでも「他のサイトでは得られない情報」を入れたり、「ここでしか知りえない情報」を組み込むことで、オリジナリティを発揮することができます。

また、「分かりやすさ」も漠然とした概念ですが、中学生や高校生が、簡単に理解できる表現が「分かりやすい」と判断されます。
何度も繰り返し読まなければ意味が取れない表現や、辞書を片手に読まなければいけないほど難読漢字が多いことは、ウェブサイトの文章としてはふさわしくないのです。

SEO対策ができた文章の特徴」には、より具体的にどのような文章がSEO対策的に求められているのかが、記されています。
特徴をしっかりと捉えることで、SEO対策の極意をつかむこともできます。

 

SEO対策まとめ!③「SEOの弱点」


SEO対策ができているならば、いつでも集客力抜群のサイトが作れるわけではありません。
SEO対策ができていても、選んだテーマやキーワード自体の需要が低かったり、閲覧者は多くても、購入や来店など実際のアクションを行う人は少なかったり、「SEO対策 = 商品が売れる」とはいかないことも多いのです。

SEO対策を行うとすぐに商品が売れるなどの効果を期待しがちですが、実際には、SEO対策を行っても、すぐには効果は出てきません。
サーチエンジンが「良い文章」「良いコンテンツ」と判断して検索上位に表示されるようになるには、6カ月程度はかかります。

6カ月以上ウェブ上に存在することで、サイトに対する信頼性が高まるからだと言われているのです。
ですから、早く商品が売れるなどの効果を期待するならば、サイトを作成したら、コンテンツ全体が完成していなくても、とにかくウェブ上に早く公開することが必要です。

書籍や雑誌などとは異なり、ウェブコンテンツは何度でも簡単に修正することができます。
おおよその形ができたら、一刻も早く公開することが、SEO対策の効果を実感するためにも大切なのです。

また、SEO対策を行う際には、キーワードの選択は重要です。
多くの人が検索してくれるキーワード、そして競合サイトの少ないキーワードが最善です。
キーワード探しを重点的に行うことで、SEO対策の効果も飛躍的に向上するのです。

その他にも、SEO対策には弱点があります。
そもそもサーチエンジンの判断基準が明確ではないので、何が正解かわからないのがSEO対策だからです。

SEO対策の弱点とは」では、そのようなSEO対策の弱点について論じています。
今後の修正作業の方向性を定めるためにも、必要な情報となるでしょう。
 

SEO対策まとめ!④「コンテンツ」


一般的なサイトは、複数のコンテンツから成り立っています。
コンテンツの完成度を上げていくことで、サイト全体の完成度も上がっていくのです。
サイト全体から見ると、コンテンツにはコンテンツの位置づけがあります。

ですが、グーグルなどのサーチエンジンからサイトに入ってくる閲覧者にとっては、どのコンテンツも、第一ページつまり表紙となっているのです。
ですから、コンテンツ一つだけで内容が完結していることも求められますし、どれもが表紙記事にふさわしい優れた内容であることも求められます。
このことを念頭にコンテンツを作成するならば、よりSEO対策ができたサイトを完成することができます。

また、コンテンツを見るときに、何のデバイスを使って見るのかによって、レイアウトが変わります。
コンテンツ作成時にパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなど他のデバイスではどのようにレイアウトされるのかをチェックしながら書き進めることが必要です。

その他にも、コンテンツを作成するときは、情報を与える側として、一方的になりすぎてしまうことがあります。
常に、お客さまと相互にやりとりができるように、電話番号やメールアドレスを記載することが、お客さまとの信頼を築くことにもなります。

コンテンツは、他のコンテンツとリンクさせることができます。
上手にこの機能を活用するならば、販売個数や来店数も増やすことができます。
コンテンツの特徴を把握する」で詳細が記されていますので、コンテンツ作成に役立ててください。

また、良い内容のコンテンツを作成しても、閲覧者から見ると、内容に信頼性が低いと感じられるなら、コンテンツそのものの価値が低いと言うことになります。
つまりコンテンツにもっとも必要とされることは、「信頼性」なのです。

信頼できるコンテンツを作成するには、どんな努力ができるでしょうか。
初めから、信用を得ることは至難の業です。

ですが、すでに信頼を得ている有名な企業や商品を引き合いに出すことで信頼を得やすくすることはできます。
それ以外にも著名人が使用していることも、信頼獲得につなげることができます。

また、このような人物がサイト作成をしているということを見せるために、実名や写真を公開することもできます。公開することで、文章にも現実味が出てくるのです。

その他にも、コンテンツの情報の信頼性を増すためには、ただ「多い」と記すよりも「○○と比較して75%多い」などのように具体的な数字やデータを使用することで、表現にも厚みを持たせることができます。

それに加えて、何を行うならばコンテンツの信頼性が増すのか、「信頼できるコンテンツとは」に詳細を記してありますので、コンテンツの質を上げて、SEO対策を行う方は、是非読んでみてください。

 

SEO対策まとめ!⑤「キーワード」


SEO対策は、サーチエンジンにおける検索順位に照準を定めた対策ですので、サーチエンジンを動かすもととなる「キーワード」は研究すべきポイントになります。
めったに検索されないキーワードでコンテンツを作成して、SEO対策を行い検索10位以内に入ったとしても、そもそも検索される回数が少ないのですから、そのコンテンツが読まれる可能性は低いと言えます。

ですが、検索される回数が多いだけでなく、今後も検索される回数が増えていきそう、つまり将来性のあるキーワードなら、SEO対策を行い検索50位に入れば、検索される回数も、コンテンツが読まれる可能性も高くなるのです。

SEO対策ばかりに気を取られるのではなく、よく検索されるキーワードを選択することも、重要性が高いのです。
キーワード選定」では、検索されるキーワードを具体的に探す方法を数多くご紹介しています。

よく検索されるキーワードが見つかったら、そのキーワードを含めた文章を作成していきます。
例えば、「乳酸菌飲料」というキーワードが検索回数も多く、今後も検索が増えそうだという情報を得た場合、コンテンツ中になるべく多く「乳酸菌飲料」というキーワードを入れたいと考えます。

ですが、グーグルやヤフーなどの検索エンジンでは、あまりに多くキーワードを入れている記事やコンテンツは、「検索順位を操作するために意図的にキーワードを入れた」と判断し、ペナルティとして検索順位を下げられてしまうのです。
多く入れすぎてもペナルティ扱いになり、少なく入れすぎるとキーワードと認識されないのが、「キーワード」の難しさでもあるのです。

キーワードと認識されながら、ペナルティの対象とはならないキーワードの出現率は、3~7%と言われています。
特に、メインとなるキーワードは5%~7%含まれていることが理想的です。
キーワードの出現率についての詳細な情報と、キーワード出現率を簡単に計算できるツールについては、「キーワード出現率」でご紹介しています。

 

SEO対策まとめ!⑥「テーマ」


キーワードを決めると、サイト全体やコンテンツ自体のテーマも決まります。
テーマを考えてから、キーワードを選ぶサイト作成者も多いですが、SEO対策上は、検索されるキーワード選択に重きを置きますので、キーワードを初めに決めてから、テーマ作成を行いましょう。

検索される回数が多いキーワードを絞り込んでいきますと、そのキーワードを使うテーマも絞り込まれていきます。
そのように絞り込まれたテーマは、多くの人が関心を持つ内容でなくてはなりません。

多くの人が関心を持つテーマなら、検索されて内容を読んでもらえる可能性も高くなるからです。
そして、今、関心が高まっているだけではなく、今後ますます関心が高くなることが予想されるテーマが理想的です。

今、話題となっているテーマも、今後話題となりそうなテーマも、無料ツールで探すことができます。
無料ツールの使い方や、キーワードからどのようにテーマを決めていくことができるのかについては「キーワードからテーマを作成」をご覧ください。

また、キーワードからテーマを決める際にも、頻繁に話題となるテーマを選択することが、SEO対策上必要となります。
この「話題」を探す際にも、ネットを使うことができます。
ネット上で公開されている「質問箱」のようにネットユーザー同士が疑問を解決しあう場は、話題探しに最適の場でもあります。

上手に、質問箱を活用することで、今、人々が関心を持っていることは何なのかを知ることができます。

ネット以外にも、紙媒体も「話題」探しに活用できます。
本をお金を出して購入することで、ネットでは得られない情報を得るだけでなく、書店の売り場からも、今、何が話題なのかを読み取ることができます。
特に「ビジネス書」や「実用書」のコーナーには、今、多くの人が関心を持つ話題があふれています。

その他にも、不動産系・美容系・飲食系の話題が豊富なフリーペーパーや、企業が広告として作成している資料も、話題探しの重要な情報源です。
情報を収集する」にでは、その活かし方についても示しておりますので、是非、参考にしてください。

 

SEO対策まとめ!⑦「文章」


どんなに話題になるキーワードを盛り込んだテーマを設定しても、土台となる文章が魅力的なものでないならば、グーグルやヤフーなどのサーチエンジンでも「良い文章」とは評価されず、SEO対策の観点からも、決して良いサイトとはなりません。

また、実際にコンテンツを読むネットユーザーから見ても、魅力的でない文章は、最後まで読んでもらえませんので、商品の販売や店舗への来店まで、ネットユーザーを誘導することは不可能です。
つまり、どんなにキーワード選び、テーマ選び、SEO対策等に努力をしたところで文章が優れていないなら、努力は結果を生みださないのです。

では、土台となる文章は、どのようなものが好ましいのでしょうか。
小説のように文章自体の美しさや、意外な展開・・・
そのようなものは一切必要ありません。
目的となる商品やサービスの販売、店舗への来店へと閲覧者を誘導するための説得力に満ちた、納得のいく文章であることが大事なのです。

もちろん、最後まで読んでもらうための文章の魅力も必要ですし、だれが読んでも不快感を与えない内容であることも必要です。
どのような文章がネットで公開するのにふさわしいのかについては、「土台の文章を書く」でもまとめております。是非、ご覧ください。

サイトの土台となる文章は、複数のウェブライターで書き進めることもあります。
コンテンツによって文体があまりにも変わってしまうなら、閲覧者も違和感を感じることでしょう。
また、違和感を感じることで、販売しようとする商品への信頼度が落ちることも考えられます。

このように複数のウェブライターで書くときや、一人のウェブライターで書く場合にも、サイト全体のスタイルを統一しておくことは重要です。

まず、共通となる「サイトの性格」を決めておく必要があります。
どのようなキャラクターで、どのような年齢の人がサイトの「語り部」としてふさわしいのかを話し合い、その「語り部」の口調や立ち位置を細かく設定しておきます。

そして、語り部の性格だけでなく、「です・ます調」なのか「だ・である調」なのか、数字や英字は半角にするのか全角にするのかなど、細かな点も統一しておく必要があります。
スタイルの統一」でも詳細を記しておりますので、ご覧ください。

スタイルが統一されたサイトで、面白く引き込まれる文章でも、あまりにも短すぎる場合には、グーグルなどのサーチエンジンでは1つの独立したコンテンツと感知しないこともあります。
また、あまりにも文章が長い場合には、閲覧者が、結論に行きつくまでに、読むのを止めてしまうこともあります。

短すぎず長すぎない文章量は、サイトのコンテンツの場合は、2~3分で読み切れる1500~2500文字と言われています。
適切な文章量」においても、文章量について論じておりますので、ご覧ください。 

⇒ SEO対策をしてお金を稼ぐ方法!まとめ(後編)はこちらです。


1ffd67de6cb96eed072587c802559412_s

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンで検索上位を目指す「SEO対策」。
多くのネットユーザーにサイトを見てもらうためには、非常に重要な作業の一つです。
SEO対策を完璧に行うことで、サイト露出が増え、サイト露出が増えると、商品の販売や店舗の来店にも影響が出て、「お金を稼ぐことができるサイト」に成長していきます。

非常に重要な「SEO対策」ですが、特別なツールを購入するなどの費用をかけなくても、充分に行うことができます。
ここでは、SEO対策に活用できる無料ツールをご紹介していきます。
 

SEO対策に使える無料ツール「ペイント」


Windowsに内蔵されている画像編集ツール「ペイント」は、応用性の高いツールです。
「ペイント」で、パソコン内の画像の大きさを変えたり、傾きを変更したり、コメントを挿入することができます。

画像の大きさや容量を変更することで、コンテンツを軽くし、異なるデバイスでもレイアウトを変えずに表示することができます。
コンテンツ自体が軽くなると、表示速度も上がりますので、閲覧者の増加やSEO対策にも効果的です。
 

SEO対策に使える無料ツール「ファンキーレイティング」


SEO対策の要でもある「キーワード」。キーワードがどの程度文章に含まれているかを一つ一つチェックするのは、非常に骨が折れる作業です。

ですが、無料ツール「ファンキーレイティング」を使用すれば、キーワードが何%含まれているか、理想とするパーセントまであと何回キーワードを使用すべきかが一度で理解できます。
 

SEO対策に使える無料ツール「ファンキーライティング」


キーワードのニーズや、今後検索される可能性が増えるかなどの将来性、ライバルとなるサイトに勝てるキーワードの検索や、人気が上昇してきているキーワードの検索など、SEO対策に欠かせない「キーワード探し」を無料で行えるのが、「ファンキーライティング」です。

選択したキーワードと一緒に検索されることが多い「連想キーワード」も表示できるので、サイトの露出を増やせるキーワードを確実に見つけることが可能です。

SEO対策に使える無料ツール「サクラエディタ」


マイクロソフト社のワードなどのテキストエディタには文字カウントなどを行う「校閲ツール」が付いています。

ですが、ワードは有料ソフトウェアですので手軽には利用できません。
その点、無料でだれでもインストールできる「サクラエディタ」は、ファイルの作成や編集、保存などを行えるだけでなく、文字カウントやファイルの保存も行えます。
文章の文字数も、SEO対策上欠かせないポイントですので、しっかりとカウントするようにしましょう。

SEO対策に使える無料ツール「日本語文章校正ツール」


誤字や変換ミス、不適切な言葉などを使うことは、SEO対策上、絶対避けるべきポイントです。
マイクロソフト社のワードにも、「スペルチェックと文章校正」があり、利用価値も非常に高いですが、ワードは有料ソフトウェアですので、気軽には使用できません。

無料で使える「日本語文章校正ツール」は、校正したい文章をコピーして貼りつけるだけで、誤字や変換ミス、不適切な表現方法などを一括で検索できます。
 

SEO対策に使える無料ツール「キーワードプランナー」


世界でもっとも頻繁に使用されている検索ツール「グーグル」が提供する「キーワードプランナー」は、グーグルにおいてどの程度、特定のキーワードが使用されているかを知ることができるツールです。

「キーワードプランナー」を使用するためには、グーグルアドワーズに無料登録する必要がありますが、一度登録しておくならキーワードプランナー以外の無料ツールも使用できるようになり便利です。

キーワードの検索件数だけでなく、複数のキーワードを組み合わせて、月間でどの程度検索されているかも知ることができます。
キーワード探しに大いに活躍する無料ツールです。
 

SEO対策に使える無料ツール「フェレットプラス」


キーワードから連想されるキーワードを調べることができるのが「フェレットプラス」です。
SEO対策に特化したツールですので、連想キーワードを使用したコンテンツ作成に大いに力を発揮します。

SEO対策に使える無料ツール「グーグルトレンド」


キーワードを入力するだけで、そのキーワードと関連するキーワードの検索件数を調べることができるのが「グーグルトレンド」です。
現在検索されている回数だけでなく、過去の検索回数や、今後1年間、検索回数がどのように変異していくかの予想も見ることができます。

それ以外にも、検索頻度が急上昇しているキーワードや、年度単位の人気キーワードランキングもチェックすることができます。

SEO対策に使える無料ツール「グーグルアナリティクス」


無料でグーグルアカウントを開設すると利用できる「グーグルアナリティクス」では、コンテンツに採用するキャッチコピーやレイアウトを変更することで、どちらが集客力を望めるのかをチェックすることができます。
 

SEO対策に使える無料ツール「グーグルウェブマスター」


SEO対策でもっとも重要なことは、グーグルやヤフーなどのサーチエンジンが、サイトをどのように評価しているのかを知ることです。

「グーグルウェブマスター」に作成したサイトのURLを入力し、グーグルがサイト内の何ページをウェブページとして認識しているか、また、グーグルのルールに違反している部分があるのかなどをチェックします。
 

SEO対策に使える無料ツール「ファンキーランキング」


5つまでのキーワードにおける検索順位のチェックと、グーグルの検索結果上位100のサイトの情報を得られるのが、「ファンキーランキング」です。

サイトを作成してから、時間をおいて何度も検索順位をチェックするなら、グーグル内で評価が高まっているのかどうかを知ることができます。

⇒ SEO対策をしてお金を稼ぐ方法!まとめ

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s

メールマガジンは、一度利用してくれたお客さまに

再購入や他の商品の購入、または来店や再来店を促す効果的な手段です。

一度利用し、かつメールマガジンに登録してくれたと言うことは、

他の閲覧者と比べると、商品への興味は格段に高いと言うことです。

 

このモチベーションの高いお客さまに、

再度アクションを起こさせるための方法について、探っていきましょう。

 

メールマガジンの配信における工夫

一度利用した店舗やオンラインショップからのメールマガジン。

大抵の方は、不要と思えるものは、全く開封せずに削除しています。

 

開封せずに削除する場合はまだ良いですが、

お客さまが「配信不可」に登録を変更したり、

迷惑メールとして申告してしまうなら、

せっかくのお得意様になってもらえるチャンスをつぶしてしまうことになります。

 

お客さまが「このメールマガジンは受け取りたくないな」と思わないために、

あまりに頻繁に配信することは避けるべきです。

また、メールマガジンの頻度が少なすぎて、

配信者名を見ても「何のメールマガジンだっけ?」と忘れられてしまうことも

効果的なメールマガジンの利用法ではありません。

 

多すぎず少なすぎず、ちょうどよいメールマガジンの配信頻度は、

週に1度もしくは2度程度だと言えます。

商品によっては2週間に1度が適正と判断されることもあります。

これ以上多いなら、「迷惑メール」扱いになりますし、

これ以上少ないなら、「何の会社かわからない」となります。

曜日を決めて配信するなら、お客さまの印象にも残りやすくなります

 

どの曜日に送るかも大事です。週末にはメールを見ない人もいますし、

平日は仕事以外のメールは開封しない人もいます。

企業関連のアドレスに送るか、個人アドレスに送るかで

メールマガジン配信の曜日を変えるのも良い方法です。

 

また、メールマガジン配信の時間帯も重要です。

企業関連のアドレスに送る場合は、通常の営業時間が開封率も高まりますが、

個人アドレスの場合は、営業時間外の方が開封率が高くなります。

 

メールマガジンの本文における工夫

メールマガジンは、新しい商品の宣伝だけでなく、

既存商品の魅力を述べた記事や、レシピや生活の知恵的なためになる情報、

そしてメールマガジンを見た人だけが得をするプラスアルファがあるならば、

開封率も高まります。

 

次回の注文時に使用できる割引クーポンや、

商品を購入することでもらえるプレゼントチケットなど、

お客さまが「メールマガジンを開封したい」と思えるプレゼント

準備することが大事です。

 

そして、基本的なことですが、

どのデバイスやOSでメールを見ても文字化けしないように

特殊な文字や記号、フォントは使わないようにしましょう。

見やすい記事の構成と、長すぎない分量、重すぎない画像で

お客さまの時間的な負担にならないように配慮すべきです。

 

メールマガジンの件名における工夫

お客さまがおもわず開けてしまう件名にするためには、

一目で内容が分かるように30文字以内に収め、

伝えたい言葉を件名の最初の部分に持ってくることができます。

 

また、購入時に使えるショッピングクーポンなどを添付している場合には、

特典があることをアピールすることで、開封率を高めることができます。

 

『乳酸菌飲料Aお得情報!夏のおやつの簡単レシピ!15%オフクーポン付』

などのように、要点だけをポイントで表記したり

『15%オフクーポン付メール!乳酸菌飲料7月のお得情報』のように

いつも楽しみに待ってくれているお得意様がいるという想定で、

週刊、月刊メールとして配信することもお勧めです。

 

メールマガジンとSEO対策

メールマガジンの内容を、

サイト内の1つのコンテンツとして利用することもできます。

「メールマガジンバックナンバー」というように

メールマガジンの本文や、一部を抜粋して公開することで、

有益な情報を余すところなく利用することができます。

 

本来、メールマガジンは特定の相手に出すものですが、

SEO対策ができたキーワードを適度にちりばめた内容にすることで、

このよう1つのコンテンツとして「再活用」ができるのです。

ですから、メールマガジンの文章を作成する際も、

コンテンツを作るときと同様にSEO対策を心がけ、

検索順位を上げることに貢献できる、お金を稼げる文章にしていきましょう

c001ab34718b4b084ecfa908915b9db7_s

サイトには、様々な目的を持ったものがあります。

政府系や広報系のサイトは別として、

大抵のサイトには、商品の販売やサービスの契約など、

何らかの明確な目的があるのです。

サイトの目的別の特徴を見ていきましょう。

 

サイトの目的とSEO対策①「商品の販売」

商品の販売が目的のサイトは、

何よりもサイト閲覧者からの信頼を得ることを重要視しなくてはなりません。

サイト閲覧者から信頼を得るためには、

販売者の企業所在地や代表者の写真、

会社の事業内容や会社の内部写真など

販売者側の情報を十分すぎるほど提供することがまず必要です。

 

そして、情報提供が一方通行にならないように

お問い合わせ窓口のフリーダイヤルやメールアドレスなども記します。

商品購入後の、返品に関する情報や、

商品購入の際に、複数の決済方法を選べることも

信頼を築く上で重要なポイントとなります。

 

