o06000410119386134951

SEO対策をして、ヤフーやグーグルなどのサーチエンジンから

「良い文章」と判断され、検索上位に表示されるためには、

文章の間違いや誤字・脱字、不適切な表現などを直す

「校正作業」が重要になります。

 

校正作業をきちんと行うことで、

SEO対策のできたお金を稼ぐことができるコンテンツが完成します。

どのようなことに注意して校正作業が行えるか、

また、校正作業を楽にすることができるツールについても解説します。

 

SEO対策の仕上げ!①「校正のポイント」

校正作業を行う時は、次の4つのポイントに注意をします。

 

変換ミス、送り仮名、ら抜き言葉

パソコンを使って作業を行うと、どうしても変換ミスが出てしまいます。

どんなに完成度の高い書籍やコンテンツにも、しばしば見られます。

仕方のないこと・・と言ってしまえばそれまでですが、

より「良い文章」を目指して、SEO対策上、最善のコンテンツを狙うなら

変換ミス」はしっかりと直しておくようにしましょう。

 

また、「送り仮名」についても同様のことが言えます。

例えば、「もっとも」を「最も」としないで「最とも」とするなら、

意味が伝わらないだけでなく、コンテンツに対する信頼度も下がります。

 

そして、「行う」や「行なう」のように、

どちらを使用しても、そう違和感がない送り仮名の場合は、

コンテンツやサイト全体で統一しておく必要があります。

複数のウェブライターがコンテンツを書き進める場合は、

初めに送り仮名に関しても、打ち合わせをしておきましょう。

 

小学校でも何度も繰り返し習ったことと思いますが、

「見れる」「知れる」などの「ら抜き言葉」は、

コンテンツ閲覧者に違和感を与えるだけでなく、

プロのライティングとは思えないと感じさせてしまいます。

自信がない場合は、「校閲ツール」や他の人のチェックも受けましょう。

 

虚偽や誇大表現

乳酸菌飲料Aの購入を勧めるコンテンツを作成する場合、

乳酸菌飲料Aを実際に飲んだ人の75.2%が「おなかの調子が良くなった」と

答えたとします。

ですが、「乳酸菌飲料Aを飲んだ人、全ての腸内環境を改善!」とか

「乳酸菌飲料Aを飲んだ人の10人に9人が、おなかの調子が良くなりました」と

表現するなら、虚偽・誇大表現とみなされます。

 

正直に調査方法と結果を伝えることが、

コンテンツ閲覧者の信頼獲得につながりますので、

たとえ思ったほどの効果が得られないデータだとしても、

偽りの表現をすることは避けましょう。

 

不快な言葉や差別につながる言葉

ネット上で公開される文章は、

パブリックに向けた公的なものと考えられます。

 

友人と話をするような感覚で文章を記すのも良いですが、

だれが読んでも不快にならない表現、

差別につながらない表現であるようにチェックしなくてはいけません。

 

難解な表現や漢字

多くの人に商品やサービスの購入を促すコンテンツや、

施設や場所への誘導を促すコンテンツを作成する際に、

難しすぎる表現や漢字は不向きと言えます。

 

コンテンツはだれが見るかわからないモノですが、

不特定多数のうちのなるべく多くの人に受け入れられるためには、

中学生でもしっかり読めば理解できる

表現と漢字を選択することがおすすめです。

 

不動産や投資など、明らかに成人以上が対象となっている商品やサービスは

もう少し難解な表現でも問題はありませんが、

それでも「なるべく多くの人に分かってもらう」ことを前提に書きましょう。

 

環境依存文字

読み込まれるOSやデバイスによって、

文字が異なる形で表示されたり、変換されないこともある「環境依存文字」。

多くの人にコンテンツを快適に読んでもらいたいなら、

使用しないのが最善と言えます。

 

SEO対策の仕上げ!②「校正ツール」

ウェブライターが自分で自分が書いた文章をチェックしても、

なかなかミスに気付かないことが多くあります。

また、膨大な文字量となるなら、校正の手間も非常に多くなってしまいます。

 

そのようなときに活用できるのが、「校正ツール」です。

マイクロソフトワードの「校閲ツール」の中の

「スペルチェックと文章校正」を活用すれば、誤字・脱字や送り仮名、

などを一括でチェックできます。

 

また、無料で利用できる「日本語文章校正ツール」なら、

ダウンロードや課金の心配なく、校正作業を行えます。

「日本語文章校正ツール」を開いて、

「文章を入力」の欄に、校正したい文章を貼り付け、

下部にある「上記の内容でチェック」のボタンをクリックします。

 

すると、チェック結果が一覧表示され、

難読時なのか、送り仮名が誤っているのか、誤字・脱字か

変換ミスなのか、環境依存文字なのか、不快な表現なのかが

コメントとともに表記されます。

 

SEO対策の仕上げ!③「校正の仕上げ」

ツールを使用して間違いを校正した後は、

声に出して読み上げることで、最終チェックをします。

すらすらと読める文章なのか、引っかかりがある文章なのか、

耳で確認することで、「良い文章」に近づいていきます。

 

だれか他の人に読んでもらってチェックすることもおすすめですが、

時間や日を開けて、自分で読み返してみるのも良いでしょう。