7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

商品名だけを記しても、それがどのような商品なのか分かりません。

コンテンツも同じです。良い文章が書かれていたとしても、

どのような内容なのかが分からないなら、

クリックしたいとネットユーザーに思わせることはできません。

 

グーグルやヤフーなどのサーチエンジンで検索されたときに

検索一覧に表示される文章や、

実際にコンテンツを開いたときの上部に表示される文章

キャッチコピー」とよび、

コンテンツの本文とは別に記し、

サイト閲覧者や検索を行っているネットユーザーの興味を引きます。

 

キャッチコピーにはどのような情報を入れることが望ましいのか、

またキャッチコピーを作るポイントについてご説明いたします。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー①「必要な情報」

コンテンツの内容を表現するキャッチコピーが秀逸であれば、

コンテンツ自体を読もうとする人は、格段に増えます。

つまりキャッチコピーは、人を引き寄せる原動力と言えるのです。

 

コンテンツをしっかり読んでくれるなら、

コンテンツの最大の目的である、商品やサービスの購入や来店などの行動へ、

閲覧者を導ける可能性も増えてきます。

このことからも、キャッチコピーはSEO対策上欠かせない

お金を稼ぐポイントと言えるのです。

 

キャッチコピーには、コンテンツのキーワードを全て含めるようにし、

検索一覧に表示されるときに全ての文字が表示されるように

30文字以内にしておく必要があるのです。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー②「抑えるべきポイント」

では、どんなキャッチコピーが良いキャッチコピーになるでしょうか。

 

閲覧者の立場に立ったキャッチコピー

コンテンツ作成者や、商品開発者ではなく、

実際にコンテンツを見てくれている閲覧者の立場に立った

キャッチコピーであることが重要です。

 

キャッチコピーを作る際には、一消費者としての目線で、

何を言われたら購入しようと言う気持ちになるかを考えます。

 

ポジティブなキャッチコピー

コンテンツを作る際に、

値段が高いことや乳酸菌以外に含まれる成分の種類が豊富でないことなど

商品のネガティブな部分に触れることは非常に重要です。

 

なぜなら、良いことばかりを述べているサイトは、

「本当にそんなに完璧な商品なの?」と

反対に、信頼性を失ってしまうからです。

 

ですが、コンテンツを読んでいない人の目に触れる機会が多い

「キャッチコピー」には、

このようなネガティブな内容を載せてしまうと、

サイトをクリックして、コンテンツを読もうという気持ちにはさせません。

キャッチコピーはあくまでもポジティブな内容にしましょう

 

意味が分かりやすいキャッチコピー

感動的な言葉や、スタイリッシュな表現は、

コンテンツのキャッチコピーには必要ありません。

すぐに意味が分かることと、言いたい内容が伝わること、

そして思わず内容を見たいとコンテンツを読むように仕向けることが

最良のキャッチコピーと言えるのです。

 

ウェブライターは広告大賞を狙っているのではありません。

商品が売れ、お金を稼ぐことができるキャッチコピー作成を目指しているのです。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー③「心をつかむ情報とは」

では、どのような情報をキャッチコピーに含めるなら、

閲覧者の心をつかむことができるのでしょうか。

乳酸菌サプリメントのキャッチコピーを作る場合を想定して、

考えてみましょう。

 

新しさが心をつかむ

昔から一定の評判を保っている商品の場合は、

その歴史と伝統が、人々に安心感を与えます。

ですが、歴史もなく人々にまだ知れ渡っているわけでもない商品は、

「新しさ」を武器にして、閲覧者の心をつかむことができます。

 

『日本初!トクホをとった植物性乳酸菌タブレット』

のように、「初」「新」などの単語で、

閲覧者の興味を引き付けることができるのです。

 

お得さが心をつかむ

金銭的にお得な情報は、大抵の人にとって興味深いものとなります。

特に、多くの情報を比較できるネットは、

お得さに敏感な消費者が集まりやすい環境と言えます。

お得さを前面に出すことで、閲覧者の心をつかみましょう。

 