特に、クレジットカード払いは手間もかからず便利な方法ですが、

個人情報が流出するのではと不安に感じるサイトユーザーも少なくありませんので、

着払いやコンビニ払いなどの選択肢も準備しておくことができるでしょう。

 

そして、基本となる商品に関する情報も、十分すぎるほど提供し、

現物写真や、商品開発過程の写真なども添付することで、

サイトユーザーの安心につなげることができるのです。

 

商品を販売するという目的上、

特定商取引法に基づく表記も忘れてはなりません。

「消費生活安全ガイド」のページで記される情報のもとに、

規則に従った正しい表記方法を行うようにしましょう。

 

サイトの目的とSEO対策②「店舗の宣伝」

新しい店舗や既存の店舗への来店を目的としたサイトでは、

アクセス方法についての情報を十分に記す必要があります。

最寄駅や店舗のジャンルをキーワードとした、

万全のSEO対策が行われるように配慮をする必要があります。

 

例えば、京都市の和スイーツを提供するカフェなら、

「京都」「和」「スイーツ」「カフェ」などの語をキーワードとし、

文章全体の3~7%程度にキーワードを散らすように文章作成を行います。

 

そして、実際に足を運びたくなるような写真や文章をアップし、

サイト閲覧者の興味をかきたてる工夫をします。

このような食べ物系のショップの場合、入れ替わりが激しいことが多いです。

現在も毎日積極的に営業していることが分かるように、

週に1、2回程度の頻度で更新する「店長ブログ」や「スタッフブログ」なども

宣伝効果を高める方法の1つです。

 

また、サイトを見てくれた方へのお礼をこめて、

印刷して使える割引クーポンや、QRコード形式のクーポンなども

準備しておくと来店と言うアクションにつなげることができます。

 

サイトの目的とSEO対策③「アフィリエイト」

ブログなどに広告を掲載することで、

広告主がサイトのオーナーに報酬を支払う

「アフィリエイト」サイトが増えています。

人気サイトの場合には、広告報酬だけでも月に何百万円にもなり、

手軽にお金を稼げる手段として認知されています。

 

基本的にサイトのオーナーは、

多くの人が読んでもらえる記事を書くことが基本で、

広告を多くの人に読んでもらうための努力や、

そこで扱う商品に関する積極的な宣伝行為を行う必要はありません。

 

ですが、アフィリエイトサイトとして高収入を目指すなら、

広告に興味を引き付けるような記事を書いたり、

SEO対策をして、広告と関連のある話題を提供することが必要です。

自分のサイトに掲載する広告の商品についての知識や熱意が、

お金を稼ぐことにつながるのです。

 

サイトオーナーのアフィリエイト収入のタイプを3つに分けると、

1.閲覧者が表示されている広告がクリックすると、報酬がもらえるタイプ

2.閲覧者が広告をクリックし、

  実際に資料を請求したりサービスを申し込むことで、報酬がもらえるタイプ

3.閲覧者が広告をクリックし、商品を購入することで、報酬がもらえるタイプ

となります。

 

どのタイプお金を稼ぐとしても、

サイト自体が面白くないなら、閲覧者は増えません。

閲覧者が少ないなら、「広告をクリックする」という一番最初のアクションに

ネットユーザーたちを誘導することができないのです。

 

商品を宣伝することばかりにとらわれてしまうと、サイトの面白さは低下します。

ですが面白さを追求して、商品とは関係のない話題ばかりを提供してしまうと、

アフィリエイト収入はあまり多くを見込めません。

サイトの質の高さと、宣伝行為のバランスを上手に取ることが、

アフィリエイトサイトでお金を稼ぐポイントなのです。

815a96b1931d3d5ccdd8bf67822dba12_s

ネットは、情報を提供されている側と、情報を受けている側が

直接、触れ合うわけではないところが特徴でもあります。

SEO対策ができたサイトを作ることでお金を稼ごうとするならば、

目に見えない相手からの信用を得ることが必要条件となります。

 

目に見えない相手からの信用を得るためには、

予想される質問に答える「Q&A」のページや、

希望する情報へとすぐに移動できる「サイトマップ」など、

サイト閲覧者への「サポートページ」を作成することが大切です。

 

サポートページの作成について、探っていきましょう。

 

SEO対策にも役立つサポートページ①「Q&A」

閲覧者が感じるちょっとした疑問に答えていくのが「Q&A」ページです。

気にはなるけれど、サポートセンターに問い合わせるまでもないような質問に

一つ一つ丁寧に答えていくことで、

閲覧者は不安点を解消し、購入へとアクションを起こしてくれるかもしれません。

 

どのようなことを疑問に思うのかを想定して、

なるべく多くの質問を準備し、納得のいく答えを提供しましょう。

質問は多ければ多いほど、閲覧者の役には立ちますが、

疑問点を探しにくくなってしまいますので、

質問をいくつかの種類に分けて、探しやすいようにしましょう。

 

また、質問を検索する機能も付け加えるなら、

ネットユーザーにとってより使いやすいQ&Aページになります。

 

SEO対策にも役立つサポートページ②「サイトマップ」

「さっき見たページはどこだったっけ?」「この情報を得たい」などの

明確な目的をもった閲覧者や、

「他にはどんな情報を提供しているのだろう」と興味を抱いてくれる閲覧者への

サポートとなるのが「サイトマップ」です。

 

利用者が使いやすいようにするのが第一義ですが、

サイトマップを作ることで、

コンテンツ作成者も系統だったサイト作成が可能になります

 

SEO対策にも役立つサポートページ③「企業情報」

「この商品を販売する会社は、本当に信頼できるのか?」と、

疑問を持つサイト閲覧者の不安を解消するのが、「企業情報」ページです。

企業として信頼できることをアピールすることで、

「この企業が販売している商品なら、問題ないだろう」と判断してくれる

かもしれません。

 

企業情報として、

1.会社の所在地・連絡先・代表者の氏名

2.取引企業名や事業内容、現在までの企業実績

3.代表者の言葉や、企業として抱く理念

4.企業へのお問い合わせ窓口の案内

などを、記すことができます。

 

これらの情報に、実際の代表者の写真や、社内風景、

社員の働く姿などの写真を添付するなら、

より実態を持った企業として、サイト閲覧者に印象を与えます。

 

また、雑誌や新聞などのメディアに取り上げられた実績がある場合は、

そのメディアへの露出の様子なども付け加えるなら、

より安心感のある企業や商品として、利用者に捉えられるでしょう。

 

SEO対策とは、もちろんグーグルやヤフーなどの検索エンジンでの

検索順位を上げる対策にほかなりません。

ですが、企業としての情報を豊富に利用者に提供することで、

サイトの信頼度も増し、閲覧数も増加するならば、

結果として、検索順位に影響を与えることにつながります。

 

SEO対策をしてお金を稼ぐためには、

地道な作業、遠回りな仕事と思えるかもしれませんが、

企業情報を十分に提供していくことも、非常に重要なのです。

充分な時間を掛けて、企業情報ページの完成度を上げていきましょう。

 

SEO対策にも役立つサポートページ④「企業ブログ」

企業が、企業としての情報を発信する「企業ブログ」には、

様々な役割があります。

企業ブログの役割と、利用方法について見ていきましょう。

 

企業ブログの役割

企業で販売している商品や、新商品を紹介することも

企業ブログの大きな意義です。

企業情報を閲覧しているネットユーザーは、

何らかの意味で企業自体に興味を持っている層とも言えますので、

新商品や既存商品を積極的にアピールすることで、

販売拡大につなげることも可能になります。

 

また、商品を介して、企業のファンを作る役割もあります。

「この企業が出している商品なら間違いない」と思ってくれるファンを

上手に育てていくことが、企業ブログの大きな役割の一つです。

 

その他にも、読み応えのある面白い企業ブログを作るなら、

企業ブログ読みたさに、閲覧数が上昇することも考えられます。

閲覧数が上昇するならば、SEO対策の観点からも価値あるページとなります。

 

企業ブログの更新や作成の基本

あまりに頻繁に更新するのは、

読み手にとっても作り手にとっても負担となりますが、

週に1回、もしくは10日に1回程度更新することで、

サイトユーザーとの良い距離感・良い関係を築くことができます。

 

特定の人がブログを更新することも良いですが、

複数の人が交代でブログを更新することも、

読み手にとっては興味を持てる内容の維持につながります。

言葉遣いや、どのような内容を作成するかは

なるべく大勢のスタッフが話し合って決め、

親近感を抱かせながらも、丁寧なブログになるように配慮します

2bd3da033d10f8645ace5f11e04d1bba_s

ランディングページ(LP)とは、ランディングすなわち”着陸する場所”の意味で、サイトの中で一番初めに到達するページをさしています。

ウェブの特性上、全てのコンテンツ、全てのページがランディングページになる可能性がありますが、広告媒体を用いて誘導した先のページのことだけを特別に「ランディングページ」と呼ぶこともあります。

多くのページがあっても、もっとも目に触れやすい「ランディングページ」。
このランディングページが最大の効果を発揮できるように手を加えるなら、より多くのページ閲覧者を、商品の購入やサービスの申し込みなどの「本来の目的」に導くことができます。
ランディングページの役割と、作成方法についてご説明いたします。
 

ランディングページの役割

ページを一つ移動するたびに、ページ閲覧者はどうしても減ってしまいます。
例えば、Aというページを見ていた人が1,000人いるとします。
Aの最後には、「より詳しい情報はコチラ」と書かれてあり、Bというページに誘導する構造になっていたとします。

ですが、Aの情報だけで満足してしまったり、Aの情報を見て、これ以上読みたくないと感じたら、Bのページには入らないままサイト閲覧を終了してしまいます。
結局、Aを見た1,000人中、Bに移動したのは300人だけだとします。
そして、Bの最後には、「購入はコチラ」と記されており、購入手続きのページへと入っていきます。

このような構造の場、せっかく商品を買うかもしれないネットユーザーたちをみすみす逃してしまっているといえるでしょう。

ランディングページに十分な情報があれば、ページBや商品購入ページを経由する必要はありませんし、また、ランディングページに商品購入までの全ての作業が行えるようになっていたら、お客さまを逃さずに購入へと導くことが可能なのです。

ランディングページは、商品の購入やサービスの申し込みまでを全て行えるページが望ましく、他のコンテンツへのリンクなどは必要ないのです。
 

ランディングページの作成

つまり、ランディングページは商品の紹介から、疑問点の解消、商品の購入方法の説明や実際の購入までをすべて網羅した内容であることが理想です。

  1. 挿入部分は短いインパクトのあるキャッチフレーズで 閲覧者の興味を引きます
  2. 導入部分を受けるように、商品の特徴を端的に記します
  3. 商品に対して当然感じるであろう疑問について、 納得がいくように答えていきます
  4. 類似商品を扱う他社と比較したり、購入時にどのようなメリットがあるか?価格についても何か利点があれば述べます
  5. 購入へと導く、効果的なフレーズを使用し、購入ボタンを配置します

①から⑤の流れに沿うなら、このランディングページ1ページだけで充分にネットユーザーを購入へと誘導することができます。
乳酸菌飲料Aを購入へと導く方法を、①から⑤の流れに沿って示します。
 

ランディングページの実例

例:乳酸菌飲料Aのランディングページ

美肌もダイエットも、生活習慣病の予防までこの1本で!
忙しい現代人の美と健康を守る新・習慣!(←①)

忙しく不規則な生活を送る私たち。
そんな日々に追われながらも、美しく透明感あふれる肌とスッキリしたスタイルを保っている人の秘密は何でしょう。
やはり、その美しさは、健康がベースとなっているのではないでしょうか。

乳酸菌飲料Aは、この1本のなかに乳酸菌が1億個、なんと市販のヨーグルト100個分も入っていますので、おなかの調子を整えてくれ、毎朝のすっきりと、おなか周りのすっきりをかなえてくれるのです。(←②、特徴その1)

おなかの中に老廃物がなくなりますと、潰瘍やがんなどの消化器系疾患の予防に大きく貢献します。
しかも、老廃物が生み出していた活性酸素も減少しますので、アンチエイジングや美肌の効果も期待できるのです。(←②、特徴その1の追加情報)

このように私たちの健康と美の増進・維持のためには欠かせない乳酸菌ですが、どのように摂取するのが一番効果的に吸収できるでしょうか。
固形の乳酸菌サプリメントも確かに効果はありますが、ドリンクタイプの方がはるかに効率よく吸収できるのは当然のことと言えるでしょう。(←②、特徴その2)

乳酸菌を効率よく吸収できる乳酸菌飲料Aが優れているのは、この2つの理由だけではありません。
美しさと健康をさらに積極的に増進させる「ビタミンB」「ビタミンC」「食物繊維」が入っているのです!(←②、特徴その3)

「ビタミンB」は、肌の潤いをキープする役割がありますので、いつでもみずみずしい肌を保つ効果を発揮します。
また殺菌効果と美白効果に優れた「ビタミンC」が、感染症の予防や、紫外線を浴びてダメージを受けた肌の修復も請け負ってくれます。
そして、おなかを整える「食物繊維」は、水分を吸収することで膨れますので、早く満腹感を感じるようになり、ダイエットにも大きな効果を発揮するのです。
これらの栄養素も、乳酸菌飲料Aたった1本で、1日に必要な分量が全て入っているのです!(←②、特徴3の追加情報)

乳酸菌飲料Aについて、消費者から寄せられるご質問に答えます!

質問1:「たくさん飲むほど、効果的ですか?」
答:「乳酸菌飲料Aは、1日に必要な乳酸菌やビタミン類、食物繊維が計算されて配合されています。
決められた量以上に飲んでも、栄養素が吸収されずに体外に排出されてしまいます。
また、乳酸菌や食物繊維を過剰に摂取することで、おなかがゆるくなることもあります。
様子を見ながら、1日1本の健康習慣を始めて見てください」(←③、その1)

質問2:「定期購入はできますか?」
答:「私たちの健康には欠かせない成分がバランスよく配合された乳酸菌飲料A。
効果を感じて頂くためには、毎日の習慣として採り入れて頂くのが一番です。
買い忘れ、飲み忘れがないように、毎月定期的にお届けする定期便もご準備しています。
定期便は料金も20%オフになりますので、是非、お得に健康生活を始めてください」(←③、その2)

乳酸菌飲料Aは、たった1本に、ヨーグルト100個分の乳酸菌と、1日に必要なビタミンBとビタミンC、そして食物繊維が含まれています。しかも、吸収のよいドリンクタイプ!
たくさんのサプリメントを摂取するよりも、これ1本で全て入っているのです。
美と健康維持に欠かせない乳酸菌飲料Aは、お値段なんと1本当たり200円!コーヒー1杯の価格よりお得に、健康生活を始められるのです。(←④)

毎日、健康習慣を続けて頂くために、1カ月に1回、ご希望の時間に配達する定期便を選択して頂きますと、商品価格は20%オフとなり、送料も無料になります。是非、今日から健康生活を始めて見てください。(←⑤)
購入はこちらから

このように、特徴やメリットを余すところなく伝え、購入まで導くページを作成します
他のコンテンツページには、サイト内のリンク(内部リンク)を貼り付けますが、ランディングページにはサイト内リンクを貼り付けず、閲覧者の視線が上から下へのみ移動するように心がけます。

ランディングページ作成時のコツはこちらの情報も参考になります。
タイトルに盛り込むとアフィリエイト報酬が増える5つのコツ
ネットビジネスの必勝法は「コンテンツの修正(リライト)」
アフィリエイトで信頼される秘訣とは?
レビューサイトとEC型サイト、LP(ランディングページ)の違いとは?
注目度の高い商品と報酬発生しやすい商品とは?

Twitterでも情報を配信中!


4ccee004bf91f42ce37a576182b0dd32_s

SEO対策の観点から、コンテンツの文章が仕上がればなるべく早くにウェブ上で公開することが望ましいです。
ウェブ上で公開している時間が長いと、グーグルやヤフーなどのサーチエンジンから「良い」と判断され、検索上位に表示される可能性が高まるからです。

SEO対策をしながら良いサイトを作ってお金を稼ぐには、ウェブ上に公開しながら、解析ツールを活用して問題点をつきとめコンテンツを改善していくのが、もっとも効率的なのです。

グーグルアナリティクスのように無料で利用でき、解析精度も非常に高いものもありますので、充分に問題点解析に役立てていきます。
どの部分に焦点を当てて、改善していくのか、具体的に探っていきましょう。
 

SEO対策の仕上げ①「SEO対策の効果をチェック」


SEO対策を行って、お金を稼ぐことができるサイトを運営しているつもりが、実はSEO対策ができていなかった・・・ということもしばしばあります。
ウェブ上に公開してから、何度も修正をしていく中で、初めはSEO対策ができていたのに、その効果が薄れている場合もあります。

修正・加筆・削除などを行った後で、SEO対策ができているのか再度、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 文章が不自然ではないか?(情報と情報をつなぎ合わせただけになっていないか)
  • 全ての表現を自分の言葉で書いているか?
  • コンテンツの文章が、800字以上はあるか?
  • 3~5行ごとに改行して見やすくなっているか?
  • 段落が4つ以上繋がっていないか?(読みやすいように見出しが挿入されているか?)
  • 大見出しやキャッチコピーにキーワードが全て含まれているか?
  • 中見出しには、キーワードが少なくとも1つ含まれているか?
  • ウェブ上で公開した時にキーワードの出現率が3~7%になっているか?
  • キャッチコピーを見たときに、コンテンツの内容が理解できるか?
  • キーワード自体が、検索件数の多いものを選んでいるか?(キーワードボリュームは多いか?)
  • 誤字や難読漢字を含んでいないか?
  • 不快な言葉や差別的な表現を用いていないか?

コンテンツを作成するときには問題を感じなくても、サイトとして仕上がった時に問題になる場合もあります。
以下の点を再度、チェックしてみましょう。
  • テキストの動線は自然なものになっているか?
  • 自然にクリックできる場所に、購入ボタンや申し込みボタンが配置されているか?
  • キーワードが連呼されているような不自然な個所はないか?
  • 似たようなコンテンツが複数存在しないか?

もし似たようなコンテンツが複数ある場合は、閲覧数の多いキャッチコピーのコンテンツをメインとして内容が重複しないように、一つにまとめることもできます。

  • 画像が見やすい大きさで表示されるでしょうか。
また、他のデバイスで確認しても、見やすい大きさでしょうか。
 

SEO対策の仕上げ②「表示される部分をチェック」


SEO対策上のチェックを行ったら、次は、実際にネットユーザーに魅力を感じさせるサイトになっているかをチェックします。
SEO対策は、サーチエンジンの機械的な判断を有利にする対策ですが、実際にコンテンツを見て「良い」と思ってくれる閲覧者を増やすための対策も必要です。
 

キャッチコピーをチェック


サーチエンジンではなく、人が見て「良い」「見たい」と判断するのはキーワードが含まれているかでも、文字数でもありません。
「分かりやすさ」と「興味をどれだけ引き立てられるか」だけなのです。

何度もキャッチコピーを声に出して読んでみて、引っかかりのない文章になっているか、思わずコンテンツを熟読したいと思わせるフレーズになっているかをチェックします。

そしてポジティブな表現になっているか、アクションに結びつく表現になっているか、「お得」や「知識」など、このコンテンツを読めば何かを得られるのでは?という期待を感じさせる文章になっているか客観的な視点も組み込みながら、磨きあげましょう。
 

コンテンツをチェック


解析ツールを用いて、「直帰率」が高い場合や「平均セッション時間」が短い場合は、キャッチコピーよりもコンテンツに問題が多いと考えられます。
コンテンツを見直すときは、次のポイントに注意をしましょう。

  • キャッチコピーの内容と、コンテンツの内容が合っているか?
『こんなにも体に良い!乳酸菌の健康増進効果とは』というキャッチコピーで、乳酸菌がどのように増えるかとか健康の秘訣といった内容では、キャッチコピーとコンテンツがずれていると判断されます。

  • 関心を持つ人が多い話題になっているか?
『乳酸菌の素晴らしい力』について述べているコンテンツより『乳酸菌を飲むことで、がんの予防に効く!』と言われた方が、内容を見てみたいと思う人は増えると考えられます。
関心を持つ人が多い話題をチョイスすることは、コンテンツ作成、キャッチコピー作成の基本です。

  • コンテンツは中学生や高校生が読んでも内容を理解できるか?
実際に中学生向け、高校生向けに書く必要はありません。
文章が中学生や高校生で習った表現や漢字で構成されているか、特別な知識を持つ人だけを対象に書かれていないかが大事です。

『エンテロコッカスフェカリス菌の素晴らしさ』

という文章より、

『胃酸にも強く、日本人の腸とも相性が良いのがエンテロコッカスフェカリス菌なんです』

という文章の方が、万人に受け入れられやすくなります。

  • 背景の色と文字の色、フォント、大きさは適正か?
個人ブログなどで文字の背景がカラーや模様だったり、それに合わせて文字の色も黒やグレーでは無かったりするサイトをしばしば見かけます。
商品を販売したい、サービスを提供したいと言う目的を持つサイトを作るなら、背景はすっきりと白に統一するか非常に淡い色にし、文字の色も黒かダークグレーにする方がユーザーの信頼獲得につながります。
また、フォントも見やすいゴシック調のものが適切でしょう。

  • 画像を適度に入れた、見やすい構成か?
SEO対策上は、画像の有無はほとんど関係がありません。
ですが、ネットユーザーたちに「見やすい!」と評価してもらうなら、文字ばかりで詰まった感じを与えるのではなく、適度にイラストや画像を挟み込み、見やすい構成にしましょう。

  • 結論スムーズにつながるコンテンツか?
サイトの結論は、もちろん商品やサービスの販売や店舗への来店を促すことです。
コンテンツの内容がいかに素晴らしくても、結論への誘導が不自然ではネットユーザーに「知識」として読まれることはあっても、ネットユーザーの「行動」には結びつかないのです。

『乳酸菌は、腸にたまった老廃物や、消化しきれなかった脂肪分を効果的に排出します。
腸に老廃物がたまりにくくなると、美肌効果やダイエット効果も期待できます。
乳酸菌飲料Aがおすすめです』

という文章は、乳酸菌飲料Aが唐突に出てきた感じを否めません。

『乳酸菌は、腸にたまった老廃物や、消化しきれなかった脂肪分を効果的に排出します。
腸に老廃物がたまりにくくなると、美肌効果やダイエット効果も期待できます。
乳酸菌飲料Aは一日あたり1,000億個の乳酸菌を摂取できるだけでなく、肌の透明感を上げるビタミンB、美白・殺菌効果が強いビタミンC、水でふくらみ満腹効果もある難消化性食物繊維などダイエットや美肌効果を促進する栄養素が豊富に入っています。1本飲むだけで、整腸・美肌・ダイエットが期待できる飲料が、乳酸菌飲料Aなのです!』

と、ただ乳酸菌が素晴らしいと述べるのではなく、乳酸菌飲料Aならではの特徴を含めて述べるなら、他の乳酸菌食品ではなくAを購入しようと誘導することができるのです。

SE対策の各記事へはこちらのまとめページからどうぞ。
⇒ SEO対策をしてお金を稼ぐ方法!まとめ




Twitterでも情報を配信中!


