021e9ce626bc95c2543e21fd93c365ed_s

商品の販売、サービスの提供、店舗への来店など、

様々な目的を持つサイトが存在します。

それぞれのサイトのコンテンツは、

販売や来店などの目的を達成するものでなくてはなりません。

 

また、SEO対策の観点でも、サイトの目的が分かりやすいなら、

良いコンテンツ・良いサイトと判断され、

検索上位に表示される可能性も高まります。

 

では、一体どのようなポイントに訴えかけるなら、

ネットを閲覧する人にとって魅力的なコンテンツになるでしょうか。

コンテンツを魅力的にするために、

アピールすべきポイントについてご説明いたします。

 

SEO対策上の魅力ポイント①「お金」

あまりに露骨にお金のことばかり話す人は魅力的ではありませんが、

「お金」に興味がない人も少ないのです。

一人で見ることが多いパソコンやスマートフォンのサイトの場合、

露骨にお金の話題に触れても、「下品」とはなりにくいのです。

 

「激安」「値下げ」「売りつくし」のように

通常の値段より下がったことをアピールするのも効果的です。

また、具体的な値段を述べて、

幾らくらい節約できるかを提示することも、心に響きます。

 

その他にも、お金を増やせることや儲かることも、

ネットユーザーたちの心をつかむ魅力となります。

 

証券会社の口座開設を促すためのサイトで、

株式投資でどんなに儲かるかを知らせるコンテンツを作る場合、

『150万円がたった3年で5億円に!Yahoo.comの奇跡』

というキャッチコピーなら、

つい中身を見たいと思ってしまうのではないでしょうか。

 

金銭的にどの程度お得なのか、どの程度儲けることができるのか

具体的な数字で示すなら、より閲覧者の心をつかむでしょう。

 

SEO対策上の魅力ポイント②「安心」

相手が見えないネットだからこそ、

ネットユーザーたちはいつでも不安を抱えています。

特にネットショッピングなど、お金を支払う行為を伴う際には、

慎重になる人も非常に多いのです。

 

ですから、サイトで「安心」感をアピールするなら、

ネットユーザーたちにも支持されるコンテンツとなり、

SEO対策上も、「良いサイト」と認められやすくなります。

 

証券会社の口座開設を誘導するサイトで、

株式投資をすすめるコンテンツを作成する場合、

閲覧者に、株式投資に対して「安心」感を持ってもらうことが大事です。

 

『初心者でも安心!24時間電話サポートのある証券会社』

というなら、メールではなく電話で直接質問できる安心感を与え、

『ローリスク投資の決定版!積立投資信託で着実な資産形成』

というならば、低いリスクで投資ができるのではと

投資未経験者の心にも響くフレーズとなるでしょう。

 

「安心」を前面に出したキャッチコピーも多くの人に訴えかけますが、

反対に不安要素を述べて、「安心」と言う解決策を提示する方法もあります。

同じく、証券会社の口座開設を誘導するサイトのコンテンツで、

『スイスフランショックで倒産会社が続出!その中でも儲けた投資家の特徴』

のように、不安をあえて述べることで、「安心」を引き立てることも可能です。

 

SEO対策上の魅力ポイント③「健康」

失って初めて気づくとも言われる「健康」。

自分が病気やけがになった場合だけでなく、

家族や友人など身近な人が病気やけがをしたときにも、

「健康」に関する興味は増えるものです。

 

乳酸菌サプリメントの購入を促すサイトのコンテンツなら、

『老後の健康も、1錠のサプリメントで自信が持てます!』のように、

今は健康な人も、年齢を重ねることで健康に自信が持てなくなるという

気持ちにアピールするキャッチコピーが作れます。

 

『健康な人の健康習慣!乳酸菌で老廃物をすっきり排出しましょう』

のように、健康でなくなってからではなく、

今、必要と言うことをアピールするのも良い方法です。

 

SEO対策上の魅力ポイント④「美」

一昔前なら、「美」を追求することはあまり褒められたこととは

認識されていませんでした。

ですが、現代では、老いも若きも男性も女性も、

「美しくなりたい」という要求を持つ人が非常に増えています

 

乳酸菌サプリメントの購入を促すサイトのコンテンツで

『美肌になりたいなら、乳酸菌で腸内環境を整えましょう』や

『美人はみんな朝すっきり!朝のお通じに効く乳酸菌とは』のように

「美しさ」に働きかけることで、

興味をグンと引き付けることができます。

 

SEO対策上の魅力ポイント⑤「喜び」

非常に抽象的な概念ですが、

「喜び」もコンテンツを魅力的にするポイントです。

自分の喜びや、家族の喜び。具体的に例示することで、効果はより高まります

 

証券会社の口座開設に結びつけるサイトのコンテンツで、

『子どもが私学に進学したいと言った時、また留学したいと言った時、

十分な備えがなく、夢をあきらめさせるのは悲しいことです。

子どもの将来のために、喜ぶ顔のために、

今から少しずつ投資を行って、資産を形成していくのはいかがでしょうか?』

 

のように、「不安」→「喜び」を提示することと

自分ではなく「子どもの将来」について触れることで、

今は特に金銭的不安を感じていない人にも、

「投資をして、資産を増やした方が良いかも」と心を動かすことができるのです。