『1日わずか98円!毎日続けられる乳酸菌タブレット』

などのように、日割りの金額を表示したりすると、

よりお得感を感じやすくなります。

「半額」「○%引き」「値下げ」「割引」などの単語も、

閲覧者の心をつかむ表現です。

 

役に立つことが心をつかむ

金銭的なお得も良いですが、知的なお得も閲覧者にアピールします。

『知っておくべき生活習慣病を防ぐ3つの乳酸菌習慣』

のように、このコンテンツを読むだけで

生活習慣病を防ぐポイントが分かるという「知的お得さ」をアピールすれば、

生活習慣病にかかるのではと

不安に感じている閲覧者の心に響くキャッチコピーになるでしょう。

 

「知っておくべき」以外にも、「豆知識」や「新常識」

などの言葉も、知的お得感をくすぐります。

 

限定情報が心をつかむ

限定ものに弱いのは、日本人の特徴とも言われています。

その「限定に弱い」特性を、キャッチコピーにも活かしましょう。

『先着1,000名だけ!乳酸菌タブレットAが送料込みで500円』

のように、人数や値段を出して、限定であることをアピールします。

 

また、「今だけ」「○月○日まで」などの言葉も、

限定感を高めるフレーズです。

 

好奇心が心をつかむ

クリックしたい、内容を知りたいと思わせるためには、

閲覧者の好奇心をあおることも必要です。

『今まで誤解していたかも!?乳酸菌の秘密』

と、あえて内容を詳しく書かないことで、

「知りたい」という気持ちを駆り立てます

 

ですが、好奇心をあおる方法は、

あまりにも怪しげな言葉を使ってしまうなら、「危ないサイトなのでは?」

と、かえってクリックするのをためらわせてしまいます。

常識の範囲内で好奇心をあおるように心がけましょう。

 

また、1日分のサプリメントの料金が約100円かかり、

サプリメントの効果は続けることでしか得られないにも関わらず、

『たった100円でがんリスクを抑える方法』のように

虚偽の情報をキャッチコピーにしてしまうなら、

「他の内容も嘘や誇大情報ばかりに違いない」と思われてしまい、

好奇心をあおるどころか、不信感をあおってしまいます。

 

気持ちをあおることが至上命題のキャッチコピーですが、

あくまでも正確な情報のみを含めるようにしましょう。

 

SEO対策の肝!キャッチコピー④「作成方法」

良いキャッチコピーは、

コンテンツを読みたいと思わせるキャッチコピーであり、

究極的には、商品やサービスの購入や店舗への来店などに導くことが

目的となっているはずです。

 

たった30文字以内のフレーズで、

多くのネットユーザーが「コンテンツを読みたい」「商品を購入したい」と

なるように、心を動かしていかねばなりませんので、

キャッチコピー作成は、責任重大とも言えるのです。

 

そんな大きな使命を背負う「キャッチコピー」が、

次から次へと頭に思い浮かぶはずはないのです。

良いキャッチコピーを作成するスキルは、

多くのキャッチコピーを作成することでしか得られないのです。

 

最低限、30文字という字数制限を守り、

キーワードをすべて含めると言うルールを念頭に、

より心を引き付けるキャッチコピーを作っていきましょう。

 

どうしても良いキャッチコピーが浮かばないときは、

ほとんどのネットユーザーが興味を持ちやすい

「金銭的なお得さ」をアピールすることができます。

 

乳酸菌サプリメントの例でいうならば、

「生活習慣病の知識」や「トクホ(特定保健食品)であること」には

興味が全くない人でも、

「1日わずか98円」や「送料込みで500円」には

興味をひかれる可能性が高いのです。

 

値段的なお得感がない商品でも、

『放射線治療は1回平均25万円かかる!乳酸菌でがんリスク低減』

のように、比較してお得だと言うことを述べたり

『今なら乳酸菌とがんリスクの関係が分かる小冊子をプレゼント!』

のように、無料プレゼントやサンプルについて述べることもできます。