 

cc74059ef37cdbdb573cc17d4565eacb_s

分かりやすく間違いのない「完璧なコンテンツ」を仕上げてからネット上に公開することは、SEO対策の観点からはおすすめできることではありません。
SEO対策、つまりグーグルやヤフーなどのサーチエンジンで検索した時に上位に表示されるためには、できるだけ長い間ネット上に公開されている必要があるからです。

どのような消費者のニーズがあるのかをリサーチし、サイトの方向性を決定したら少しでも早くコンテンツを仕上げて公開するようにします。
公開した後で完成度を高めるために問題点を解析するのが、SEO対策上、最善のサイト作成方法なのです。

では、どのように解析作業を行っていくことができるのか見ていきましょう。
 

SEO対策の成果を見る①「検索順位」


SEO対策がきちんと功を奏していたかをみるためには、「検索順位」が何位なのかを調べることが一番です。

グーグルで提供されている「グーグルアナリティクス」は、無料で利用できる、コンテンツの改善に非常に役立つツールです。
グーグルアナリティクスに登録をしてから、データを解析したいサイトを選択し、「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックします。

すると、サイト上のコンテンツ別のデータが一覧で表示されます。
左側に表示されるメニューから「集客」をクリックし、「検索エンジン最適化」を選択し、「ランディングページ」をクリックすると「表示順位」が示されます。

この表示順位とは、グーグルで検索した時に同じキーワードのサイトの中での順位を示しています。
ここでの順位が高いと言うことは、キーワードが適切に含まれており、SEO対策がうまく作用したという意味です。

SEO対策の成果を見る②「表示回数」


グーグルの検索窓にキーワードを入れて検索を行った時に、対象となるページが検索結果として表示された回数が、グーグルアナリティクスにおける「表示回数」です。
この「表示回数」も、グーグルアナリティクスで「表示順位」と同時に表示されます。

「表示順位」が高い、つまり50位以内なのに「表示回数」が少ないなら、キーワード自体があまり検索されないので「表示順位」が高いにもかかわらず「表示回数」が低くなっていると、考えることができます。

このような場合は、キーワードを選択し直し、検索回数が多いキーワードに変えて文章自体を見直すことが必要です。

SEO対策の成果を見る③「CTR」


グーグルアナリティクスで表示される「CTR」とはクリック率を示します。
検索結果としてページが検索一覧に表示されたときに、クリックしてページを開けてくれた率がクリック率です。

クリック率が高いと言うことは、キャッチコピーが魅力的ということです。
反対にクリック率が低いなら、キャッチコピーを見直した方が良いでしょう。

キャッチコピー以外にも、タイトルの下に100から150文字程度で表示されるディスクリプション、つまり検索結果用の要約や抜粋の部分が魅力的でない可能性があります。
ディスクリプションも、コンテンツの内容を魅力的に表現するように見直しましょう。

SEO対策の成果を見る④「平均セッション時間」


グーグルアナリティクスで「レポート」のページを開き、左側のメニューから「サイトコンテンツ」を選択し、「ランディングページ」をクリックします。
すると、「平均セッション時間」が表示されます。

「平均セッション時間」とは、サイトを訪問したネットユーザーが、サイトにとどまっている時間を示しています。
平均セッション時間が長いなら、サイトに魅力的なコンテンツがたくさんあったことを意味し、SEO対策も閲覧者の満足度もある程度評価できると言えます。

SEO対策の成果を見る⑤「直帰率」


「直帰率」も、「平均セッション時間」と同じページで表示されます。
「直帰率」とは、サイトを訪問したネットユーザーが、サイト内の他のページを見ないで、そのままグーグルの検索結果なり他のページなりに戻った率を示します。

直帰率が高いと言うことはコンテンツに魅力がないと言うことと、サイト内の他のコンテンツのキャッチコピーにも魅力を感じにくいということを意味します。
この場合は、コンテンツ自体の見直しが最優先されます。
 

SEO対策の成果を見る⑥「コンバージョン率」


①~⑤は、グーグルアナリティクスで確認できる基本情報ですが、「コンバージョン率」は、少し手間をかけて設定することが必要です。

「コンバージョン率」とは、サイト訪問者がサイト制作者の意図通りの動きをした確率です。
つまり、サイトを訪問してコンテンツを読んだだけでなく、商品やサービスの申し込みを行った率を意味しているのです。

コンバージョン率が高いなら、サイト訪問者が少なくとも効率よく目的に導くことができている「良いサイト」だと言うことができます。
 

コンバージョン率の設定


グーグルアナリティクスに入り、画面右上の「アナリティクス設定」をクリックします。
右側に表示される「ビュー」のタブから「目標」を選択し、「新しい目標」をクリックします。

目標設定画面の一番下に「カスタム」という選択肢がありますので、「カスタム」にチェックをして、「次のステップへ」をクリックします。
「目標の説明」の項目に入り、目標の「名前」を決めます。

商品やサービスの販売を目的としているなら、「申し込み」や「販売」と分かりやすい名前にしておきます。
名前を記入する欄の下に「タイプ」とありますので、「目標」にチェックを入れ、「次のステップへ」をクリックします。

次は「目標の詳細」を記していきます。
商品やサービスの販売を目標としているなら、商品購入確認ページなどの最終ページのURLを「目標」に入力し、URLの左側のプルダウンは「等しい」に設定しておきます。

「目標」の下部の「値」の欄は、オフに設定して、その下の「目標到達プロセス」の欄はオンに設定しておきます。

その下の欄の「名前」の欄には経由させるページのURLを入れます。
経由させるページが複数ある場合は、ステップの順にURLを入れます。
経由させるページが特にない場合は、右側の「必須かどうか」を「いいえ」に設定しておきます。
全てを入力したら、左下に表示されている「目標を作成」をクリックします。
 

コンバージョン率の確認


目標が達成されているかどうかを確認するためには、グーグルアナリティクスで「レポート」画面に入り、左側のメニューから「コンバージョン」をクリックし、「目標」を選択して、「目標達成プロセス」をクリックすると確認できます。

コンテンツを訪れた人のうち、何人が商品の詳細ページに入り、そのうち何人が商品の申し込みのページに入り、最終的には何人が商品申し込みを完了したのかが一目で分かる表として示されます。

コンバージョン率が低いなら何が商品購入までに導けなかったのかを、詳細につきつめる必要があります。
商品の詳細から申し込みページまでに問題があるのか、経由するページごとの問題点を考え、改善していきます。

SE対策の各記事へはこちらのまとめページからどうぞ。
⇒ SEO対策をしてお金を稼ぐ方法!まとめ




Twitterでも情報を配信中!


 

021e9ce626bc95c2543e21fd93c365ed_s

商品の販売、サービスの提供、店舗への来店など、

様々な目的を持つサイトが存在します。

それぞれのサイトのコンテンツは、

販売や来店などの目的を達成するものでなくてはなりません。

 

また、SEO対策の観点でも、サイトの目的が分かりやすいなら、

良いコンテンツ・良いサイトと判断され、

検索上位に表示される可能性も高まります。

 

では、一体どのようなポイントに訴えかけるなら、

ネットを閲覧する人にとって魅力的なコンテンツになるでしょうか。

コンテンツを魅力的にするために、

アピールすべきポイントについてご説明いたします。

 

SEO対策上の魅力ポイント①「お金」

あまりに露骨にお金のことばかり話す人は魅力的ではありませんが、

「お金」に興味がない人も少ないのです。

一人で見ることが多いパソコンやスマートフォンのサイトの場合、

露骨にお金の話題に触れても、「下品」とはなりにくいのです。

 

「激安」「値下げ」「売りつくし」のように

通常の値段より下がったことをアピールするのも効果的です。

また、具体的な値段を述べて、

幾らくらい節約できるかを提示することも、心に響きます。

 

その他にも、お金を増やせることや儲かることも、

ネットユーザーたちの心をつかむ魅力となります。

 

証券会社の口座開設を促すためのサイトで、

株式投資でどんなに儲かるかを知らせるコンテンツを作る場合、

『150万円がたった3年で5億円に!Yahoo.comの奇跡』

というキャッチコピーなら、

つい中身を見たいと思ってしまうのではないでしょうか。

 

金銭的にどの程度お得なのか、どの程度儲けることができるのか

具体的な数字で示すなら、より閲覧者の心をつかむでしょう。

 

SEO対策上の魅力ポイント②「安心」

相手が見えないネットだからこそ、

ネットユーザーたちはいつでも不安を抱えています。

特にネットショッピングなど、お金を支払う行為を伴う際には、

慎重になる人も非常に多いのです。

 

ですから、サイトで「安心」感をアピールするなら、

ネットユーザーたちにも支持されるコンテンツとなり、

SEO対策上も、「良いサイト」と認められやすくなります。

 

証券会社の口座開設を誘導するサイトで、

株式投資をすすめるコンテンツを作成する場合、

閲覧者に、株式投資に対して「安心」感を持ってもらうことが大事です。

 

『初心者でも安心!24時間電話サポートのある証券会社』

というなら、メールではなく電話で直接質問できる安心感を与え、

『ローリスク投資の決定版!積立投資信託で着実な資産形成』

というならば、低いリスクで投資ができるのではと

投資未経験者の心にも響くフレーズとなるでしょう。

 

「安心」を前面に出したキャッチコピーも多くの人に訴えかけますが、

反対に不安要素を述べて、「安心」と言う解決策を提示する方法もあります。

同じく、証券会社の口座開設を誘導するサイトのコンテンツで、

『スイスフランショックで倒産会社が続出!その中でも儲けた投資家の特徴』

のように、不安をあえて述べることで、「安心」を引き立てることも可能です。

 

SEO対策上の魅力ポイント③「健康」

失って初めて気づくとも言われる「健康」。

自分が病気やけがになった場合だけでなく、

家族や友人など身近な人が病気やけがをしたときにも、

「健康」に関する興味は増えるものです。

 

乳酸菌サプリメントの購入を促すサイトのコンテンツなら、

『老後の健康も、1錠のサプリメントで自信が持てます!』のように、

今は健康な人も、年齢を重ねることで健康に自信が持てなくなるという

気持ちにアピールするキャッチコピーが作れます。

 

『健康な人の健康習慣!乳酸菌で老廃物をすっきり排出しましょう』

のように、健康でなくなってからではなく、

今、必要と言うことをアピールするのも良い方法です。

 

SEO対策上の魅力ポイント④「美」

一昔前なら、「美」を追求することはあまり褒められたこととは

認識されていませんでした。

ですが、現代では、老いも若きも男性も女性も、

「美しくなりたい」という要求を持つ人が非常に増えています

 

乳酸菌サプリメントの購入を促すサイトのコンテンツで

『美肌になりたいなら、乳酸菌で腸内環境を整えましょう』や

『美人はみんな朝すっきり!朝のお通じに効く乳酸菌とは』のように

「美しさ」に働きかけることで、

興味をグンと引き付けることができます。

 

SEO対策上の魅力ポイント⑤「喜び」

非常に抽象的な概念ですが、

「喜び」もコンテンツを魅力的にするポイントです。

自分の喜びや、家族の喜び。具体的に例示することで、効果はより高まります

 

証券会社の口座開設に結びつけるサイトのコンテンツで、

『子どもが私学に進学したいと言った時、また留学したいと言った時、

十分な備えがなく、夢をあきらめさせるのは悲しいことです。

子どもの将来のために、喜ぶ顔のために、

今から少しずつ投資を行って、資産を形成していくのはいかがでしょうか?』

 

のように、「不安」→「喜び」を提示することと

自分ではなく「子どもの将来」について触れることで、

今は特に金銭的不安を感じていない人にも、

「投資をして、資産を増やした方が良いかも」と心を動かすことができるのです。

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

商品名だけを記しても、それがどのような商品なのか分かりません。

コンテンツも同じです。良い文章が書かれていたとしても、

どのような内容なのかが分からないなら、

クリックしたいとネットユーザーに思わせることはできません。

 

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンで検索されたときに

検索一覧に表示される文章や、

実際にコンテンツを開いたときの上部に表示される文章

キャッチコピー」とよび、

コンテンツの本文とは別に記し、

サイト閲覧者や検索を行っているネットユーザーの興味を引きます。

 

キャッチコピーにはどのような情報を入れることが望ましいのか、

またキャッチコピーを作るポイントについてご説明いたします。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー①「必要な情報」

コンテンツの内容を表現するキャッチコピーが秀逸であれば、

コンテンツ自体を読もうとする人は、格段に増えます。

つまりキャッチコピーは、人を引き寄せる原動力と言えるのです。

 

コンテンツをしっかり読んでくれるなら、

コンテンツの最大の目的である、商品やサービスの購入や来店などの行動へ、

閲覧者を導ける可能性も増えてきます。

このことからも、キャッチコピーはSEO対策上欠かせない

お金を稼ぐポイントと言えるのです。

 

キャッチコピーには、コンテンツのキーワードを全て含めるようにし、

検索一覧に表示されるときに全ての文字が表示されるように

30文字以内にしておく必要があるのです。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー②「抑えるべきポイント」

では、どんなキャッチコピーが良いキャッチコピーになるでしょうか。

 

閲覧者の立場に立ったキャッチコピー

コンテンツ作成者や、商品開発者ではなく、

実際にコンテンツを見てくれている閲覧者の立場に立った

キャッチコピーであることが重要です。

 

キャッチコピーを作る際には、一消費者としての目線で、

何を言われたら購入しようと言う気持ちになるかを考えます。

 

ポジティブなキャッチコピー

コンテンツを作る際に、

値段が高いことや乳酸菌以外に含まれる成分の種類が豊富でないことなど

商品のネガティブな部分に触れることは非常に重要です。

 

なぜなら、良いことばかりを述べているサイトは、

「本当にそんなに完璧な商品なの?」と

反対に、信頼性を失ってしまうからです。

 

ですが、コンテンツを読んでいない人の目に触れる機会が多い

「キャッチコピー」には、

このようなネガティブな内容を載せてしまうと、

サイトをクリックして、コンテンツを読もうという気持ちにはさせません。

キャッチコピーはあくまでもポジティブな内容にしましょう

 

意味が分かりやすいキャッチコピー

感動的な言葉や、スタイリッシュな表現は、

コンテンツのキャッチコピーには必要ありません。

すぐに意味が分かることと、言いたい内容が伝わること、

そして思わず内容を見たいとコンテンツを読むように仕向けることが

最良のキャッチコピーと言えるのです。

 

ウェブライターは広告大賞を狙っているのではありません。

商品が売れ、お金を稼ぐことができるキャッチコピー作成を目指しているのです。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー③「心をつかむ情報とは」

では、どのような情報をキャッチコピーに含めるなら、

閲覧者の心をつかむことができるのでしょうか。

乳酸菌サプリメントのキャッチコピーを作る場合を想定して、

考えてみましょう。

 

新しさが心をつかむ

昔から一定の評判を保っている商品の場合は、

その歴史と伝統が、人々に安心感を与えます。

ですが、歴史もなく人々にまだ知れ渡っているわけでもない商品は、

「新しさ」を武器にして、閲覧者の心をつかむことができます。

 

『日本初!トクホをとった植物性乳酸菌タブレット』

のように、「初」「新」などの単語で、

閲覧者の興味を引き付けることができるのです。

 

お得さが心をつかむ

金銭的にお得な情報は、大抵の人にとって興味深いものとなります。

特に、多くの情報を比較できるネットは、

お得さに敏感な消費者が集まりやすい環境と言えます。

お得さを前面に出すことで、閲覧者の心をつかみましょう。

 

『1日わずか98円!毎日続けられる乳酸菌タブレット』

などのように、日割りの金額を表示したりすると、

よりお得感を感じやすくなります。

「半額」「○%引き」「値下げ」「割引」などの単語も、

閲覧者の心をつかむ表現です。

 

役に立つことが心をつかむ

金銭的なお得も良いですが、知的なお得も閲覧者にアピールします。

『知っておくべき生活習慣病を防ぐ3つの乳酸菌習慣』

のように、このコンテンツを読むだけで

生活習慣病を防ぐポイントが分かるという「知的お得さ」をアピールすれば、

生活習慣病にかかるのではと

不安に感じている閲覧者の心に響くキャッチコピーになるでしょう。

 

「知っておくべき」以外にも、「豆知識」や「新常識」

などの言葉も、知的お得感をくすぐります。

 

限定情報が心をつかむ

限定ものに弱いのは、日本人の特徴とも言われています。

その「限定に弱い」特性を、キャッチコピーにも活かしましょう。

『先着1,000名だけ!乳酸菌タブレットAが送料込みで500円』

のように、人数や値段を出して、限定であることをアピールします。

 

また、「今だけ」「○月○日まで」などの言葉も、

限定感を高めるフレーズです。

 

好奇心が心をつかむ

クリックしたい、内容を知りたいと思わせるためには、

閲覧者の好奇心をあおることも必要です。

『今まで誤解していたかも!?乳酸菌の秘密』

と、あえて内容を詳しく書かないことで、

「知りたい」という気持ちを駆り立てます

 

ですが、好奇心をあおる方法は、

あまりにも怪しげな言葉を使ってしまうなら、「危ないサイトなのでは?」

と、かえってクリックするのをためらわせてしまいます。

常識の範囲内で好奇心をあおるように心がけましょう。

 

また、1日分のサプリメントの料金が約100円かかり、

サプリメントの効果は続けることでしか得られないにも関わらず、

『たった100円でがんリスクを抑える方法』のように

虚偽の情報をキャッチコピーにしてしまうなら、

「他の内容も嘘や誇大情報ばかりに違いない」と思われてしまい、

好奇心をあおるどころか、不信感をあおってしまいます。

 

気持ちをあおることが至上命題のキャッチコピーですが、

あくまでも正確な情報のみを含めるようにしましょう。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー④「作成方法」

良いキャッチコピーは、

コンテンツを読みたいと思わせるキャッチコピーであり、

究極的には、商品やサービスの購入や店舗への来店などに導くことが

目的となっているはずです。

 

たった30文字以内のフレーズで、

多くのネットユーザーが「コンテンツを読みたい」「商品を購入したい」と

なるように、心を動かしていかねばなりませんので、

キャッチコピー作成は、責任重大とも言えるのです。

 

そんな大きな使命を背負う「キャッチコピー」が、

次から次へと頭に思い浮かぶはずはないのです。

良いキャッチコピーを作成するスキルは、

多くのキャッチコピーを作成することでしか得られないのです。

 

最低限、30文字という字数制限を守り、

キーワードをすべて含めると言うルールを念頭に、

より心を引き付けるキャッチコピーを作っていきましょう。

 

どうしても良いキャッチコピーが浮かばないときは、

ほとんどのネットユーザーが興味を持ちやすい

「金銭的なお得さ」をアピールすることができます。

 

乳酸菌サプリメントの例でいうならば、

「生活習慣病の知識」や「トクホ(特定保健食品)であること」には

興味が全くない人でも、

「1日わずか98円」や「送料込みで500円」には

興味をひかれる可能性が高いのです。

 

値段的なお得感がない商品でも、

『放射線治療は1回平均25万円かかる!乳酸菌でがんリスク低減』

のように、比較してお得だと言うことを述べたり

『今なら乳酸菌とがんリスクの関係が分かる小冊子をプレゼント!』

のように、無料プレゼントやサンプルについて述べることもできます。

o06000410119386134951

SEO対策をして、ヤフーやグーグルなどのサーチエンジンから

「良い文章」と判断され、検索上位に表示されるためには、

文章の間違いや誤字・脱字、不適切な表現などを直す

「校正作業」が重要になります。

 

校正作業をきちんと行うことで、

SEO対策のできたお金を稼ぐことができるコンテンツが完成します。

どのようなことに注意して校正作業が行えるか、

また、校正作業を楽にすることができるツールについても解説します。

 

SEO対策の仕上げ!①「校正のポイント」

校正作業を行う時は、次の4つのポイントに注意をします。

 

