Amazonアメリカで、いよいよ仕入れを行います。

ここでは、あなたは「購入者」としての立場ですから、

セラーをよくよく吟味する必要があります。

では、どんなセラーがよいのでしょうか。

 

セラー選びは慎重に

Amazon輸入ビジネスは、

ビジネスである以上、ノーリスクではありません。

Amazonに限らず、

私たちが通信販売を利用する際には、

届いた商品がイメージとはかけ離れていたり、

破損していたりするというリスクを抱えています。

もちろん、国内であれば、

返品や交換などのトラブル処理をすればいいだけですし、

コミュニケーション上の問題もありません。

しかし、私たちが今相手にしようとしているのは、外国人です。

少なくとも、

日本人のような価値観を持って

意思疎通のできる相手ではありません。

ですから、未然にトラブルを防ぐためにも、

ここはやはり慎重になりたいものです。

 

仕入れの責任はあなたにあります

Amazon輸入ビジネスでは、

最初はAmazonアメリカから仕入れを行う人でも、

次第に別なネットショップや

オークションなどを利用する様になることが多いようです。

そこで発生するトラブルが、

「ニセモノだった」「著しく破損していた」といったものです。

ですが、これを返品したり、交換を求めたりするのは、

とても骨が折れます。

ですから、たいていの人は「泣き寝入り」となります。

しかたなく、国内のオークションにかけたり、

投売り状態で処分したりという処理をとることもあります。

厳しいことですが、

海外との取引では、

「だまされるほうが悪い」という心構えでいたほうがよいでしょう。

だまされる、というのは言い過ぎでも、

日本人の価値観とはあわない場合も多々あります。

先方は、当たり前のこととして処理したことでも、

日本人からしてみると不誠実に見えることもあります。

そうしたことを理解したうえで、

海外からの仕入れを行うようにしましょう。

 

日本の梱包はとても丁寧

「過剰包装」という言葉があるくらいです。

日本では、商品を丁寧にビニールで包み、

そのあとに箱につめ、紙で包装し、

緩衝材をいれてダンボール等で梱包する、

というのがほとんど通信販売での常識となっていますね。

商品の外箱が、少しつぶれているだけで、

クレームがついたりするほど、

日本人は商品だけではなく「包装」や「梱包」に対して

とても神経質です。

ですが、世界的に見れば

これはちょっと「特異」な習慣です。

海外からの商品に対しては、

あまり神経質にならないようにしましょう。

「商品に問題がない」のなら、それでOKです。

多少外箱がつぶれていたり、包装が粗末だったりしても、

「こんなひどい状態で送ってきた!」という判断はしないようにしましょう。