いきなりAmazonアメリカで購入しない

Amazonアメリカの画面には慣れたでしょうか。

自分の興味のある分野の商品を眺めていると、

これは日本で買うともっとするんだけどなとか、

日本ではこんなバージョンのものは売っていないぞとか、

いろいろなことに気がつきます。

自分でもほしくなってしまうことがあるでしょう。

そこで、

「さっそくこの商品を輸入しよう。

自分が欲しいと思ったのだから、

きっと売れるはずだ」と考えて仕入れをする、

というような単純な話ならよいのですが、

Amazon輸入ビジネスはそんなに甘いものではありません。

 

日本のAmazonに出品者として登録も済み、

Amazonアメリカにもアカウントを登録した。

さあ、いよいよ仕入れをしょう!といきたいころですが、

Amazonアメリカから何を仕入れてもよい、

ということではないのです。

 

つまり、準備は整ったけれども、

肝心の「何を仕入れて売ればいいのか」という根本の問題が解決されていませんよね。

ここからは、いよいよこの問題に取り組むことにしましょう。

 

まずは、セラー探し

Amazonの出品者をセラーといいます。

あなたもすでにセラーとして登録が済んでいますから、

あなたもAmazonのセラーの一人です。

とはいうものの、

まだ右も左もわからないというのが現実ですね。

そこで、

すでにAmazonセラーとして実績を出している人を探し出し、

その人がどのような商品を仕入れて販売しているのかを

分析することからはじめてみましょう。

 

セラー探しをする目的

セラーが扱っている商品は、

すでに売れている商品ですから、

ただやみくもに商品を探すよりも、

大幅に時間を省くことができます。

ただし、こうした商品はすでに販売されている物ですから、

同じものを扱う場合には、

そこに競合者として参戦していくことになります。

つまり、「利は薄い」と考えておきましょう。

物を売る以上、

ベストなのは

「競合者がいない状態で、たくさん売れること」であることは当然ですが、

最初から大きな取引ができるということは

ほとんどまれなことです。

ですから、

まずはAmazon輸入ビジネスにおいて実際に

「売れている商品」とは、

どのようなものなのかを知ることからはじめるとよいでしょう。

そもそもAmazon輸入ビジネスにおける商品リサーチは、

それぞれのセラーがさまざまな試行錯誤をしながら行っているものです。

そうした人たちの手法を分析することは、

よい勉強になります。

セラーを探すのは、

まずは利益を売ることよりも「勉強する」ためだと考えて取り組みましょう。

まちがっても

すぐにAmazonアメリカの購入画面に走ってはいけません。