変換ミス、送り仮名、ら抜き言葉

パソコンを使って作業を行うと、どうしても変換ミスが出てしまいます。

どんなに完成度の高い書籍やコンテンツにも、しばしば見られます。

仕方のないこと・・と言ってしまえばそれまでですが、

より「良い文章」を目指して、SEO対策上、最善のコンテンツを狙うなら

変換ミス」はしっかりと直しておくようにしましょう。

 

また、「送り仮名」についても同様のことが言えます。

例えば、「もっとも」を「最も」としないで「最とも」とするなら、

意味が伝わらないだけでなく、コンテンツに対する信頼度も下がります。

 

そして、「行う」や「行なう」のように、

どちらを使用しても、そう違和感がない送り仮名の場合は、

コンテンツやサイト全体で統一しておく必要があります。

複数のウェブライターがコンテンツを書き進める場合は、

初めに送り仮名に関しても、打ち合わせをしておきましょう。

 

小学校でも何度も繰り返し習ったことと思いますが、

「見れる」「知れる」などの「ら抜き言葉」は、

コンテンツ閲覧者に違和感を与えるだけでなく、

プロのライティングとは思えないと感じさせてしまいます。

自信がない場合は、「校閲ツール」や他の人のチェックも受けましょう。

 

虚偽や誇大表現

乳酸菌飲料Aの購入を勧めるコンテンツを作成する場合、

乳酸菌飲料Aを実際に飲んだ人の75.2%が「おなかの調子が良くなった」と

答えたとします。

ですが、「乳酸菌飲料Aを飲んだ人、全ての腸内環境を改善!」とか

「乳酸菌飲料Aを飲んだ人の10人に9人が、おなかの調子が良くなりました」と

表現するなら、虚偽・誇大表現とみなされます。

 

正直に調査方法と結果を伝えることが、

コンテンツ閲覧者の信頼獲得につながりますので、

たとえ思ったほどの効果が得られないデータだとしても、

偽りの表現をすることは避けましょう。

 

不快な言葉や差別につながる言葉

ネット上で公開される文章は、

パブリックに向けた公的なものと考えられます。

 

友人と話をするような感覚で文章を記すのも良いですが、

だれが読んでも不快にならない表現、

差別につながらない表現であるようにチェックしなくてはいけません。

 

難解な表現や漢字

多くの人に商品やサービスの購入を促すコンテンツや、

施設や場所への誘導を促すコンテンツを作成する際に、

難しすぎる表現や漢字は不向きと言えます。

 

コンテンツはだれが見るかわからないモノですが、

不特定多数のうちのなるべく多くの人に受け入れられるためには、

中学生でもしっかり読めば理解できる

表現と漢字を選択することがおすすめです。

 

不動産や投資など、明らかに成人以上が対象となっている商品やサービスは

もう少し難解な表現でも問題はありませんが、

それでも「なるべく多くの人に分かってもらう」ことを前提に書きましょう。

 

環境依存文字

読み込まれるOSやデバイスによって、

文字が異なる形で表示されたり、変換されないこともある「環境依存文字」。

多くの人にコンテンツを快適に読んでもらいたいなら、

使用しないのが最善と言えます。

 

SEO対策の仕上げ!②「校正ツール」

ウェブライターが自分で自分が書いた文章をチェックしても、

なかなかミスに気付かないことが多くあります。

また、膨大な文字量となるなら、校正の手間も非常に多くなってしまいます。

 

そのようなときに活用できるのが、「校正ツール」です。

マイクロソフトワードの「校閲ツール」の中の

「スペルチェックと文章校正」を活用すれば、誤字・脱字や送り仮名、

などを一括でチェックできます。

 

また、無料で利用できる「日本語文章校正ツール」なら、

ダウンロードや課金の心配なく、校正作業を行えます。

「日本語文章校正ツール」を開いて、

「文章を入力」の欄に、校正したい文章を貼り付け、

下部にある「上記の内容でチェック」のボタンをクリックします。

 

すると、チェック結果が一覧表示され、

難読時なのか、送り仮名が誤っているのか、誤字・脱字か

変換ミスなのか、環境依存文字なのか、不快な表現なのかが

コメントとともに表記されます。

 

SEO対策の仕上げ!③「校正の仕上げ」

ツールを使用して間違いを校正した後は、

声に出して読み上げることで、最終チェックをします。

すらすらと読める文章なのか、引っかかりがある文章なのか、

耳で確認することで、「良い文章」に近づいていきます。

 

だれか他の人に読んでもらってチェックすることもおすすめですが、

時間や日を開けて、自分で読み返してみるのも良いでしょう。

writing-topics1

いくら3~5行ごとに改行して段落分けを行っても、

同じ大きさの文字が並んでいるのは、読みにくく分かりにくいものです。

SEO対策の観点では、文章の「分かりやすさ」は非常に大事ですので、

読みやすさ・分かりやすさを向上させる「見出し」は重要なのです。

見出しの付け方のポイントについてご説明いたします。

 

SEO対策と見出し①「3種類の見出し」

見出しは、大きさで分けて6種類程度ありますが、

あまりに見出しの大きさがまちまちですと、返って見づらくなりますので、

「大見出し」「中見出し」「小見出し」と、3種類のみ使用します。

 

大見出しには、キーワードをすべて入れることがSEO対策上好ましく、

中見出しにはキーワードが重ならないように1つ入れることが望ましく、

小見出しは、キーワードは入れても入れなくても構いません。

また、見出しが30文字以上になると、

デバイスによっては1行で表示できないので、30字以下に納めます。 

 

文章が2,000字以上と長い場合は、この3種類の見出しを入れますが、

それ以下の短めの文章の場合は、

大見出しと中見出しだけでもすっきりして見やすいです。

 

見出し一つに150字~200字、1段落から2段落程度が妥当です。

例えば、800字の文章の場合は、

大見出し

100字(1段落)

中見出し

200字(2段落)

小見出し

100字(1段落)

小見出し

100字(1段落)

中見出し

200字(2段落)

と、細かく区切って文章を記すなら、見やすいコンテンツになります。

 

SEO対策と見出し②「見出しを使った見本」

では、上記の見出しの見本を使って、

実際にはどのようにコンテンツを作ることができるのかご説明いたします。

乳酸菌飲料Aを勧めるサイトの中で、

乳酸菌が腸に生きて届くのかを説明するコンテンツとします。

第一キーワードは「乳酸菌」、第二キーワードは「植物性」です。

 

大見出しは全てのキーワードを使うことが基本ですので、

「生存率はなんと90%以上!?腸まで生きて届く植物性乳酸菌」(28文字)

とします。

 

上の見本では中見出しを2つ使いますので、

それぞれに「乳酸菌」と「植物性」を含めます。

「ほとんどの乳酸菌は、実は腸に届くまでに破壊されている?」(27文字)

「酸にも熱にも強い植物性!日本古来の食事にも豊富にあった!」(28文字)

 

小見出しはキーワードを含めなくてもよいので

「胃酸や胆汁による破壊」と「熱による破壊」とします。

 

「生存率はなんと99%!?腸まで生きて届く植物性乳酸菌」

乳酸菌の数にこだわった飲料や食品はたくさんあります。

一日分で数百億個、多いものでは数兆個の乳酸菌を摂取できる商品もあります。

ですが、この豊富な乳酸菌がちゃんと腸まで届いているのでしょうか。(94文字)

 

「ほとんどの乳酸菌は、実は腸に届くまでに破壊されている?」

通常のヨーグルト1食分(100g)には、

乳酸菌が約100億個入っていると言われています。

乳酸菌は非常に小さな菌ですので、たくさん腸内に入って活動してくれれば、

体内にたまった老廃物や蓄積された脂肪分などを体外に出す効果があります。

 

通常のヨーグルトは牛乳由来ですので、動物性の乳酸菌です。

動物性の乳酸菌を使用した製品は多く、

手軽にコンビニやスーパーでもいつでも買えることが魅力です。

ですが、非常に大きな欠点を抱えているのです。(206文字)

 

「胃酸や胆汁による破壊」

ヒトの消化活動に欠かせない分泌液である「胃酸」や「胆汁」は強酸です。

動物性乳酸菌は非常に酸に弱いので、ヒトの体内に摂りこまれると

腸に届く前に、胃酸や胆汁などの強い酸で破壊されてしまうのです。(95文字)

 

「熱による破壊」

乳酸菌飲料や乳酸菌食品は、たいてい冷蔵庫の中など低温の場所で保管します。

なぜなら動物性乳酸菌は、熱にも非常に弱いからです。

ヒトの体内に取り込まれると、体温でも破壊されてしまうのです。(91文字)

 

「酸にも熱にも強い植物性!日本古来の食事にも豊富にあった!」

動物性乳酸菌は、生きたまま腸に届く確率がなんと1%未満と言われています。

100億個の乳酸菌が入っているヨーグルトを食べても、

腸へ届くのは1億個以下なのです。

 

ですが、熱にも酸にも強い植物性乳酸菌は腸まで届く確率が90%以上。

日本古来の発酵食品(慣れずしやすぐき漬け)などにも入っていますので、

日本人の腸とも相性抜群なのです。

生きた乳酸菌を摂取したいなら、植物性乳酸菌がおすすめなのです。(189文字)

 

SEO対策と見出し③「キーワード出現率」

見出しを付けると、キーワードの出現率が変わります。

見出しを挿入した後で、キーワード出現率を計算します。

 

今回の例文では、見出しの字数も含めると、全部で781文字になりました。

キーワードとなる「乳酸菌」と「植物性」は、

それぞれ18個、4個なので、出現率は6.9%と1.5%と計算できます。

 

第一キーワードである「乳酸菌」は、5~7%の出現率が望ましいので、

この文章で使用されている回数は適切なものと言えます。

ですが、第二キーワードである「植物性」は、

出現率3~5%が望ましいので、最低8回、出現させる必要があります。

 

今回の例文では「植物性」が4回しかありませんでしたので、

あと4個、文章の意味を変えないように自然に挿入します。

植物性乳酸菌の説明をする、2回目の中見出し以降に挿入します。

 

「酸にも熱にも強い植物性!日本古来の食事にも豊富にあった!」

動物性乳酸菌は、生きたまま腸に届く確率がなんと1%未満と言われています。

100億個の乳酸菌が入っているヨーグルトを食べても、

腸へ届くのは1億個以下なのです。

 

ですが、熱にも酸にも強い植物性乳酸菌。

この植物性が腸まで生きて届く確率はなんと90%以上なのです。

圧倒的に植物性が腸まで生きて届く確率が多いことが分かります。

 

日本古来の発酵食品(慣れずしやすぐき漬け)などにも植物性は入っていますので、

元々日本人の腸は植物性と相性が抜群なのです。

生きた乳酸菌を摂取したいなら、植物性。

特に吸収が早い植物性乳酸菌飲料がおすすめなのです。(258文字)

 

文字数が最初の例文と比較すると69文字増え、850字になりました。

18回使用される「乳酸菌」は6.4%の出現率ですので、

第一キーワードとして適正な使用回数と判断できます。

 

第二キーワードの「植物性」は9回、つまり3.2%の出現率となり、

第二キーワードとして適正な出現率になりました。

このように文章を修正することで文字数が変わり、

そのたびに出現率も変更されますので

キーワード出現率計算ツールなどを使用して測定するようにしましょう。

writing_sense1

SEO対策のもっとも重要な部分とも言える「キーワード出現率」。

どのような対策ができるのか、ご説明いたします。

 

SEO対策①「ペナルティを受ける出現率」

キーワードをたくさん盛り込んでコンテンツを作るなら、

グーグルやヤフーにおいて、そのキーワードで検索した時に

上位に表示されるでしょうか?

 

答は「NO」です。グーグルやヤフーなどの検索エンジンは、

故意に繰り返してキーワードを出現させると、

「意図的に検索順位を上げようとする行為」とみなされて、

ペナルティが与えられ、検索順位を下げられてしまうのです。

 

サーチエンジンが「意図的」と判断するのは、

キーワードを8%以上、文章中に含んだ場合と言われています。

例えば、1,000文字のコンテンツに

「医療保険」というキーワードを盛り込む場合は、

「医療保険」は4文字ですので、20回以上は繰り返してはいけないのです、

 

「医療保険」は4文字だけと短いですので、

1,000文字と言う限られたスペースの中で20回以上繰り返すのは、

確かに不自然で意図的な感じがします。

ですが、具体的な商品名である「医療保険スーパー安心ライフ」のように

長いキーワードの場合は、

7回以上繰り返すと意図的とみなされ、ペナルティを受けてしまうのです。

 

キーワードの長さと、コンテンツの長さに配慮して、

ペナルティを受けないようにしましょう。

 

SEO対策②「キーワードの適正出現率」

では、どの程度、キーワードが出現することが望ましいのでしょうか。

一般的に、もっとも際立たせたいキーワードは5~7%、

その次に際立たせたいキーワードは3~5%と言われています。

 

キーワードの出現率が8%を超えると、ペナルティの対象となりますが、

反対に少なすぎて3%未満になってしまうと、

検索エンジンによってキーワードとは判断されなくなってしまうのです。

「医療保険」をキーワードとして1,000字のコンテンツを作るなら、

もっとも際立たせたい言葉が「医療保険」である場合は13~19回、

その次に際立たせたい場合は8~12回挿入する必要があります。

 

「医療保険スーパー安心ライフ」の場合なら、

1,000字のコンテンツ中、第一キーワードとするならば4~6回、

第二キーワードとするならば3回挿入します。

 

出現率チェックツールの活用

このように、1つ1つのキーワードを数えて、適正個数を計算するのは、

骨が折れる作業ですし、時間の無駄でもあります。

無料で利用できる出現率チェックツール「ファンキーレイティング」を

活用して、時間短縮してみましょう。

 

ファンキーレイティングのページを開くと、

中央上部に「URLを入力」と「テキストを入力」を選択する場所があります。

まだ、ウェブ上にアップしていないコンテンツの場合は、

「テキストを入力」を選択し、空欄にコンテンツ全体をコピーして貼り付けます。

 

その下に、キーワードを入力する欄が3つありますので、

3つまでのキーワードと、それぞれ何%出現してほしいのかを指定します。

「チェック」ボタンをクリックすると、キーワードの出現率と

何個足りないもしくは多すぎるのかが、表示されます。

 

コンテンツとしてネット上にアップした場合

キーワード出現率を簡単にチェックできるファンキーレイティングですが、

注意をすべきポイントがあります。

 

コンテンツだけのキーワード出現率を計算すると、

理想的な出現率になったとしても、

ネット上にアップした場合、ヘッダーやフッター、サイドメニューなども

文字数やキーワードに数えられますので、

実際には、キーワードは少し少なめに見積もっておいた方が良いかもしれません。

 

アップした時には、

ファンキーレイティングのメイン画面の「URLを入力」を選択し、

サイト上でキーワード出現率が条件を満たしているのかをチェックしましょう。

layout1

コンテンツは文章も重要ですが、

レイアウトや画像、動画などの見た目も非常に重要です。

上手に外観を編集することで、SEO対策においても効果を発揮します。

 

SEO対策上の外観①「レイアウト」

パソコンの場合は上下スクロールですので、基本的に文章は横書きで記します。

文章は常に左上から始まり、右下で終わりますので、

左上から右下をつないだ線上に視点が移動します。

 

スクロールをしなくても全体が見えるような短いコンテンツの場合は、

左上から右下へ、対角線上に視点が移動します。

スクロールしなくては全体が把握できないコンテンツの場合、

ざっと左上から左下にまっすぐ見下ろしてから、左上にもどり、

重要と思われる部分だけを左から右へと視点を移動させます。

 

このサイトは有用だ、この情報をしっかりと取り入れたいと思う場合は、

左上から、1行ずつ右に視線を動かしていきます

概略をつかまないで読むため、行を抜かしたりせず丁寧に読み込みます。

 

この視線の動きをレイアウトに活かすなら、

商品のロゴや画像は左上が好ましく、

商品やサービスの購入や資料請求のボタンは右下にできます。

 

そしてなるべく丁寧に全ての文章を読んでもらうためには、

コンテンツ内に適度に空間を空けて、閉そく感がないようにし、

ところどころに小さなイラストなどの画像をはさみこみます。

 

SEO対策上の外観②「画像」

SEO対策の観点では、コンテンツの内容や読みやすさ、

長く信頼されているサイトであるかなどが評価の対象ですので、

「画像」はなくても、何の問題もありません。

 

ですが、上手に画像を挿入することで、

閲覧者に「見やすいサイト」「何が言いたいかすぐに分かるサイト」と

評価されるなら、

閲覧数も上がり、結果的には検索上位に表示されることにもつながります。

 

画像を効果的に使用して、閲覧数を上げ、

お金を稼ぐことができるサイトを作るためには、

画像のデータサイズをなるべく小さくし

どんな通信環境でも軽快に読み込めるように配慮します。

 

また、レイアウトが画像によって崩れてしまわないように、

レイアウトを最適にするための幅と高さに画像を固定します。

 

SEO対策上の外観③「動画」

動画も基本的には画像と同じく、データサイズをなるべく小さくし、

幅や高さを固定して、レイアウトの邪魔にならないようにする必要があります。

 

動画は画像に比べてデータ量が多いので、

読み込むのに時間がかかったり、表示されなかったりするリスクがあります。

1ページに2つ以上の動画を挿入することは控え

動画が表示できないときに、

どんな内容の動画なのかを説明するテキスト

表示されるようにしておきましょう。

rakutenka-do


みなさんこんにちは。

クレジットカードはたくさんの種類があってどれがいいのかわからない!

そんな悩みを抱えている方はぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

楽天カードはクレジットカード初心者に相応しい1枚と言えます。


楽天のクレジットカードが初心者に優しいワケ


クレジットカード初心者に楽天カードが優しい理由を紹介します。

1つは、年会費が無料な点です。
クレジットカードの中には入会後1年間年会費無料で2年目以降は年会費がかかるものも多くあります。しかし楽天カードは永久的に無料です。

2つ目は新規入会特典があります。
それは楽天カードの新規入会さらにそれの利用で5000円相当のポイントがプレゼントされるというものです。

入会特典で2000ポイント、カード利用特典で3000ポイントが贈呈されます。
詳しく説明すると、入会特典は入会後「楽天e-NAVI」という楽天カード会員専用の利用明細確認やキャンペーンを見ることができるオンラインサービスに登録後、受け取り申請をして5営業日以内に進呈されます。
さらにカード利用特典はカード初回利用日の翌月20日頃に進呈されます。ただしお申し込み日の翌月末までにカードショッピングを1回以上ご利用が必要です。

3つ目はクレジットカードのデザインを選べることもメリットです。
デザインの数は9種類あり、通常デザイン、ディズニー、FCバルセロナ、楽天イーグルス、お買い物パンダのデザインがあり、自分の気に入ったものを選ぶことができます。

年会費無料で自分の好きなデザインのカードを作って利用するだけで5000円相当もらえます。このカードを最初に持つだけでクレジットカードを持つことのお得さを感じることができます。


楽天カードの基本情報


楽天カードはクレジットの国際ブランドの

  • VISA
  • MASTERCARD
  • JCB
の3つから選べます。

VISA,MASTERCARDは全世界で最も普及しているブランドの2社です。
JCBは日本初のブランドで、海外でもハワイなど日本人が旅行によく訪れる国であれば利用できます。
最近では東南アジアなどにも普及されてきており、利用できる場所はどんどん増えています。

ポイント還元率は基本1%です。

街での買い物や、ネットショッピングでも100円(税込)につき1ポイントの楽天スーパーポイントがたまります。
利用一回度とではなく毎月の合計利用金額の1%が還元されるので、現金で払うよりもカード払いのほうがお得です。
楽天市場でのネットショッピングでは2%還元も普通で、キャンペーンでポイント10倍も少なくないので、お得です。

付属の機能として楽天ポイントカードの機能を楽天カードにつけれます。
楽天ポイントカードの加盟店はマクドナルドや大丸など多数あり加盟店での買い物を楽天カード払いにすると楽天カードのクレジットカード利用のポイントと別に楽天ポイントカードのポイントがダブルでたまります
さらに楽天Edyという
プリぺイド型電子マネーの機能も付いており、全国のコンビニなどの50万カ所以上の加盟店キャッシュレスな買い物ができます。


使うにつれて楽天ポイントがザックザク!


楽天カードはの楽天スーパーポイントはどこで使っても1%還元されますが、楽天の加盟店で利用すれば、その1%とは別に2%プラスされて最大3%のポイントが貯まります。

一番お得な加盟店はENEOSです。車のガソリンを楽天カードで支払いすれば、2%ポイントで還元されます。

ご家族でよく旅行をされたり、遠くへ通勤している方、車に乗ることが好きだという方にはうれしいサービスですね!


