ウェブライターに依頼した文章が完成したら、次は編集作業です。

編集作業では、SEO対策を強化し、

より読みやすい文章に仕上げていきます。

サイトや企画によっては、

編集作業までウェブライターに任せられている場合もあります。

 

SEO対策に向けた編集①「文章量の調整」

編集作業では、まず文章量を調整することから始めます。

元の意味を変えずに、適切な長さに変えていきます。

コンテンツによっては強化目的で2,000字以上必要とすることや、

軽い読み物として位置づけられるコンテンツは800字など

目的に合った、最適な長さに編集します。

 

文章量を増やす場合

数文字増やす場合は、具体例を一つ増やすだけで完成です。

乳酸菌飲料Aの販売目的のコンテンツを作成する場合、

「小さなお子さまにも、安心して飲める乳酸菌飲料です」という24文字の文章を

30文字以上に編集するなら、

「小さなお子さまからご高齢の方まで、家族みんなで飲める乳酸菌飲料です」

と、具体例(ご高齢の方)を一つ増やすだけで

文章そのものの内容を変えずに、長くすることができます。

 

数十文字~100文字程度増やす場合は、

具体例とその具体例が生む結論もしくは派生する話題を一つ増やします

 

例えば、

「おなかの中がすっきりすることで、毎日規則的な生活が送れ、

健康になってきたと報告する人が多いです」という47文字の文章を

90文字以上にする場合は、

「おなかの中がすっきりすることで毎日規則的な生活が送れるだけでなく、

生活にハリが出ることで活動的になり、

スポーツやジムなどにも積極的に参加するようになり、

健康になってきたと報告される方も多いです」と、

 

規則的な生活だけでなく「生活にハリが出ること」という具体例を加え、

その具体例が生み出す「活動的になり、スポーツやジムにも参加する」

という事象を付け加え、

意味は最初の文章と変わらないながらも、文章量を増やせるのです。

 

文章量を減らす場合

数文字単位で文章量を減らす場合には、

文章量を増やす作業と反対の作業、つまり具体例を1つ取り除きます

 

例えば、「乳酸菌を毎日定期的に飲むことで、

肌がワントーン明るくなる方や、美白効果を得る方もいます」という文章を

あと10文字以上削らなくてはならない場合は、

「乳酸菌を毎日定期的に飲むことで、美白効果を得る方もいます」と、

具体例(肌がワントーン明るくなる)を1つ取り除くことで、

文章を変えずに、文字数だけ減らすことができます。

 

同じように、全体を数十字から100文字程度減らす場合には、

具体例を1つと、それに対応する結末や事象を削減します。

 

全体の構成を変えないように、あくまでも「具体例」だけに注目し、

もっとも効果を生む文章量に調整していきましょう。

 

SEO対策に向けた編集②「文の長さの調整」

文章全体を適切な量に調整するだけでなく、

文一つ一つが読みやすい長さになっていることも、SEO対策上、大切です。

「乳酸菌飲料を飲むことで、毎日朝からスッキリできるだけでなく、

肌にも透明感が出てきて『美肌になったね』と言われることも多く、

毎日嬉しいですが、価格が少し高めなのが気になります」

という文章は、読みやすいでしょうか。

 

「乳酸菌飲料でスッキリできる」という情報と、

「美肌になって嬉しい」という情報、そして「価格に対する不満」の3つが

1つの文章にまとめられていますので、

非常に読みにくく感じるのではないでしょうか。

 

「乳酸菌飲料を欠かさずに飲むことで、

毎日スッキリとした日を送ることができています。

不要なものを毎日出しているからか、肌にも透明感が出てきて、

『美肌になったね』と褒められる機会も増えました。

嬉しいことばかりなのですが、

毎日ずっと続けていくには価格が少し高めなのが気になります」

のように、文章を細かく分けることで、

より言いたいことが伝わる文章になります。

 

1つの文には、メインとなる主張が1ないし2が望ましく、

3つ以上の主張があると、読みづらく感じます。

また1つの文は、40文字~60文字が読みやすい長さと言われています。

強調するときなどは、もっと短いフレーズでも問題はありませんが、

60文字以上に長くなることは避けた方がSEO対策上、お勧めです。

 

SEO対策に向けた編集③「段落の調整」

適切に改行することで、読みやすさを一段アップさせることができます。

1つの段落は3~5行が見やすいと言われています。

意味が途切れないように注意をしながら、

なるべく3~5行になるように改行しましょう。

 

また、段落と段落の間が詰まった状態で4つ以上繋がっているなら、

文字が多すぎる印象や、かなり硬い印象を与えてしまいます

柔らかい調子で商品やサービスを宣伝する文章の場合は、

段落ごとに1行あけたり、

2~3段落ごとに1行空けることもお勧めです。

 

また、段落を調整するときに、際立たせたい表現を

太字にしたり、色を変えたり、「」で囲んだりできます。

強調したい文字の大きさを大きくすることは、

大企業のサイトや政府広報のサイトではあまり使われる手法ではないため、

素人感が出てしまい、あまりおすすめできません。

 

SEO対策に向けた編集④「不要な表現を省く」

ウェブコンテンツを書いていく上でもっとも大切なことは、

文章の読みやすさと内容の分かりやすさです。

凝った表現や、省略しすぎる表現は、ウェブでは求められていません。

 

指示代名詞

「乳酸菌飲料Aはおいしいだけでなく、すぐれものです。

これはあなたの健康を守り・・・」という文章には、

「これ」という指示代名詞が含まれています。

 

もちろん「これ」というのは、乳酸菌飲料Aのことですが、

指示代名詞で表現することで、乳酸菌飲料Aを宣伝する効果が薄れます。

「乳酸菌飲料Aはおいしいだけでなく、すぐれものです。

乳酸菌飲料Aはあなたの健康を守り・・・」とする方が、

商品の販売を促進するという本来のコンテンツの目的にもかない、

ウェブ的に「良い文章」と判断されます。

 

ですが、あまりにも「乳酸菌飲料A」を連呼してしまうならば、

しつこい印象を与えかねません。

適度にすっきりさせるために、指示代名詞を使用するのも大事です。

 

ウェブコンテンツにおいて、強調したいキーワードは

3%~7%含まれているのが理想です。

例えば「乳酸菌飲料A」ならば6文字ですので、

1,000文字のテキストならば、5回から11回使用するのが最適です。

少なすぎないように、そして多くなりすぎないように

指示代名詞などを使用して調整しましょう。

 

接続詞

接続詞を入れすぎるならば、内容が希薄に感じられますし、

反対に接続詞を使わなさすぎるなら、前後関係が分かりにくくなります

文章を何度も声に出して読むことで、

自然で意味が通りやすい文章に整えていきましょう。

 

無駄に長い表現

「乳酸菌を採り入れることは、体にとって非常によいこととなります」

この文章は、回りくどい印象を与えませんか?

「乳酸菌は、体にとって大事です」と簡潔に書くことで、

内容が濃く、信頼性の高い文章になるのです。

「こと」や「もの」、「すること」「ことができる」などは

使う時に、代替表現はないか探してみましょう。