さて、前回の記事では

「FBAセラー」を選択するべき理由を述べました。

とはいうものの、

自分が仕入れたいと考えている商品に

Amazonも参入していなければ、

FBAセラーもいない、ということもあります。

また、あまりにも価格が違いすぎる、というときもあるでしょう。

そうしたときには、どうすればよいのでしょうか。

あくまでも「リスクがあることを承知の上で」

ということになりますが、

まず、配送までの日数を商品ページで、

しっかりと確認してください(もっともあまりあてにはなりません)。

その日数にさらに3日~1週間程度の日数を加算した上で、

「待てる」のならば、購入を検討してもよいでしょう。

単純に、国土面積だけでも日本の約20倍もあるアメリカです。

輸送手段が高度に発達しているとはいえ、

日本のような「(秒刻みでも遂行する)時間厳守」

という常識は通用しません。

そのことは、覚悟をしておくべきです。

さらに日本同様に、

Amazonアメリカにも「無在庫セラー」が存在します。

この点にも注意が必要です。

つまり、「セラー」をどのような基準で信頼するかが、

問題となりますね。

そこで、いくつかポイントをあげてみましょう。

セラーの情報を見る際には、

「Delivery」の「Ships from」のところを見ます。

amazon21-1

これを見ると、

そのセラーがどこから発送してくるのかがわかります。

上はNY(ニューヨーク州)から、

下はFL(フロリダ州)からです。

どちらも、アメリカ国内であることは確かですね。

ところが、商品によってはこんな場合もあるのです。

amazon21-2

これは「韓国からのお取り寄せ」というケースですね。

このような「United States.」以外の場所からの配送は

「無在庫セラー」の可能性もあります。

少なくとも、

かなりの時間を要することは覚悟したほうがいい

というセラーです。

FBAセラーを選択できないときには、

「United States.」だけは確認するようにしましょう。

もう一つ、

セラーを判断する際のポイントは、

国内のセラー同様にやはり「評価件数」と「評価」です。

つまり、★の数ですね。

セラー一覧のページを見てもよいですが、

セラー一覧のページは細かいところまで分析できません。

ですからやはり、Amazonアメリカのセラーも、

ストアページを開いてみましょう。

ストアページの開き方は、

日本のAmazonの場合と同様です。

見方も同じです。

左上に評価の★、

右下のほうに直近1ヶ月から過去1年間の評価件数と

評価の平均が表示されています。

このセラーのように、星の数もしっかりあって、

amazon21-3

評価の件数も多く、

かつ、年間で安定している、

amazon21-4

というようなセラーなら安心です。

日本国内でセラー探しをした経験が、

Amazonアメリカでも生きてきます。

Amazon輸入ビジネスにおいては、

「良いセラーを探す」ということがとても重要なのです。