万全のセキュリティ対策


まず楽天e-NAVIの利用の際のセキュリティ面について説明します。

楽天カード利用者のオンラインサービスである楽天e-NAVIは誰かに不正アクセスされると使用者のカードの利用明細などの個人情報が見られてしまいます。


しかし楽天はセキュリティ強化のため、第二パスワードを無料で設定できます。
この第二パスワードの入力を一定回数間違えた場合は登録してるメールアドレスに通知がいき、不正ログインを早期発見することができます。
さらに最近はスマホでの利用が多いです。
スマホアプリでのログインは指紋認証ででき、より安全にオンラインサービスを利用できます。

次に、楽天カードのセキュリティは本人認証サービスがあります。
このサービスはインターネットショッピングの際にクレジットカード情報に加え、会員自身が設定したパスワードを入力しなければいけません。
これによりクレジットカードの盗用などのなりすましなどの不正利用を防ぐことができます。

さらに万が一不正利用されても楽天カードを利用した際にメールでお知らせが届くようにするサービスもあり不正利用にすぐ気づきことができます。
また、もしも仮に不正利用されていたとしても楽天カードにはカード盗難保険がついており、紛失・盗難届けを出した60日前に遡り、それ以降の損害額を楽天が負担してくれます。

続いて楽天カードのセキュリティ体制について説明します。

1つ目はカード紛失・盗難された場合は、不正利用防止のため、紛失・盗難専用ダイヤルがあります。24時間365日対応しており、カードの利用停止や盗難保険を利用できます。

2つ目は不正検知システムがあり、24時間365日監視体制でモニタリングしてくれます。
もしカード利用に不審な点があればカード利用者にメールまたは電話で確認の連絡がいきます。
利用に覚えがない取引がある場合はカードの再発行をすぐに行うことができます。

3つ目はカード偽造防止チップを搭載していることです。
ICチップの中に利用者の情報を暗号化して保存することが可能で、これによりカードの偽造や解析が極めて難しくなっています。

4つ目は楽天カードはISMS( 情報セキュリティマネジメントシステム)を取り入れており、カード利用者の個人情報を安全に管理しています。さらに国際規格ISO/IEC 27001  ISMS認証を取得しております。

以上により楽天カードは万全のセキュリティ対策を保っています。


旅行もオトクに!?楽天カード×旅行


楽天カードは海外でも利用することができ、持っているだけで旅行をお得に楽しむことができます。
そのメリットを紹介します。

1つ目のメリットは海外でもポイントがたまることです。

楽天カードは国内同様、海外でのショッピングの利用額1%がポイントで還元されます。

2つ目は海外キャッシングです。

これは旅行中現金が足りなくなってしまったり、夜中に現地に到着する場合も安心で、海外のATMで現地の通貨を引き出すことができます。これにより両替の手間がかかりません。
海外旅行が初めてで海外のATMの使い方がわからない人でもサービスが手厚く、
「楽天e-NAVI」で海外のATMの使い方をデモ体験することができます。

海外キャッシングを利用する場合気をつけるべきことはカードの利用可能額の確認です。
お金を引き出したくてもこの利用可能額を超えてしまった場合引き出せません。

それも楽天e-NAVIから一時的な増額または、キャッシング利用可能額の増額をすることができるので、旅行前の申請をおすすめします。

3つ目は楽天カードに海外旅行傷害保険が付いていることです。

この保険が有効になる条件は日本を出国する以前に自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)または、海外旅行代金(海外航空券、海外ツアーの料金)を楽天カードで支払っていることです。

補償内容は傷害死亡・後遺障害の最高額が2000万円、損害・疾患治療費用の1事故、1疾患の限度額が200万円、賠償責任の1事故限度額2000万円、救援者費用が年間限度額200万円、携行品損害の年間限度額が20万円です。さらに海外アシスタンスサービスにより電話一本で海外旅行中の緊急医療を日本語でサポートしてくれます。

4つ目は海外ラウンジサービスです。

楽天カードも持っているだけで、会員専用のハワイ・ワイキキ楽天カードラウンジを無料で利用できます。
楽天カードで利用できる空港ラウンジはハワイだけで、国内や海外空港ラウンジを使うには楽天ゴールド以上のカードを所持している必要があります。
しかし無料のクレジットカードの中でも空港ラウンジサービスが付いているものは少なく楽天カードの強みと言えるでしょう。

以上が旅行が旅行についても楽天カードのメリットです。


楽天カードの入会条件について


楽天カードが公式に発表している入会条件は「満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く」です。わずか2行です。

この文から分析できる審査基準は、

  • 学生など、年収が50〜100万円前後しかない方でも申し込み可で、わざわざアルバイト、パート可と明記しているということはそれらを楽天カード側が歓迎しているということ
  • 20歳以下の未成年も歓迎していること
  • 収入が全くない専業主婦の方でも申し込み可で、旦那さんと一枚ずつ持つことができること
がわかります。

他にもネットでの情報によれば、
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 老齢、障害者年金などの年金受給者
  • 60歳以上の方
  • 投資家
  • 個人事業主
  • 期間従業員
などでも作成が可能とのこと。

無職でも預貯金などの資産が300万円以上ある方は作れる可能性が大で、資産300以下の方や赤字の個人事業主でも作れる可能性があります。

楽天カードが重視しているのはその人が働いているか定期収入があるかどうかです。

楽天カード入会審査はスコアリング方式で、入力した個人情報を点数化し、その総合得点でカードを発行するか決めています。

なので無職でも楽天カードを作ることができる理由は、300万円以上の金融資産を持っているという項目に対する点数が高いからです。
反面、無職・金融資金0円ではどうしても点数が伸びずに審査を突破できる点数になりません。

さらに点数には過去のクレジットカードやキャッシング、ローンといった利用履歴(クレジットヒストリー)も点数の対象なので、

  • 過去に住宅ローンや車のローンの返済が遅れがちだった方
  • 消費者金融の返済が滞ったことがある方
  • 10枚以上のクレジットカードを持っている方
  • 過去半年の間に他のクレジットカードの審査に3枚以上落ちている方
  • 住宅ローンや奨学金の返済を延滞している方
なども審査突破が難しいです。


ただし、初めてクレジットカードを持つ人(スーパーホワイト)は審査に置いて不安はありません。

結論的に作れない方は高校生、貯金0で資産のなく全く働いていない無職の方、クレジットヒストリーが極端に悪い方だけです。

ここまでの情報で楽天カードは入手しやすいカードということがわかります。



楽天カードアプリでもっと便利に!



楽天カードアプリを使えば明細管理も支出管理も楽々、お得で便利な機能が満載です。
たとえば、

  • マルチデバイス対応
  • ダウンロード無料
  • 指紋認証ログイン対応でアプリがより安心・便利に
  • 軌道から承認まで2ステップ

指紋認証機能でより簡単より安全にアクセスすることが可能です。


ios・Android両方に対応


Iosのtouchidだけでなく、Aandroidの指紋認証機能にも対応。


第二パスワードも指紋で認証


ご設定頂いている第2パスワードも指紋認証ログイン機能で認証可能



より簡単より安全に



指紋認証ログイン設定で、安全かつ便利にログインできます。楽天カードのご利用額がいつでもどこでも確認できる


また、ご利用明細を端末に保存することで、楽天e-NAVIにログインせずにご利用明細情報が確認できます。明細画面からのご利用額の調整も可能です。


街のお買い物でもTouchポイントが使える、貯まる!

楽天ポイントカードを連携すると、ご利用明細画面右上アイコン、その他画面右上アイコン、アプリアイコンの3D Touch(※)よりワンタッチでバーコードを表示。
お会計時に提示するだけで、ポイントを使ったりためたりできます。

※3D Touchはiphone 6s以降の機能になります。


家計簿として支出の管理ができる


楽天カードご利用分は入力不要、自動で家計簿に反映されます。

カード以外の支出は入力不要、自動で家計簿に反映されます。

カード以外の支出は手入力・レシートと撮影で簡単に登録。

カテゴリーや予算を設定すれば、グラフで楽しく支出管理が出来ます。

  • レシート撮影機能:沢山のお買い物も簡単入力。
  • グラフ表示機能:楽しく、分かりやすく、支出管理
  • カード明細自動取り込み:楽天カード利用分が入力不要
  • データ同期機能:PCでも、スマホ・タブレットでも利用できる


キャンペーンもポイント常に確認


期間限定、お得なキャンペーンの上場がすぐに確認できます。

また、保有ポイントを確認した後、すぐのご利用や貯める事ができます。


楽天カードのデメリットは実際どうなの?


・クレジット機能の無いカードを使いたい
 プリペイド式の楽天ポイントカードを推奨します。


・楽天カードのデザインがダサい
 楽天のオンラインショップでデザインを選ぶことができ、女性向けのデザインが多い印象があるので、女性にはとても重宝するカードだと思います。


・対応が悪い

 コールセンターの対応が悪いこともあると思いますが、ネットで調べれば分かる事をわざわざ聞かなくてもいいと思います。



●楽天カードは誰にお勧め?

楽天ポイントカードは特に学生や女性にお勧めです。


楽天通販で買い物をすることの多い方、楽天モバイルを契約している方、

クレジットカードとして飲食店や交通機関や買い物で使えるのでビジネマンの方など幅広い層に勧めることができます。


まとめ


いかがだったでしょうか?今回は楽天の中でも最もベーシックな楽天カードについて紹介しました。
何と言っても年会費が無料で持つことで不利益を被ることは無いので、初めてクレジットカードを持とうと思っている方やどれがいいのかよくわからないという方にはおすすめです。
余計な機能がついていない一番シンプルなカードです。


ウェブライターに依頼した文章が完成したら、次は編集作業です。

編集作業では、SEO対策を強化し、

より読みやすい文章に仕上げていきます。

サイトや企画によっては、

編集作業までウェブライターに任せられている場合もあります。

 

SEO対策に向けた編集①「文章量の調整」

編集作業では、まず文章量を調整することから始めます。

元の意味を変えずに、適切な長さに変えていきます。

コンテンツによっては強化目的で2,000字以上必要とすることや、

軽い読み物として位置づけられるコンテンツは800字など

目的に合った、最適な長さに編集します。

 

文章量を増やす場合

数文字増やす場合は、具体例を一つ増やすだけで完成です。

乳酸菌飲料Aの販売目的のコンテンツを作成する場合、

「小さなお子さまにも、安心して飲める乳酸菌飲料です」という24文字の文章を

30文字以上に編集するなら、

「小さなお子さまからご高齢の方まで、家族みんなで飲める乳酸菌飲料です」

と、具体例(ご高齢の方)を一つ増やすだけで

文章そのものの内容を変えずに、長くすることができます。

 

数十文字~100文字程度増やす場合は、

具体例とその具体例が生む結論もしくは派生する話題を一つ増やします

 

例えば、

「おなかの中がすっきりすることで、毎日規則的な生活が送れ、

健康になってきたと報告する人が多いです」という47文字の文章を

90文字以上にする場合は、

「おなかの中がすっきりすることで毎日規則的な生活が送れるだけでなく、

生活にハリが出ることで活動的になり、

スポーツやジムなどにも積極的に参加するようになり、

健康になってきたと報告される方も多いです」と、

 

規則的な生活だけでなく「生活にハリが出ること」という具体例を加え、

その具体例が生み出す「活動的になり、スポーツやジムにも参加する」

という事象を付け加え、

意味は最初の文章と変わらないながらも、文章量を増やせるのです。

 

文章量を減らす場合

数文字単位で文章量を減らす場合には、

文章量を増やす作業と反対の作業、つまり具体例を1つ取り除きます

 

例えば、「乳酸菌を毎日定期的に飲むことで、

肌がワントーン明るくなる方や、美白効果を得る方もいます」という文章を

あと10文字以上削らなくてはならない場合は、

「乳酸菌を毎日定期的に飲むことで、美白効果を得る方もいます」と、

具体例(肌がワントーン明るくなる)を1つ取り除くことで、

文章を変えずに、文字数だけ減らすことができます。

 

同じように、全体を数十字から100文字程度減らす場合には、

具体例を1つと、それに対応する結末や事象を削減します。

 

全体の構成を変えないように、あくまでも「具体例」だけに注目し、

もっとも効果を生む文章量に調整していきましょう。

 

SEO対策に向けた編集②「文の長さの調整」

文章全体を適切な量に調整するだけでなく、

文一つ一つが読みやすい長さになっていることも、SEO対策上、大切です。

「乳酸菌飲料を飲むことで、毎日朝からスッキリできるだけでなく、

肌にも透明感が出てきて『美肌になったね』と言われることも多く、

毎日嬉しいですが、価格が少し高めなのが気になります」

という文章は、読みやすいでしょうか。

 

「乳酸菌飲料でスッキリできる」という情報と、

「美肌になって嬉しい」という情報、そして「価格に対する不満」の3つが

1つの文章にまとめられていますので、

非常に読みにくく感じるのではないでしょうか。

 

「乳酸菌飲料を欠かさずに飲むことで、

毎日スッキリとした日を送ることができています。

不要なものを毎日出しているからか、肌にも透明感が出てきて、

『美肌になったね』と褒められる機会も増えました。

嬉しいことばかりなのですが、

毎日ずっと続けていくには価格が少し高めなのが気になります」

のように、文章を細かく分けることで、

より言いたいことが伝わる文章になります。

 

1つの文には、メインとなる主張が1ないし2が望ましく、

3つ以上の主張があると、読みづらく感じます。

また1つの文は、40文字~60文字が読みやすい長さと言われています。

強調するときなどは、もっと短いフレーズでも問題はありませんが、

60文字以上に長くなることは避けた方がSEO対策上、お勧めです。

 

SEO対策に向けた編集③「段落の調整」

適切に改行することで、読みやすさを一段アップさせることができます。

1つの段落は3~5行が見やすいと言われています。

意味が途切れないように注意をしながら、

なるべく3~5行になるように改行しましょう。

 

また、段落と段落の間が詰まった状態で4つ以上繋がっているなら、

文字が多すぎる印象や、かなり硬い印象を与えてしまいます

柔らかい調子で商品やサービスを宣伝する文章の場合は、

段落ごとに1行あけたり、

2~3段落ごとに1行空けることもお勧めです。

 

また、段落を調整するときに、際立たせたい表現を

太字にしたり、色を変えたり、「」で囲んだりできます。

強調したい文字の大きさを大きくすることは、

大企業のサイトや政府広報のサイトではあまり使われる手法ではないため、

素人感が出てしまい、あまりおすすめできません。

 

SEO対策に向けた編集④「不要な表現を省く」

ウェブコンテンツを書いていく上でもっとも大切なことは、

文章の読みやすさと内容の分かりやすさです。

凝った表現や、省略しすぎる表現は、ウェブでは求められていません。

 

指示代名詞

「乳酸菌飲料Aはおいしいだけでなく、すぐれものです。

これはあなたの健康を守り・・・」という文章には、

「これ」という指示代名詞が含まれています。

 

もちろん「これ」というのは、乳酸菌飲料Aのことですが、

指示代名詞で表現することで、乳酸菌飲料Aを宣伝する効果が薄れます。

「乳酸菌飲料Aはおいしいだけでなく、すぐれものです。

乳酸菌飲料Aはあなたの健康を守り・・・」とする方が、

商品の販売を促進するという本来のコンテンツの目的にもかない、

ウェブ的に「良い文章」と判断されます。

 

ですが、あまりにも「乳酸菌飲料A」を連呼してしまうならば、

しつこい印象を与えかねません。

適度にすっきりさせるために、指示代名詞を使用するのも大事です。

 

ウェブコンテンツにおいて、強調したいキーワードは

3%~7%含まれているのが理想です。

例えば「乳酸菌飲料A」ならば6文字ですので、

1,000文字のテキストならば、5回から11回使用するのが最適です。

少なすぎないように、そして多くなりすぎないように

指示代名詞などを使用して調整しましょう。

 

接続詞

接続詞を入れすぎるならば、内容が希薄に感じられますし、

反対に接続詞を使わなさすぎるなら、前後関係が分かりにくくなります

文章を何度も声に出して読むことで、

自然で意味が通りやすい文章に整えていきましょう。

 

無駄に長い表現

「乳酸菌を採り入れることは、体にとって非常によいこととなります」

この文章は、回りくどい印象を与えませんか?

「乳酸菌は、体にとって大事です」と簡潔に書くことで、

内容が濃く、信頼性の高い文章になるのです。

「こと」や「もの」、「すること」「ことができる」などは

使う時に、代替表現はないか探してみましょう。

shinyou1

ネット上では、お互いの顔が見えません。

ネットのコンテンツを見る閲覧者は、いつも頭の片隅に、

「この情報は信頼できるのか」「このサイトは信頼できるのか」と、

疑問を持っているのです。

 

特に、お金を支払うことになるショッピングサイトでは、

「ちゃんと商品が届くのだろうか」「偽物や別物が送られてこないだろうか」

「クレジットカード情報や個人情報を悪用されないだろうか」と、

不安が非常に高まるのです。

 

ですから、一度購入したことがあるサイトや、

企業の認知度が非常に高いサイトを使って、

ネットショッピングする人が非常に多いのです。

 

このように、顔の見えない相手から信用を得ることは

決して簡単なことではありません。

どのようにすれば、信頼されるコンテンツを作ることができるのかを

ご説明いたします。

 

信頼性を上げるSEO対策①「すでに信頼性の高いものを活用する」

誰もが知っている著名人や、認知度が非常に高い企業や商品を押し出すことで、

コンテンツを使ってお勧めする商品やサービスの信頼性を上げることができます。

 

ですが、そのようにすでにある程度の信頼を得ている企業や商品を使用する場合は

その企業や商品の営業の邪魔になるような取り上げ方は避けるべきです。

 

例えば、Aという乳酸菌飲料の販売を目的とするコンテンツを作成する場合、

「みなさんがご存じの人気乳酸菌飲料Bは、

乳酸菌の量が少ないだけでなく、

実は、乳酸菌が腸に届く前にほとんど死滅してしまっているのです」と書くならば、

Bの営業妨害とみなされてしまいます。

 

また、健康的なライフスタイルで人気のモデルC子さんが

Aを飲んでいるかも分からないのに、

「人気モデルC子さんの美肌の理由はAにあった!」などと虚偽の情報を書くならば、

有名人を使ってコンテンツの信頼性を上げるどころか、

サイト自体の信用も一気に落としてしまうことになります。

 

信頼性を上げるSEO対策②「サイト作成者の実在性を示す」

個人的にサイトを作成しているのではなく、

きちんとした企業がサイトを作成していることを示すなら、

コンテンツに書かれてある情報も信頼性が高いと判断されやすくなります。

 

サイトを企画している会社の住所や代表者、電話番号を明示し、

他にどのような仕事を行っているのか

どのような種類の商品を取り扱っているのかなどの会社概要も記します。

過去の実績なども併せて記載するならば、

さらに信頼性が増すでしょう。

 

また、時間とスタッフに余裕があれば、

「お客さまサポート」として、メールや電話窓口を記しておき、

閲覧者とサイト作成側が相互にコンタクトをとれるようにしておくのも、

コンテンツの情報や、サイト自体の信頼性を高めることになります。

 

信頼性を上げるSEO対策③「正確なデータを示す」

乳酸菌飲料Aの販売を目的とするコンテンツを作成する場合、

「Aを1週間飲むと、ほとんどの人が腸内環境が改善されたと実感しています」

と書くならば、説得力のある情報と言えるでしょうか。

 

Aを1週間続けて飲んだ人を対象にアンケートをとり、

円グラフや棒グラフなどを使用して、

・朝、便意を感じるようになった 87.5%

・肌の調子が良くなった 77.9%

・体が軽く感じる 69.8% ・・・

(Aを1週間試した人、200人にアンケートをとりました。重複回答あり)

 

などのように具体的な数字や人数、具体的な効果を

データを使って記すことで、

コンテンツの情報の信頼性を高めることができるのです。

 

信頼性を上げるSEO対策④「利用者・識者の声」

コンテンツを作る側としては、

お勧めする商品のメリットを前面に出すのは当然のことです。

コンテンツを読んでいる閲覧者も、

「コンテンツ作成者はこの商品を売りたいんだ」ということを理解していますので、

いくら「素晴らしい商品」「他にはないサービス」と書いたところで、

説得力に欠けてしまうのです。

 

ですが、実際に利用した人や一般的に識者とされる人の意見を掲載することで、

「第三者にも認められた信頼性の高い商品・サービス」であることを

アピールすることができます。

 

例えば、乳酸菌飲料Aの販売を目的とするサイトなら、

実際に1年間飲み続けてきたお客さまや

乳酸菌研究者、医師や大学教授などの医学・栄養学の権威などの

意見を掲載することで、

自画自賛ではない、第三者も認めた商品であることがアピールできます。

 

このようにお客さまや研究者、識者の意見を掲載する場合は、

その人の簡単なプロフィールと写真を添えるなら

コンテンツの情報が、より一層信頼性を増します。

 

信頼性を上げるSEO対策⑤「デメリットや疑問点も掲載する」

どんなに良い商品やサービスでも、デメリットや限界となる点があります。

あえてデメリットや疑問点に触れることで、

「嘘をつかないサイト」であると信頼させることができるのです。

 

SEO対策の観点でも、文章の信頼性は重視されるポイントです。

あとで返品やクレームとならないためにも、

初めから不利益な情報も掲載することが大事なのです。

 

乳酸菌飲料Aの販売を目的とするコンテンツを作成する際に、

「全ての乳酸菌が生きたまま腸に届くのではありません」と

誤解を招かないように記載したり、

「乳アレルギーがある方は、医師の相談を受けてください」などの

注意を喚起する内容を記したりすることで、

「万能ではない乳酸菌飲料」だけれども

「信頼できる情報を与えてくれるサイト」だとアピールできます。

colored-numbers1

1ページにどれくらいの文章が書かれていると、ネットユーザーたちは「読みやすい」と感じるのでしょうか。
適切な文章量」も、サイトの目的や想定する閲覧者によって異なります。
SEO対策のための文章量について見ていきましょう。
 

目次機能をつけない場合


一般に、1分間に読める文字数は500文字から800文字と言われています。
じっくり読む場合はもう少し時間がかかるかもしれませんし、要点だけを斜め読みする場合は、1分間に1,000文字程度読めるかもしれません。

コンテンツをパソコンで表示させて読む場合、コンテンツのメインとなる文章以外にも、ヘッダーやフッター、サイドバーなどが表示されますので、コンテンツの文字数以上の文字が、閲覧者の目に入ることになります。

画面をスクロールさせることなく一目で全ての内容が目に入るためには、一つのコンテンツを500文字以下に設定する必要がありますが、500文字ではヘッダー+フッター+サイドバーの文字量より少なくなる恐れがあり、グーグルやヤフーなどの検索エンジンから、コンテンツだと認識されにくくなり検索対象と判断されない可能性があります。

SEO対策の観点では、コンテンツのみで800文字以上あるならば、ヘッダーやフッター、サイドバーではなく一つのコンテンツとみなされて、検索上位に表示される可能性も出てくるのです。

では、あまりに文章量が多いならどうでしょうか。
パソコンのように大きな画面で表示できるデバイスでも、何度もスクロールさせる必要が出たり、コンテンツを読み込むのに時間がかかってしまうかもしれません。

また、スマートフォンなどの画面が小さいデバイスで表示させるときは、スクロールさせる回数が多すぎて、どこまで読んだかわからないことや、そもそも手軽に情報を収集する手段であるスマートフォンの本来の使い方とは、異なってしまう恐れがあります。

これらから、「読みやすさ」が評価対象となるSEO対策上、2~3分で一つのコンテンツが読める1,500~2,500文字が最適と言えるのです。
この程度の長さのコンテンツなら、必要な情報をたくさん盛り込みつつ長すぎない印象も与えることができるのです。

一般的な商品やサービスの販売の場合は、1,500~2,500文字が最適ですが、ブログ調で書かれた、主にスマートフォンで読まれることを想定した美容関係や服飾関係のコンテンツは、800~1,800文字程度の少なめの分量がふさわしいです。

じっくりと考えさせるコンテンツなのか、気軽に良い商品やサービスをお勧めするコンテンツなのかによって、文字数も使い分けていくようにしましょう。
 

目次機能をつける場合


コンテンツを作成するツールでは、目次機能をつけることもできます。
目次機能とは、目次の中で読みたい部分をクリックすると、その文章が書かれている個所に飛ぶことができる機能です。

1つのページに膨大な情報があっても、目次機能が上部についているなら必要な情報だけ選択して読めます。
また、目次が表示されることで、サイト全体に何が書かれてあるかも把握できます。

この場合は1冊の本が1つのページに表示されているのと同じですので、7,000~10,000文字程度あっても、閲覧者の負担になりにくいです。
見出しを適切に付けることで読みやすいコンテンツになりますので、SEO対策上も非常に良い手段と言えます。

ノウハウ系の文章や内容が固いもしくは専門家向けに書かれている文章は、10,000字以上の多い文章量がふさわしいと言えます。
あまりに文字数が少ないなら、内容がうすいと判断されるかもしれません。
 

文字数を数える


「Microsoft Word」では、文字数が自動的に表示されますが、コンテンツを作るテキストエディターによっては、「メモ帳」などのように文字数がカウントできないものもあります。

その場合は、無料で使える「サクラエディタ」を利用したり、作成した文章をコピーして、無料で公開されている「文字数カウンター」ページで文字数をカウントすることができます。

コンテンツの文字数を最初から指定している場合には、全角文字と半角文字をどのようにカウントするかも定めておきます。
全てを1文字としてカウントする設定と、全角は2文字、半角は1文字としてカウントする設定があります。

全角と半角を異なる文字数としてカウントする設定では改行は2文字とカウントされますので、改行した数に2をかけて全体の文字数から差し引く必要があります。

以上のように、目次機能の有無によって最適な文章量は異なります。
利用しているブログサービスやウェブサイトの機能に合わせて使い分けてください。

SE対策の各記事へはこちらのまとめページからどうぞ。
⇒ SEO対策をしてお金を稼ぐ方法!まとめ

00264-450x3371

読みやすいサイトを構築するためには、

サイト全体に「統一感」がある必要があります。

サイトに「統一感」を生み出すには、どんなことができるでしょうか。

 

話者のキャラクターを設定する

コンテンツを一人で作成する場合も、複数人数で作成する場合も、

執筆者の性別や年齢、おおまかな性格などを設定しておくなら、

コンテンツ全体が一貫性のあるものへと仕上がります。

 

複数のキャラクターを設定する場合

例えば、医療保険の加入へと導くコンテンツを作成する場合、

A「医療保険を選びたいけれど、どれが良いのか分からない20代女性」

B「医療保険自体に懐疑的な30代男性」

C「医療保険を販売する30代男性」

D「医療保険をお勧めしてきて30年以上のベテラン販売員の50代女性」

 

などと、ある程度具体的にキャラクター設定をしておかなければ、

あるページでは何も保険についての知識がないのに、

別のページでは保険についての膨大な知識を有していたりと、

サイト自体の性格が破綻してしまいかねません。

 

コンテンツによってキャラクターを使い分けるのも良いでしょう。

「保険って必要あるの?無駄になってしまうのでは?」という

保険の有用性を問うコンテンツでは、

BのキャラクターとDのキャラクターの会話形式で話を進めるのも

良いかもしれません。

 

このようにキャラクターを複数使い分けるときには、

サイトの下部もしくは上部で「キャラクター紹介」をしておく方が、

閲覧者の混乱を招かず、分かりやすさの点でもお勧めです。

 

キャラクターを一人に固定する場合

また、キャラクターを一人だけに固定してしまうこともできます。

Aのように保険選びに悩む若い女性目線で書き進めたり、

Cのように専門家の立場で、保険について述べていくのも

設定がぶれなければ、サイトに統一感が生まれます。

 

キャラクターに合った言葉遣いやキャラクターの知識量も

初めに設定してしまうことで、

読みやすいサイト、SEO対策ができてお金を稼ぐことができるサイトに

仕上がるのです。

 

文体の統一

コンテンツによって文体が異なるなら、閲覧者に「読みにくい」と判断されます。

また、サーチエンジンにも「読みにくい」サイトと判断され、

SEO対策の観点からは、問題があるサイトとなってしまいます。

 

文末の統一

文章には、「だ、である」調と、「です、ます」調があります。

また、もっと気楽な「友だちに話しかける」調もあります。

どれが正解と言うのではありませんが、

目的や紹介するものによって、最適の文末調が変わります。

 

例えば、医療保険の加入を勧めるコンテンツを作成する場合、

丁寧な感じを与える「です、ます」調がふさわしいかもしれません。

新しいタワーマンションの紹介や、FX口座開設への誘導の場合、

断定的で強さを感じさせる「だ、である」調が

説得力を増す文末表記となるでしょう。

ダイエットサプリメントの体験記や購入を勧めるコンテンツなら、

より親近感を持ってもらえる「友だち口調」が効果的です。

 

このように、何を目的としているか、どんな種類の商品を勧めているかで、

最適な文末表記があるのです。

 

数字・英字の統一

初めに設定しておいた方が良いのは、キャラクターと文体だけではありません。

数字や英字の表記も統一しておくなら、

より読みやすく、SEO対策ができたコンテンツが仕上がります。

 

数字の場合は、全角にするか半角にするか、漢数字を混在させるか、

を設定しておくことができます。

1桁の数字を書くときは全角表示で、2桁以上は半角、

漢数字は四字熟語以外は使わないなど、

例外がないように統一しておくなら、

複数のウェブライターで執筆作業を行っても、

違和感のないコンテンツ・サイトが作成できるでしょう。

 

英字の場合は、全角にするか半角にするか、小文字も交えるかなどを

初めに設定しておきましょう。

初めの文字だけ大文字であとは小文字で表記、略語は全て大文字で、

全角は使用せず、全て半角で記述するなど、

数字と同じように例外がないように統一しておくことができます。

検索上位にサイトが表示されるためには、

ネット上に一定期間以上(6カ月以上と言われています)

公開されている必要があります。

 

ですから、テーマをある程度決定したら、

すぐにサイトを公開する方が、SEO対策の観点からは好ましいと言えます。

 

長く公開されているサイトは信頼性が高いと評価され、

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンでは上位に来るので、

閲覧数も増え、商品やサービスの販売などのサイトの目的も達成され、

結果的には、お金を稼ぐことができるサイトになるのです。

 

ウェブ上に公開されたコンテンツは、

いつでも簡単に修正や追加ができますので、

大筋が決まったらすぐに文章を書き始めていきましょう。

土台となる文章の書き方について、ご説明いたします。

 

SEO対策ができた文章①「着地点を定める」

小説などの文学作品は、作家が筆の赴くままに書き進めることもあります。

推理小説やミステリーの場合は、初めにトリックや結末を決める場合もあります。

どのように文章を書いていくかは、

作家によって、また作品によっても異なるのです。

 

文学作品は、結末も重要ですが、結末までの過程や文章の美しさ、

表現方法の巧みさが、その評価の一部となりますので、

このように「筆の赴くまま」のスタイルでも問題はありません。

 

ですが、ウェブコンテンツの場合は、

「商品やサービスの販売」「来店への勧誘」など明確な目的がありますので、

まず文章の着地点から決めて、書き進めなくてはいけないのです。

 

医療保険の加入を勧めるコンテンツを作成するとしましょう。

タイトルが「医療保険のさまざまなタイプ」となっていても、

ただ医療保険の種類を羅列するだけでは、

医療保険の加入と言う目的を達成することができません。

 

着地点を「子どもが小さい人はAの保険、

子どもが手を離れた人や夫婦2人の世帯にはB、もしくはCの保険」と、

初めから決めておくなら、

文章が目的からぶれずに、一貫して書き進められるのです。

 

SEO対策ができた文章②「文章構成が明確」

文学作品なら、前置きが長い文章や、最後の最後にどんでん返しがある展開でも、

もちろん問題はありません。

ですが、商品やサービスの販売など、具体的な目的があるウェブコンテンツは、

そのような文章構成では説得力が出ないのです。

 

多くの人に読まれるサイト、つまり分かりやすいコンテンツにするためには、

対象を具体的にしたニーズや問いかけなどの「前振り」の部分があり、

起こりうる不具合や、考えられるメリット・デメリットなどの

「結論を導くための根拠」の部分が続き、

コンテンツの目的を明確にした「着地点」で閉めることができます。

 

もちろん、目的を最初に述べてしまう「倒置法スタイル」もありますが、

最初に結論を述べてしまうと、コンテンツを読む必要がないと感じたり、

商品やサービスを押しつけられていると感じたりする閲覧者もいるのです。

 

ですから、オーソドックスに「前振り」→「根拠」→「着地点」のスタイルで

コンテンツを作成していくのが、SEO対策的にはオススメなのです。

 

SEO対策ができた文章③「前振りの2つのスタイル」

前振りの部分で閲覧者を引き込むことができれば、

コンテンツを最後まで読んでもらうことができます。

コンテンツを最後まで読んでもらうならば、

商品やサービスの購入や店舗への来店などの目的を、

達成する可能性も高まります。

 

前振り=キャッチセールス

つまり、前振り部分は、キャッチセールス担当といえるのです。

デパートの化粧品売り場で、

店舗内に立ってお客さんを待つ販売員もいますが、

通路に出て、通りがかるお客さんに積極的に

「新商品、試してみませんか?」と声を掛ける販売員もいます。

 

このキャッチ担当の販売員を観察すると、

「今なら、無料でお肌のチェックができますよ」とか

「簡単なアンケートにご記入いただければ、サンプル差し上げてます」などと

「メリット」を前面に押し出すことで、

上手にお客さんの足を止めている人もいます。

 

ただ「新商品ですよ」「とっても良い商品ですよ」と言うだけでなく、

「無料お肌チェック」「サンプルプレゼント」という

具体的なメリットを提示することで、

お客さんのキャッチ率を向上させているのです。

 

コンテンツのキャッチとは?

同じことが、コンテンツの「前振り」にも言えます。

「医療保険は、必要です」とただ述べるのではなく、

「いざという時のために、貯蓄にもなる医療保険がある」とか

「放射線治療を受けると、1回で○○万円もかかる」などと

具体的なメリットや、保険加入しない場合の不安などを提示することで、

コンテンツ閲覧者の興味をグッと引き付けるのです。

 

順接的な前振り

興味を引く「前振り」には、このように2つのパターンがあります。

1つは、一般的ではあるけれども、

閲覧者のメリットや常識の範囲内の事例を書くことです。

 

医療保険の例であげると、「貯蓄にもなる保険」です。

貯蓄にもなる保険自体は、特に目新しいものではありません。

ですが、存在を知らない人や、

掛け捨ての保険がもったいないと感じている人なら、

充分に興味を引く「前振り」となるのです。

 

このように順接的な前振りで始まった文章は、

「根拠」の部分に、掛け捨てと比べてどのくらいお得なのか、

どの程度の保険金が支給されるのかなどの具体的なメリットを書き、

「損にならない医療保険に加入しましょう」と着地できるのです。

 

逆説的な前振り

「放射線治療を受けると、○○万円かかる」と閲覧者の不安をあおったり、

「掛け捨ての保険なんて、もったいない」などと

保険を勧める立場のはずが全く反対のことを「前振り」の部分に書くことも

閲覧者の興味を引き付けるスタイルです。

 

その場合は、「根拠」の部分に、

「Aという保険なら、放射線治療を無制限にカバーできます」とか

「掛け捨て以外の貯蓄型保険もあります」などのように

「前振り」の部分を具体的に補う内容を列挙します。

そして、順接的前振りと同じく、「保険に加入しましょう」という

着地点に到達することができるのです。

tech_keyboard1

コンテンツのテーマが決まったら、テーマに沿った情報を収集します。

SEO対策の観点では、オリジナリティが重視されますので、

オリジナリティのある情報を収集しなくてはなりません。

 

今は、何でもネットで調べて、ネットで情報を収集しますが、

ネットの情報は共有しやすいという特徴を持ちますので、

ネットだけで仕入れた情報は、独自性のある情報にはなりにくいです。

 

では、どのように「オリジナリティのある情報」を収集できるでしょうか。

 

SEO対策のための独自性の高い情報①「ネット」

ネットだけで仕入れた情報は、独自性が低くなることは述べました。

ですが、ネットも使い方次第では、オリジナリティのある情報となるのです。

 

情報源を増やす

医療保険の加入を勧めるサイトを作成しようとする場合、

ネットで情報を収集するならば、

やはり検索順位が上位にある信頼性の高いサイトから情報を得るでしょう。

 

ですが表現方法を変えるだけで、新たにコンテンツを作成するならば、

オリジナリティの低いコンテンツになってしまいます。

オリジナリティが低いコンテンツは、

グーグルやヤフーで検索上位にはなりづらく、

良いコンテンツとは評価されにくいです。

 

「すでにたくさんのサイトがあるのだから、

これから新しくコンテンツを作っても評価されにくい」とネガティブに捉えずに、

「すでに多くの情報が提供されているのだから、

その「量」を活かして、より厚みのあるコンテンツが作れる!」と、

ポジティブに考えてみましょう。

 

Aというサイトには、医療保険が必要な理由が5つ書かれてありました。

Bというサイトには、医療保険が必要な理由が4つ書かれてありました。

Cというサイトには・・・

このように多くのサイトを研究することで、

重複する部分や納得できない意見を取り除き、

医療保険が必要な理由を10個あげることができるかもしれません。

「量」を活かすことで、厚みのある良いコンテンツが書けるのです。

 

質問箱を活かす

ヤフージャパンの知恵袋や、ネット版・読売新聞の発言小町など、

閲覧者同士が質問をしたり答えたりする「質問箱」があります。

この質問箱の質問と答えは、ネットの情報の中でも、

商品やサービスを提供する側というよりは、消費者寄りの情報です。

 

消費者、つまり一般のネットユーザーのニーズを調べる上でも

とても頼りになる「質問箱」ですが、

コンテンツを作成する上でも、活用することができるのです。

 

例えば、「医療保険 ニーズ」についてのコンテンツを作成する際に、

医療保険が必要なときはどんなときなのかを

「質問箱」を使って調べることもできるのです。

 

ヤフージャパンの知恵袋にも、読売新聞の発言小町にも

過去の質問を調べる「検索窓」が用意されています。

その「検索窓」に「医療保険」を入れるならば、

「医療保険に入っていて良かったエピソード」や

「医療保険に入っていなくて困ったエピソード」などを

調べることができます。

 

実際にネットユーザーたちは、医療保険に何を期待し、

どのような医療保険を望み、どのような恩恵を受けたことがあるのかも

具体的に知ることができるのです。

 

ネットの情報をそのまま流用するのではなく、

コンテンツ作りのヒントとしても使うことができるのです。

 

SEO対策のための独自性の高い情報②「書籍」

ネットの普及により紙媒体の情報の需要が減ったとはいえ、

書籍や雑誌などのお金を払って手に入れる情報はなくなりません。

ネットでは簡単に入手できないような内容でないと売れないので、

書籍や雑誌には、オリジナリティの高い、深い情報が記されています。

 

医療保険について調べているなら、

医療保険関連の書籍はどんなテーマのものが多いか、

どの書籍がもっとも目立つように配置されているかを

まず書店でリサーチします。

 

医療保険関連の書籍は、「医療保険ガイド」がもっとも多いなら、

複数の医療保険を比較する内容や、特徴別にランキングするような内容が

医療保険関連の書籍を探す人には好まれているという傾向をつかめます。

 

そして、中でももっとも売れていそうな本や、

ぱらぱらと中身をめくって、もっとも内容が良さそうなのを

2、3冊購入してみます

 

じっくりと読み込むことで、より独自性のある情報入手と、

より深い洞察・多面的なアプローチができるのです。

 

SEO対策のための独自性の高い情報③「広告媒体」

医療保険についてのコンテンツを作成するなら、

医療保険会社が出している宣伝資料を集めることも

SEO対策のためにオリジナリティの高いコンテンツ作成、

すなわちお金を稼ぐことができるサイト作りに必要なことです。

 

ネットでも同様の宣伝資料を医療保険会社が出していることもありますが、

やはり紙の資料の方が、情報が豊富なことも多いのです。

医療保険会社に資料をもらいに行くときに、

保険を探している一消費者として、保険員と話をしてみることも、

よりオリジナリティの高いコンテンツ作成に役立ちます。

 

SEO対策のための独自性の高い情報④「フリーペーパー」

地域で出されているフリーペーパーも、独自性の高いコンテンツ作りに欠かせません。

独自の目線でリサーチされていたり、

消費者としての目線からの情報が提供されていたりします。

特に、美容関係や就職・転職関係、不動産関係、飲食店関係は、

フリーペーパーの発行が多い分野です

貴重な情報ですので、街で見かけたら入手しておきましょう。

content-marketing21

良い情報、良い記事であっても、興味を持つ人がほとんどいない分野なら

そのコンテンツやサイトに、多くの閲覧者を望むことはできません。

いかに人々に興味を持ってもらえるコンテンツを作るかが大切なのです。

コンテンツ作成の最も基礎的な部分「テーマ作成」についてご説明いたします。

 

SEO対策ができたコンテンツ①「ライティングの流れ」

思うままに記事を書いても、良いコンテンツや良いサイトはつくれません。

まず、きちんとした「企画」があって初めて、

文章を書くという行為に移ることができるのです。

 

また、良い企画があっても、まとまりのない文章では、

人々をひきつけて、何らかの行動(商品購入や来店)をさせるためには

読みやすく分かりやすい文章であるだけでなく、

誤字脱字や不適切な表現のない文章にすべきです。

 

ウェブライティングの流れ

ウェブライティングは

1.企画:需要の多いテーマの選択

2.ライティング:テーマに沿った執筆

3.編集:読みやすさや分かりやすさを向上させる

4.校正:誤字脱字、不適切な表現をチェックする

1~4の順序に沿って、行っていくべきと言えます。

 

SEO対策ができたコンテンツ②「ニーズが多いテーマ」

企画でもっとも基礎となるべきことは、ニーズが多いテーマを選択することです。

グーグルが提供している「キーワードプランナー」などの無料ツールでも

充分、ウェブユーザーたちのニーズを把握することができます。

 

キーワードプランナーでニーズが多い語をチェック

キーワードプランナーを開き、「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して

新しいキーワードを検索」をクリックし、「宣伝する商品やサービス」の検索窓に

宣伝したい商品やサービスの大まかなカテゴリを入れます。

 

例えば、「健康」や「不動産」、「ネイル」などを入れると、

その分野で検索されているキーワードが一覧表示されます。

キーワードの横には、どの程度のニーズがあるかも数字で表示されます。

数字が多い方がニーズも高いという意味ですので、

できるだけ数字が多いキーワードをテーマとして選択するようにします。

 

SEO対策ができたコンテンツ②「将来性があるテーマ」

現在、多く検索されているキーワードを選んでも、

一時的に多く検索されているキーワードや

だんだんと検索数が下がってきているキーワードの場合は、

今後、需要がなくなる恐れがあります。

 

長く公開することを前提としたテーマ

SEO対策の観点では、コンテンツを長くウェブ上に公開することで、

信頼性が高まり、検索順位も上位に表示されます。

時間が経てば経つほど、需要がなくなるテーマでは困るのです。

 

現時点では検索数がそんなに多くなくても、

順調に検索数が伸びてきているテーマなら、

将来性があるので、今後もニーズが高まると考えられるのです。

 

Googleトレンドを使ってテーマの推移をチェック

登録も年会費もいらない手軽なツール「Googleトレンド」を利用して

キーワードの検索数の推移を見ていきましょう。

Googleトレンドを開き、上部の検索窓に気になるキーワードを入力します。

すると、検索数が折れ線グラフで表示されます。

 

今後、どのように検索数が推移するかを知りたいときは、

画面右上の「予測」のチェックボックスにチェックを入れます。

チェックを入れると、検索数の推移が、1年先まで表示されます。

 

過去5年間と今後1年間のグラフを全体的に見て、

右肩上がりになっている場合は、将来性が高く、

今後ますます需要が高まるテーマだと言うことができます。

このようなキーワードなら、

コンテンツのテーマとしてふさわしいと言えるのです。

 

また、過去も将来もあまり変わらずに水平に伸びているなら、

トレンドに左右されずに、常に一定の需要があるキーワードと言えます。

このようなキーワードも、

コンテンツのテーマとしてふさわしいです。

 

ですが、右肩下がりのグラフの場合は、

今後需要が減っていくキーワードと予想できますので、

コンテンツのテーマからは除外した方が良いかもしれません。

 

また、需要が高まるときと低い時の波があまりにも激しいキーワードも、

常にニーズを持ってもらえるサイトを作りたいならば

除外する方が良いかもしれません。

ですが、右肩下がりのグラフとは異なり、

またいつトレンドとなって、検索される回数が増えるかわかりませんので、

もしもの時を狙って、取り入れることも可能です。

 

SEO対策ができたコンテンツ③「行動につながるテーマ」

どんなに検索数が多いテーマを見つけても、

何の行動にも結び付かないテーマでは、コンテンツを作成する意味がありません。

 

行動につながらないテーマ

例えば、医療保険加入を勧めるコンテンツを作成する際に、

保険で検索して、

「医療保険とは」「医療保険 もらえない」などのキーワードが

非常にたくさん検索されていたとします。

 

ですが、「医療保険とは」と検索した人は医療保険に加入したい人ではなく

医療保険とは何だろうと、純粋に疑問を感じて検索したと考えられますので、

いくら検索数が多くても、「保険加入」には結び付きにくいと言えます。

 

行動をシミュレーションする

一方、「医療保険 もらえない」と検索した人は、

医療保険に実際に入っていて、申請したのに保険の支払いを拒否されたり、

医療保険にはどのような場合に不払いになるかを知りたくて検索したと

考えられます。

 

医療保険がもらえないのではと

不安を感じている人が多いことの証拠にもなりますので、

上手に不安を解消するコンテンツを作成するなら、

保険加入に導くことができるキーワードとなるのです。

 

このように、ただ検索数が多いキーワードを選ぶのではなく、

サイトの目的、この場合は「医療保険加入」に合うテーマだけを選ぶことで、

より行動へと促す効果のあるコンテンツを作成できるのです。

 

送り仮名に注意する

例えば、ヤフー検索を用いて「医療保険」を検索すると、

約1,960,000個のサイトが検出されます。

あまりにも多いので、キーワードを増やし「医療保険 見積もり」とすると

約743,000個のサイトが検出されます。

ですが、「医療保険 見積り」と送り仮名を変えて検索すると

約427,000個のサイトに減ってしまいます。

 

このことから、「みつもり」を検索する人は

「見積り」ではなく「見積もり」で検索することが多いと分かりますので、

コンテンツを作成するときは、「見積もり」で統一した方が、

検索される可能性も上昇することが分かるのです。

送り仮名一つで、閲覧数にも大きな影響があるのです。

 

SEO対策ができたコンテンツ④「キーワードとテーマ」

検索される回数が多いキーワードだけを羅列しても、

テーマを作成することはできません。

キーワードを効果的につなげることで、

ネットユーザーの興味をひくテーマが出来上がるのです。

 

ポジティブワードで興味をひく

医療保険加入を勧めるサイトを作成する場合なら、

ポジティブなキーワードの場合は、素直につなげることでテーマが完成します。

 

例えば、「医療保険 おすすめ」なら、

「医療保険のおすすめはここ!保証が充実している5社」などのように

「保証が充実している」ことや

「支払いが早い」ことをサブテーマとして選択すれば、

「医療保険 おすすめ」で検索しているユーザーに

「見たい!」と思わせるテーマを作成できます。

 

ネガティブワードでも興味をひく

ネガティブなキーワードも、検索者の興味をひくことができます。

「医療保険 不安」というキーワードでたくさん検索されているならば

「医療保険のここが不安!皆様の疑問にお答えします」などのように

ネガティブな素材を解消するコンテンツを作成し、

「不安なく加入できる医療保険ベスト5」などのように

補足して医療保険加入に導くサイトとリンクすることができます

 

このように、ネガティブワードでも充分に

ネットユーザーの行動を促すことができるのです。

img_web1

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンで、検索上位に表示されるには、

オリジナリティがあり、かつ分かりやすい文章でなくてはいけません。

ですが、オリジナリティと分かりやすさ以外にも

検索上位に表示される条件があります。

それは「閲覧数の多さ」です。

 

閲覧数の重要性と、閲覧数を上げるために必要な条件、

そしてコンテンツの企画について説明します。

 

SEO対策の要!閲覧数の重要性

検索上位に表示されると閲覧数は必然的に増えますが、

反対に閲覧数が多いなら検索上位に表示されやすいのです。

ですから、ウェブ上で文章を公開するときは、

オリジナリティがありつつ分かりやすく、

なおかつ人々が「見たい」と思えるページを作成する必要があります。

 

グーグルやヤフーで意図されている「分かりやすさ」と「独自性」には、

ページにある「文章」だけが判断の対象となっています。

例えば、何のデザインもされていないページであっても、

分かりやすく独自性にあふれる文章が書かれてあるなら、

それらのサーチエンジンは、「良い文章」と判断してくれるのです。

 

ですが、実際にページを見る人はどうでしょうか。

真っ白いページに文章が並んでいても、「良い内容だ」と思って読むでしょうか。

「書きかけのサイト?」「怪しいページ?」と考えて、

深く読むよりも前にページから出てしまうのではないでしょうか。

 

つまり、「分かりやすい」「独自性のある」ページが

全て「皆が読みたいと思う」すなわち「閲覧数が増える」ページではないのです

 

SEO対策の要!皆が読みたいページとは

大抵のネットユーザーが情報を求めてネットサーフィンする場合、

サイトを開けて「見やすくない」「おもしろくなさそう」と判断すると、

瞬時に他のサイトに飛んで行ってしまいます。

このことからも「ページの見た目」が非常に大事だということが分かります。

 

見やすくかつセンス良くレイアウトされ、適度に画像や動画を組み込み、

文字の色や字体も、目になじみやすいものであるならば、

内容に特筆すべき点がなくても「良いページだった」と考えることもあります。

ましてや内容が素晴らしいなら「他の人にもおすすめしたい!」と、

ラインやフェイスブックなどのSNSを通じて、拡散するかもしれません。

 

閲覧者たちが増えると、サーチエンジンも検索上位に表示するようになります。

グーグルやヤフーなどで検索上位に表示されると、

さらに人目に触れる機会が増え、閲覧者数も増えるのです。

 

SEO対策をするなら、サーチエンジンの判断だけでなく、

実際のネットユーザーの判断も視野に入れた対策をするべきなのです。

 

SEO対策の要!キーワードを絞る

目的もなくだらだらと文章を書いているなら、

いくら上手な文章であっても、ネット上で評価はされません。

どんな人に読んでほしいか、何を求めている人に見てもらいたいかを明確にし、

コンテンツやページの「キーワード」を絞ることが大切なのです。

キーワードを絞るなら、文章の目的も明確になり、

しなくてはならないSEO対策も明確になり、

利益につながる、つまりお金を稼ぐことができるページができあがるのです。

 

キーワードの探し方

キーワードは、ウェブライターが根拠なく決めてしまってはいけません。

多くの人に検索されるキーワードを、

ウェブライターもしくはウェブライターに依頼するコンテンツ企画者が

選んで設定する必要があるのです。

 

では、どのようにキーワードを探すことができるでしょうか。

Aという商品を販売したいと思う場合、

Aという言葉を、グーグルやヤフーなどのサーチエンジンの検索窓に入れてみます。

すると「A 効果」「A 高い」「A 評判」などと、

頻繁に検索されているキーワードが表示されます。

 

また「goodkeyword」などのキーワード検索無料サイトで「A」を検索するならば、

Yahoo!JAPANやGoogle、BingなどでAと一緒に検索されているキーワードが

一覧となって表示されます。

 

その他にも、Yahoo!JAPANの「知恵袋」や読売新聞のサイトの「発言小町」など

ネットユーザーたちの悩みや質問などを集めた投稿サイトで、

Aを検索してみるならば、Aについてどのような質問や疑問、意見が出ているのか

把握することができます。

 

このように地道にネットユーザーのニーズや

ネットユーザーがどんなキーワードでAについて検索しているのかを知ることで、

より閲覧数が多くなるページを作成することができるのです。

 

SEO対策の要!キーワードを正確に捉える

グーグルが無料で提供している「キーワードプランナー」を利用するならば、

それぞれのキーワードがどの程度検索されているかを知ることができます。

 

キーワードプランナーの始め方

キーワードプランナーを利用するためには、「Googleアドワーズ」に登録します。

グーグルアドワーズを開いて、画面右上の「今すぐ開始」をクリックすると

アカウント作成画面が表示され、メールアドレスや国名などの登録を行います。

 

1分程度の登録が終わると、グーグルアドワーズのログイン画面が表示され、

グーグルアドワーズの全ての機能が無料で利用できるようになります。

 

検索ボリュームを調べる

グーグルアドワーズにログインした状態で、画面上部のメニューから

「運用ツール」を開き、「キーワードプランナー」を選択します。

キーワードプランナーの画面でオプションを選択し、

「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」

をクリックします。

 

次は、「宣伝する商品やサービス」にコンテンツの分野を入れて

「候補を取得」をクリックします。

この度コンテンツを作成しようとするAが健康食品であるならば、

「健康食品」や「補助食品」「サプリメント」「健康」などを入れてみます。

 

すると、月間で平均検索数が多い順にキーワードが表示されます。

「健康」なら、健康に関するどんなキーワードが使用されているのか

検索数が多い順に表示されますので、

それをキーワードに選択することができるのです。

 

また、「宣伝する商品やサービス」の検索窓に複数の言葉を入れることもできます。

例えば、Aを宣伝する際に「健康食品」というキーワードが良いのか、

それとも「補助食品」や「サプリメント」が良いのかを判断する場合は、

「宣伝する商品やサービス」の検索窓に「健康食品,補助食品,サプリメント」と入れ、

それぞれが月間どれくらいのボリュームで検索されているかを把握します。

 

似たような言葉がある場合、どの言葉を選択するかで、検索数も大きく変わってきます

SEO対策をしてお金を稼ぐことができるサイトを作るなら、

キーワードの選択、似たような言葉の選択が非常に重要になってくるのです。

wtc231

ウェブ上でどのような文章が「良い文章」なのか、

どのような文章が「検索上位に来る」

すなわち「お金を稼ぐことができる」文章なのか、

その文章を追求することを「SEO対策をする」と言います。

SEO対策をするためには、

ウェブコンテンツそのものの特徴をよく理解しておく必要があります

 

お金を稼ぐことができる文章を書くために、

「ウェブコンテンツ」の特徴を把握していきましょう。

 

特徴①「ウェブ上では全てのページが表紙になる」

本や雑誌を作成するときは、

人々の関心をひくために「表紙」に注意を払います。

興味深いまたは目を引く表紙なら、

「中身も面白そう」「読んでみようか」という気にさせるでしょう。

 

ですが、ウェブコンテンツには表紙がありません。

キーワードなどで検索されて表示されるなら、

こちらが1ページ目と意図しておいたページが最初に表示されるとは限らず、

全てのページが第一面、つまり表紙になる可能性があるのです

 

ですから、コンテンツの中のどのページも

「面白い」「もっと読みたい」と思わせる魅力にあふれ、

どのページも内容がある程度完結している必要があるのです。

 

全てのページが表紙になることを把握していない場合

具体的には、Aという商品を購入に導くサイトを作成しようとして、

あるページでは「Aの特徴」を記し、また別のページでは「Aのメリット」、

別のページでは「Aの限界やデメリット」、

そして「Aの購入方法」を記したと仮定しましょう。

 

Aという商品が気になって「A」で検索したウェブユーザーが、

最初に見つけるページが「Aの限界やデメリット」だったとするならば、

「Aは良い商品ではないかも」「Aを買うのはやめよう」と思うかもしれません。

また、最初に「Aの特徴」のページを見つけた場合にも、

「特徴は分かったけど、どうやって買うの?」と、

再度検索するのが億劫になる可能性もあるでしょう。

 

全てのページが表紙になることを把握している場合

どのページを最初に見るかわからない、

つまり全てのページが表紙になることをしっかりと理解しているなら、

「Aの特徴」を記すページにもAの購入サイトへのリンクを貼りつけたり、

「Aの限界やデメリット」を記すページには

それらの限界やデメリットがありながらもAをお勧めする理由や

デメリットをメリットとする対処策などを記すことができます。

 

もちろん、このページもAの購入サイトへのリンクを貼り付けるなら、

デメリットがあっても購入しようとする閲覧者をみすみす逃しはしません。

 

このように、全てのページが「発見」→「興味」→「行動」と結び付けることで

お金を稼ぐことができるページ、コンテンツ作成が可能になるのです。

 

特徴②「デバイスでレイアウトが変わる」

何を使ってサイトを見るかによって、

レイアウトが全く変わってしまうのもウェブコンテンツの特徴です。

パソコンで表示されることを前提に作っていても、

スマートフォンやタブレット、ウェアラブルなどで見る可能性もあります。

 

ブログ状のサイトを作るツールでは、

「デバイスに合わせて最適化する」機能がついていることもありますが、

いくら「最適化」機能を利用したところで、

全てのデバイスから見やすいサイトになるとは断言できません。

 

ウェブコンテンツを作るときは、

パソコン・スマートフォン・タブレット・ウェアラブルなどのデバイスで

どのように表示されるかを確認し、

MacやWindowsのOSが異なる場合にはどのように表示されるかも

確認しつつ、作業を進めることができるでしょう。

 

特徴③「情報が一方的になりがちである」

基本的には、閲覧者に有益な情報、

つまり「良い商品のおすすめ」や「素敵なお店への案内」などの

善意の情報を発信するのが、ウェブコンテンツです。

 

ですが、閲覧者にはサイト作成者が見えてはいないので、

「ここに書かれていることは本当なのだろうか」と疑ったり、

「何かだまそうとしているのではないだろうか」と

不安に思うことも充分にあり得るのです。

 

サイト作成者側からの情報が一方的にならないように、

サイト作成者の情報(氏名や写真)を掲載したり、

質問などを受け付ける問い合わせフォームを作ることができます。

これらの「情報を相互に行き来できる状態を作る」ことで、

サイトへの信頼性、サイトの情報への信頼性が増すのです。

 

特徴④「ウェブ上でリンクができる」

特徴①でも述べましたが、ウェブ上のページは全て表紙になってしまいます。

どこから最初に見るかは、閲覧者次第です。

サイト作成者側は1→2→3→4→5と見る順番を意図していても、

閲覧者は5→2→4→1→3と見ることも自由です。

 

これは、どこがコンテンツの第一番目か分からないだけでなく、

どのページに飛ぶかも分からないということを意味しています

この特徴活かすならば、

全く別のコンテンツやサイトと連携させることもできるのです。

 

Aという商品の販売を促すサイトを作成したとして、

閲覧者も増えて、評判もよくなってきたとしましょう。

ですが、「分かりやすいサイトだけれども、

商品の購入は直営店舗でしたい」という閲覧者が多く、

閲覧者が多い割には、サイトでの購入は伸び悩んでいるかもしれません。

 

このような場合は、購入だけはAの直営店舗のサイトとリンクして、

商品の特徴をよく理解したうえで、

安心して直営サイトで購入してもらうこともできます。

 

もちろん、直営サイトの購入ページでは、

どのページから飛んできたのかは解析できますので、

SEO対策がきちんとできてる商品宣伝サイトだと

直営店舗側からも正当に評価されることになるのです。

 

特徴⑤「公開後にも簡単に修正できる」

本や雑誌などの紙媒体の場合は、内容に間違いがあった場合は、

刷り直しをするか、お知らせとして告知をする必要があります。

ですが、ウェブコンテンツの場合は、

ウェブ上で簡単に修正することができます。

 

また、紙媒体の場合は、情報が古くなったら捨てるしかありません。

ですが、ウェブに公開してから月日が経ち、情報が古くなってしまっても、

簡単にウェブ上の操作で、情報の修正や追加ができるのです。

 

SEO対策の観点から見ると、検索上位のサイトになるためには、

ある程度の期間(6カ月以上と言われている)は

ウェブ上で公開している必要がありますので、

サイトを立ち上げたらなるべく早く公開し、

情報の修正や追加をしながら、より良いサイトへと作り上げていけばよいのです。

 

特徴⑥「閲覧者の行動分析ができる」

ウェブコンテンツは、全てのデータを解析することができます。

例えば、どのページから商品購入へと行動したのか、

どのページからどのページに移動する人が多いのかなど、

多くのデータを用いて解析することができるのです。

 

例えば、無料で利用できるアクセス解析ツール

「グーグルアナリティクス」などを活用するならば、

閲覧者が利用しているデバイスや閲覧者の特徴なども

瞬時に解析することができるのです。

 

どのページが弱いのか、

どのページからどのページにリンクを貼るのが効果的か、

どのページが最も商品購入へと導いたのかなども解析できますので、

サイトを公開しながら、強化することもできるのです。

writing-step1

人々に読まれるサイトとなるための「SEO対策」。

SEO対策をすれば、お金を稼ぐことができるサイト作成が可能です。

ですが、SEO対策をすれば、

すぐに多くの人が読んでくれるわけではありません。

SEO対策の弱点とは何なのかを見ていきましょう。

 

SEO対策の弱点①「すぐに閲覧数が上がらない」

SEO対策が十分にできた文章を書き、サイトを構築しても、

すぐに検索上位に記されたり、閲覧数が上昇するわけではありません。

グーグルやヤフーの検索エンジンが新しいサイトを発見するのに時間がかかり

またそれらの検索エンジンは、

長期にわたって利用されているサイトをより高く評価するからです。

この検索エンジンの評価に半年ほどは必要と言われています。

 

つまり、早く商品を売りたいと考えている人や

早く店舗に来てほしいと思う人、早く情報を知らせたい人は、

少しでも早くサイトをアップすることが大事なのです。

早くサイトを公開してしまうことで、

検索エンジンが評価する時間や期間を稼ぐことができるのです。

早くアップしてから、徐々に訂正するのもSEO対策的には「アリ」なのです。

 

SEO対策の弱点②「広すぎるキーワードでは効果が低い」

例えば、「○○」というすでにある商品を宣伝するサイトを作成する場合、

「○○」を検索して上位に表示されるサイトを作ることが最も理想的ですが、

「○○」の公式サイトや、「○○」に関連する古参サイトよりも

上位に表示されることは、まず不可能と言うことができます。

 

「○○」に関連する古参サイトが1つや2つだけ存在するなら、

オリジナリティにあふれる分かりやすい文章を書くことで、

サイト作成から時間がたてば、検索上位に行くこともできるでしょう。

ですが、「○○」に関連する古参サイトがすでに30以上あるなら、

どんなにSEO対策をしても、検索上位に行くことができません。

 

では、どうすれば多くの人に閲覧してもらえるサイトにすることが

できるでしょうか。

答えは、サイトそのものではなく検索キーワードを変えることです。

 

「○○」などの商品名だけでは包括される範囲が広すぎてしまい、

多くのライバルとなるサイトを相手としなくてはならなくなります。

ですが、「○○ 購入」や「○○ 安い」「○○ 激安」などと、

複数のキーワードを組み合わせることで

「○○」の販売に絞ったサイトのみが表示されるようになります。

 

どのようなキーワードを狙うのか、対象を絞ることで

SEO対策も効率よく行え、お金を稼ぐサイトになるのです。

 

また、キーワードの組み合わせによっては、

閲覧数が多いにもかかわらず、関連するサイトが少ないこともあります。

このようなキーワードの組み合わせを発見したら、

大きくお金を稼ぐチャンスでもあります。

的を絞ったSEO対策を行い、検索上位のサイトを作っていきましょう。

 

SEO対策の弱点③「検索されないキーワードでは効果が低い」

キーワードの組み合わせによっては、

関連するサイトが少ないつまりライバルが少ないことがあります。

ですが、いくらライバルが少なくても、

そのキーワードの組み合わせで検索する人自体が少ないなら、

検索上位に選ばれたとしても、集客や販売の効果が低いサイトとなってしまいます

 

例えば、「○○ 安すぎてびっくり」というキーワードで検索すると

上位10位以内、すなわち検索1ページ目に表示されたとします。

ですが、「○○ 安すぎてびっくり」というキーワードで検索する人自体が

1日に1人ないしは2人しかいないのなら、

SEO対策のできたお金を稼げるサイトと言えるでしょうか。

 

ライバルとなるサイトが少ないキーワードを探すことはもちろん大事ですが、

前提として「検索数が多い」キーワードでなくては意味がないのです。

 

SEO対策の弱点④「何が正解かが分からない」

SEO対策には、

よりオリジナリティの高い、より分かりやすい文章を書くことが必要です。

ですが、「オリジナリティの高さ」も「分かりやすさ」も抽象的な概念ですので、

何が最もオリジナリティが高いのか、どんな文章が最も分かりやすいのかは

だれにも断定することはできないのです。

 

他にも、グーグルやヤフーなどの検索エンジンで上位に表示されるには、

ページの字数やサイト構成なども関係があると言う人もいますが、

グーグルやヤフーは、具体的な採点ポイントを公開していませんので、

何が最も良いSEO対策なのかは、経験によってのみ得られるのです。

 

今までに検索上位に表示されたサイトの特徴を分析することでのみ、

検索上位に表示されるサイトを作ることができるのです。

この分析方法にも何かの見落としがあるかもしれません。

簡単なようで奥深いのがSEO対策、

そしてお金を稼ぐことのできるサイト作りなのです。

writing_sense1

SEO対策ができた文章は、

文章の依頼主にとっても「集客力」「販売力」「拡散力」に満ちた

いわゆる「お金を稼ぐことができる文章」です。

依頼を受けたウェブライターにとっても、

評価が高まり次への仕事につながる「お金を稼ぐことができる文章」です。

 

では、実際にSEO対策ができた文章とは、どんな文章でしょうか。

また、どのような特徴があるのでしょうか。

 

SEO評価の変遷

グーグルやヤフーは常に同じ条件で検索順位を付けているのではありません。

グーグルやヤフーも、全ての文章を一つ一つチェックすることは不可能ですので、

サイトを評価するシステムを構築し、

そのシステムで一括してサイトの順位付けを行っているのです。

 

システムがどのようなサイトを「良いサイト」と判断するかで、

SEO評価も変わってくるのです。

かつてのシステムでは、例えば「キーワードが多く含まれているサイト」や

「関連する言葉を見出しに含んでいるサイト」が上位に来ましたが、

何度も行われてきたシステムのアップデートにより、

このような「何か」に特化した対策を行うだけでは、

検索上位に表示されないようになってきました。

 

つまり、「キーワードの多用」や「検索されやすい語を意図的に見出しに入れる」

などのある意味「裏技」的な文章では、評価されなくなってきたのです。

 

今、そして今後、どのような文章がサーチエンジンのシステムにおいて

「良い文章」と判断されるでしょうか。

 

SEO対策で「良い」と評価される文章の特徴

ヤフーやグーグルなどのサーチエンジンにとって「良い文章」とは、

「オリジナリティ」があり「分かりやすい」文章のことです。

 

オリジナリティの高い文章

オリジナリティがあるとは、同じキーワードで書かれる文章とは

一線を画す独自性を持った文章と言うことです。

現在のように数えることができないほどサイトがある状況では、

「似たようなサイト」「似たような文章の羅列」が頻繁に見られます。

 

「このサイトでないと得られない情報」や「見る価値のある特別な情報」

が載っているサイトなら、わざわざ訪れる価値があるサイトと言えます。

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンも、

このような「オリジナリティの高い文章」を高く評価するのです。

 

分かりやすい文章

本や雑誌とは異なり、ウェブ上の文章はあまり時間をかけて読まれません。

ですから、パッと見てすぐに内容が分かる文章が好ましいのです。

よくよく時間をかけて読みこまないと真意が分からない文章や、

もともと真意があるのかも不明な分かりにくい文章など、

読解力に優れた人間でも読み解くのに困難を覚えるなら

サーチエンジンのシステムのようなコンピューターには

到底意味が分からないのです。

 

意味が分かりにくい文章なら、いくら「キーワード」を多用しても

そのキーワードに合う文章なのかを判断することができません。

一目見てだれでも言いたいことや強調したいことが分かる文章

SEO対策のできた良い文章なのです。

 

良い文章が持つ「集客力」

パソコンやスマホで、ヤフー検索やグーグル検索を行うと、

1つのページに広告などを除いて10のサイトが表示されます。

つまり最初の1ページで表示されるのは検索上位1~10位まで、

10ページ目には91~100位が表示されるのです。

 

検索上位30位以内を目指す

イギリスの「ネットブースター社」が2014年に実施した調査によりますと、

検索されて1ページ目に表示された場合のサイトクリック率は19.35%、

2ページ目に表示された場合は15.09%、3ページ目に表示された場合は11.45%、

以下だんだんとクリック率が減っていき、

10ページ目に表示されるならわずか2.82%になってしまうのです。

 

最低でもキーワードを検索した人の10人に1人にはサイトを見てほしいなら、

3ページ目以内、つまり検索上位30位以内を目指す必要があるのです。

 

つまりオリジナリティが高く、分かりやすい文章を書くなら

10人に1人は見てくれる「集客力」の高い文章になると言えるのです。

 

評判が評判を呼ぶ

検索上位に表示されると、

検索を行った人は「信頼性の高いサイト」と判断します。

つまり、検索してすぐに表示されたサイトなら、

「皆が見ているサイト」「信用できるサイト」と考えます

つまり、そのサイトで紹介されている店や商品は信用できると考え、

「購入」や「来店」などのアクションへとつながるのです。

 

そのように閲覧数が増えると、さらに検索順位も高まり、

閲覧数や購入・来店などのアクション率も高まるのです。

まさに評判が評判を呼ぶのが、

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンによる順位なのです。

 

経費節約と収益増加

SEO対策に力を入れて文章を作成するならば、

SEO対策に沿った文章を書くための手間や時間

つまり経費が増えることになるかもしれません。

 

ですが、SEO対策を何もしない文章にお金を払うよりも

多少高くなってもSEO対策万全の文章にお金を払う方が、

何倍、何十倍もの効果のある「宣伝」となるのです。

 

商品を売り込む場合に、大規模なサンプリングキャンペーンや

テレビや雑誌広告をたくさんのせるという方法ももちろん良い手段です。

ですが、SEO対策ができた検索上位に表示される文章を書くことも

素晴らしい効果が期待できる「宣伝」なのです。

 

SEO対策ができた文章を書くだけで、

サンプリングキャンペーンやメディアによる広告とは

比較にならない少額の経費で、大きな効果が期待できるのです。

結果としてSEO対策をすることが、お金を稼ぐことにつながるのです。

SEO1

SEO対策」という言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。
特にウェブで文章を書く関係の仕事や、コンテンツを作る仕事の方にとっては「SEO対策」が最も肝要な部分であると強調されているかもしれません。

SEOとは何を指しているのか、そしてSEO対策することで何が望めるのかを探っていきましょう。

SEOとは


SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略語で、直訳すれば、「検索エンジンの最適化」という意味になります。
スマホやパソコンで何かを検索する際に用いるGoogleやYahoo!などの検索エンジンのルールに従うように文章を書いていくことで、その文章が検索上位に表示されることを目指すことを意味します。

 最も見てもらいたい層に文章を見てもらうこと、そしてその文章が目的とする「商品を販売すること」や「店舗に来てもらうこと」、「適切な情報を広めること」を実現するのが「SEO対策」なのです。

SEO対策をする意味とは


ウェブ上には文章があふれています。

個人が仲間と共有する目的で作ったサイトやショッピングサイト、またショッピングサイトに誘導するサイトや、公共機関の広報、企業や団体の情報、サイトを比較するサイト等々あまりにも文章が多すぎて、全ての文章やコンテンツを見ることは一生かかっても無理なのです。

 

SEO対策ができていない文章


ウェブ上にアップする文章を書いている人は、依頼主から「○○に関する文章を書くように」と依頼を受けます。依頼主は、その文章を使って「商品の販売量を増やす」ことや「必要な知識を広める」こと、「来店客を増やす」ことなどを求めます。

 ですが、全くSEO対策ができていない文章をアップするならば、ページの閲覧者がほとんどあるいは全くいないので、商品の売り上げにつながることも、知識の共有につながることも、来店客が増えることもないのです。 つまり、依頼主は無駄な文章を書かせたことになるのです。

依頼主はウェブライターに無駄にお金を払うことになりますし、ウェブライターも効果のない文章を書いてしまったので、次の依頼を受けることは難しいでしょう。

 

SEO対策ができている文章


SEO対策ができている文章なら、グーグルやヤフーなどの検索窓にキーワードを入れるだけで検索上位に表示されます。検索上位に表示されるなら、当然のこととして閲覧者が増えます。
閲覧者が増えるなら、「この商品、良いかも!」と思う人や、「へえ、そうなんだ」と知識として吸収する人、「この店、今度行ってみよう!」と自分の予定に組み込む人も増えます。

このようにグーグルやヤフーを検索する人々に、何らかの行動を促す力となるのが、SEO対策ができた文章なのです。
SEO対策ができた文章なら、依頼主もウェブライターに支払った額以上のお金を稼ぐことができますし、ウェブライターも評判の良い文章を書くライターとして次の仕事の依頼を受けたり、仕事当たり(文字当たり)の単価も高くなったりします。
また、評判を呼んで、他の依頼主からも条件の良い仕事を提示されたりします。

 このようにSEO対策ができている文章を書くことは、依頼主にとってもウェブライターにとってもお金を稼ぐことになるのです。

 

SEO対策の重要性


SEO対策ができている文章は、ウェブ上にアップする文章を依頼する側にとっても、実際に文章を書くウェブライターにとっても大きな価値を持つことはご理解いただけたことと思います。

 では、なぜSEO対策ができている文章を書くことで、商品の購入や来店・知識として吸収などの「人の行動」に影響を与えることができるのでしょうか。

 何かについての情報を得たいと考えている人がグーグルやヤフーなどの一般的なサーチエンジンを使ってキーワードとなる語を入れて検索したとします。検索ボタンを押して表示されたウェブサイトを通常の場合は、上から順に見ていくでしょう。

 また、上から順に見ていかないとしても、初めに表示されたページの中から良さそうなサイトをクリックするでしょう。
検索して表示されるページに並んだサイトでは必要な情報が得られない場合や、もっとこのキーワードについて違うサイトの情報を得たいと思う場合は画面下部の「次へ」をクリックして、他のサイトも見ようとするかもしれません。

 ですが、この「次へ」をクリックして、他のサイトの情報を得るよりもキーワード自体を変えて、他のサイトを探そうとする人も少なくありません。

 グーグルやヤフーなどのサーチエンジンは、「キーワード」に適合するサイトを全て順位付けするのです。順位が100位以下のものは、ほとんど誰からも閲覧されないと言っても良いかもしれません。

なぜなら100位以下のサイトを見る前に、ほとんどの人はキーワードを変えて検索し直してしまうからです。 

キーワードに合う文章、SEO対策ができた文章を書くことで、閲覧者の行動に影響を与えることができるのは、ほとんどの閲覧者が検索上位にあるサイトしか見ないからなのです。

YouTubeで稼ぐ方法を順序立てて説明しました。
詳細は各個別記事で見ることができます。
 

導入編

YouTubeはビジネスに使えるのか?
YouTubeだけで生活するYouTuberとは?
動画の目的と宣伝方法
動画の内容とキーワード設定について
視聴者が飽きない動画作りのコツ
再生数が伸びる動画の構成
キャッチーなオープニングと美しい締め

機材編

室内撮影用のカメラの選び方
屋外や移動中に撮影する時のカメラの選び方
指向性って?音響機器(マイク)の選び方
三脚とスタビライザーの重要性

撮影編

実際に撮影して、問題点を確認する
自撮りで簡単動画作成!3つのポイント
動画の構成を考える、絵コンテの書き方
コンテを確認しながら撮影計画を立てる
長編動画を自在に操る!タイムコードの入れ方
動画における人物の撮り方と物の撮り方・構図の決め方
良い映像の取り方。迫力あるシーンの取り方

編集編

動画編集ソフトとエフェクト(効果)
シーン編集の基本方法。カットの使い方
テロップの使い方とタイミング、言葉選び
エフェクトの使い方、躍動感ある動画作り
音楽やBGMによる雰囲気の作り方
スライドショー形式で作る、写真と音楽の編集だけ
YouTubeにアップロード出来る動画形式の種類について

利用編

動画アップロードの仕方
Google+からインポート!アカウント統合で簡単投稿
ウェブカメラで撮影して即アップロードする方法
写真を集めてスライドショーの作成
スライドショーを細かく設定してみる
Google+ハングアウトオンエアでライブ中継
ハングアウトオンエア機能を活用してビジネスに繋げるには
字幕やアノテーション、動画の編集ツールを把握しておく
チャンネルを正しく設定する
チャンネルナビゲーション設定の方法
チャンネルを追加し、巧みに使い分ける
チャンネル紹介動画を効果的に活用する

広告編

広告収入の受け取り設定を有効にする
広告の種類と収益体系を理解する
収益の幅を広げる、広告機能の拡張方法
再生中広告(ミッドロール)広告を使いこなすには?
有料プロダクトプレースメントって何?
収益の仕組みを理解する、企業と投稿者の関係
広告による収益が変動する理由
収益受け取りが拒否されたり、審査が長引く理由
映像カットや構成変更で収益化審査に対処する

再生リスト編

再生リストの使い方
再生リストに自動で動画を追加する方法
再生リストを考慮した説明とタイトルの付け方
再生リストの活用法
どんなリストを作るべきなのか?
再生リストを見てもらうコツ
再生リストの高度な使い方

設定編

動画の基本設定を正しく活用する
動画のスケジュール公開機能を使いこなす
再生リストの設定とメッセージを追加する機能
収入の設定方法を理解する
コメントやライセンスの選択
収益化対象のプラットフォームとは?
米国のFCC規則と字幕の認定
配信オプションの設定とその効果
年齢制限機能を使うと収益化できなくなる
動画のカテゴリ設定をする理由
動画の撮影場所や言語、録画日の設定
3D動画の設定方法とその使い方
動画の統計情報と一般公開、その意味

収益編

収益化の方法は、広告だけじゃないですよ!
どんなコンテンツなら収益対象になる?
有料コンテンツって何?
有料チャンネルの作り方
有料動画の作り方、レンタルと購入
有料チャンネルで稼ぐためには?
有料チャンネルはどんな形式が良いのか?
有料動画で稼ぐためには?
視聴者ファンディングって何?
メルマガや情報商材と絡めて稼ぐには?

規約編

ガイドライン違反と著作権違反
何を使うと著作権違反になるのか?
著作権保護されているコンテンツを引用して利用できる場合
著作権侵害を申し立てられる理由
著作権の違反警告を受けた場合の対抗策
コミュニティガイドラインを遵守する重要性
セクシーなコンテンツを扱う際の注意点
削除されるほどの暴力的なコンテンツとは?
人に悪影響を与えるコンテンツはダメ
それは批判?差別的コンテンツやコメントに要注意!
ツールやメタデータに注意、スパム扱いされないように

戦略編

YouTuberとして人気になって稼ぐには?
バラエティ風の面白いチャンネルの作り方
チャレンジ型チャンネルで、色んな事を実験してみる
秘境を探検? 冒険型チャンネルの面白さ
ゲームを楽しみながら動画を作る実況動画のポイント
可愛い動物で世界中を魅了するチャンネル
音楽やダンスで音がメインのチャンネル作り
日常の一瞬を撮影?見逃せない事件や出来事を扱う
スポーツチャンネルでシーズン毎にアクセスアップ
テレビ番組の抜粋はアリ?グレーゾーンなコンテンツ
雑学や教育系コンテンツ、情報をまとめる大切さ
YouTubeだけで生活していくために必要なこと


▼YouTube以外の副業ノウハウ、ネットで稼ぐ情報
【目次】儲かるネット副業の情報のまとめ

今回は、どう書いたら読者にとって読みやすい記事であるかの勉強です。

自分のための日記や記録のためのブログなら、

読みにくかろうが何だろうが問題ありません。

しかし、私たちは収益につながるような

ブログを書いていかなければならないのを忘れてはいけません。

自己満足だけの文章の書き方ではなく、

パソコンの向こうの読者のことを思って、

読みやすい記事を書くことを心がけましょう。

 

まず、ある程度文章を書いたら、

適度に段落を分けることです。

自分でも読んでいて、ふっと呼吸を置くようなタイミング。

そんなところで、段落を分けてみるといいでしょう。

また、堅苦しい表現を使ったり、わざわざ難しい用語を

用いる必要もありません。

普段使っているような、馴染みのある言葉や表現を使って、

肩に力を入れすぎないような文章を書くと、

読み手からしても、気構えせずに読めて楽でしょう。

 

特に、自分の得意分野について記事を書こうとすると、

自分では当たり前になっている専門用語や、

ついついその業界で常識になっているからと、

小難しい表現を使ってしまっていることもあります。

その分野に詳しくない人でも、さらさらと

理解しながら読めるような文章が、

読者に優しい文章と言えるでしょう。

いくら、その都度業界用語の意味を説明したとしても、

詳しくない人からすれば、

読みにくいだけの文章なのです。

なるべく自然体で、噛み砕いた表現を使いながら、

あなたの持っている専門知識や情報を公開してくれると

読者にとってもありがたい記事になると思います。

 

また、一記事あたりの文字数にも

気をつけたいところです。

大体、500〜1000文字ぐらいの記事が

ちょうど読みやすい記事量だと思います。

それ以上長いと、どれだけ有益な情報が書かれていたとしても、

読んでいる側は疲れてしまったりします。

あまりにも長くなってしまう場合には、

「○○をする方法 1」「2」「3」、、と、

シリーズ化しましょう。

だらだらとわかりにくい業界用語で書かれた記事が、

一番読み手にも負担になるものです。

そのような記事だと、読者も途中で離れてしまうし、

ファンもつきにくくなってしまいます。

伝えたいことをシンプルに、

そしてコンパクトにまとめる習慣を持ちましょう。

 

上手に説明しようとすると、かえって長々とした文章に

なってしまうことが多くなります。

上手く書けない場合は、自分の伝えたいことをリストに書き、

それを順にシンプルに説明するような書き方を練習してみましょう。

そして、書き切れないと思ったら、

前編後編と分けることです。

面白いサイトを見つけると、

ついつい遊びに行くようになったりしませんか。

相変わらず面白いな〜とか、

いつも何かしら役立つ情報が得られるなと感心したり。

読んでいる側のときは、あまり考えないですが、

書く側のことを考えてみると、どうやったら

こんなに毎度毎度面白いネタが提供できるんだろうって

思ったことないですか??

みんなはどうやってネタを仕入れているのでしょうか。

まずは1ヶ月書こうと頑張ってみたものの、

2ヶ月3ヶ月目にもなると、必ずぶち当たるこの壁。

乗り越えるための術をお伝えしておきましょう。

 

やっぱりまず初めにすること、出来ることは、

新しい情報をリサーチ収集することでしょう。

自分の持っている知識やアイデアが切れてきたんですから、

新しい知識やアイデアを仕入れるしかありません。

本屋さんにでも行けば、今話題の遊びや情報、

注目されている分野などが分かりやすく展示してあります。

色々と本を読んでみましょう。

アッ!と思うようなことに出会えることでしょう。

そして、思いついたり、書きたいと思ったことは

即座にメモとして残しておくことです。

せっかく浮かんで来たアイデアも、家に帰り、

パソコンに座ったころにはすっかり忘れてしまって、

また考え込むなんてことになっては、時間がもったいないです。

本を購入したなら、付箋をつけながら読んでもいいですね。

後から上手にネタをピックアップして記事が書けます。

 

次に、新しい体験を増やすことです。

と言っても何をしていいやらと思うかもしれません。

思いつかなければ、とりあえず街に出て、

人間観察や景色でも丁寧に見てみましょう。

今まで見ようともしなかったところが目に入り、

違う視点で見えたり、面白い点を発見出来たりします。

常にアンテナを立てて、街を歩くことで、

色んな発見やアイデアにつながるでしょう。

難しく考えずに、写真に取ってみたり、

流行ってそうな店をチェックしたり、

最近出来たカフェに行ってみたりするだけでも、

新しい体験が得られるものです。

 

数ヶ月記事を書き続けてこられた人にお勧めなのが、

今まで書いた記事を、違う切り口で書いてみる、ということです。

改めて書き始めたころの記事を見てみてください。

まだ慣れていないため、表現が稚拙だったり、

上手く文章が書けていなかったり、分かりにくかったり、

書き足したいことがあったりと、

同じような内容でも、今だからこそ書ける文章があります。

数ヶ月もすれば、知らないうちに、

あなたのブロガーレベルは上がっています。

世の中の見方も変わっているかもしれません。

記事がある程度たまったら、定期的にこのやり方で

書くのもいいでしょう。

サーバーや環境を整え、

禁止事項なども学び、

ブログのテーマを決め、

自己紹介を書き終えたとこで、

とうとうブロガーライフのスタートです。

 

始めが肝心とはよく言いますが、

ここで始めの一ヶ月にしなくてはいけない大切なこととは

なんでしょうか?

 

実は、一ヶ月だけでは終わらないのですが、

『毎日記事を書き続ける』ということです。

なーんだ、そんなこと、と思いますか?

意外と大変なんですよ。

ブログを書くのは簡単そうに見えても、

書き続けるというのは、思った以上に大変な作業なのです。

面倒になったり、ネタが思いつかなかったり、

ふと忘れていたり。。。。

それに、始めは訪問者もいないので、

誰も読んでくれない記事を毎日一生懸命書いているような

気分になるのです。

誰も見てくれていないところで、一人で一生懸命

作業しているようなものなんです。

案外、ここが一つの壁になっているところでもあるのです。

とにかく始めは、一日30分でいいので、

ブログを書く作業をする、ことを続けましょう。

 

毎日有益なネタが浮かぶとは限りませんよね。

そういうときはどうしたらいいか。

自分の得意分野はなにか、というリストを作っておくといいでしょう。

その中から選び、解説や具体的な事例を紹介したり、

体験談を話したりと、広げていくことが出来ます。

パソコンに前に座ったはいいけど、

何にも思い浮かばない。。。と、もんもんと考えていても

何も思い浮かばないものです。

そういうときに、ふとネタ出し出来るように、

あらゆるリストを用意しておくと助かることかと思います。

 

また、もう一つのネタ出しのこつは、

スキマ時間の活用です。

常日頃、ふとアイデアが湧いたとき、

何か面白い体験をしたときなど、

スキマ時間を使ってメモを取っておくのです。

今は、スマホを持っている人が多く、

メモ帳を持っていなくても、スマホを持っているということは

あると思います。

そうした湧き出たネタを、スマホでも何でも

書き留めておくのです。