Amazonアメリカの決済画面へ進みましょう。

まず、商品をショッピングカートにいれます。

ショッピングカートのページを開いて画面の確認をします。

まず、

「Price 価格」と「Quantity 個数」に

間違いがないことを確認します。

「Only 4 left in stock.」などと

在庫についても確認しておきましょう。

在庫があれば、商品はすぐに発送してもらえます。

確認が済んだら、

ページの右側にあるオレンジ色のボタンを押します。

amazon24-1

Proceed to checkout と書いてあるところです。

慣れていないうちはSign in to turn on 1-Click ordering.は押さないようにしましょう。

 

その下にある

Estimate your shipping and tax (送料と税金の見積もり)

というところをクリックすると、

amazon24-2

Enter a ZIP Code (郵便番号を入力)と出てきます。

ここに、

転送業者から割り振られた住所の郵便番号を入力して、

Get Estimate をクリックするか Enterキーを押すと、

amazon24-3

items (2) $62.98

Estimated shipping & handling $5.30
Free Shipping -$5.30
Total before tax $62.98
Estimated tax to be collected $0.00
Estimated order total $62.98

商品の合計は$62.98で、

送料と手数料が$5.3かかるのですが、

($35以上のお買い上げですので)

これが無料となります。

ですから、

税金がかかる前の金額は$62.98です。

 

税金はかかりません($0)ので、

ご注文の見積金額は$62.98です。

というように、見積もりがでます。

これを確認しておくとよいでしょう。

 

確認が済んだら、Proceed to checkout を押しましょう。

続いて出てくるのは、サインインの画面です。

※最初にサインインしている場合には、出てきません。

ブラウザの設定(パスワード等を保存してある場合など)によっては、

自動的にサインインされています。

サインインしたら、

次の画面は「Select a shipping address」です。

つまり、「どこに送ればいいのか選択してください」ということです。

 

ここには、2つのアドレスを登録しておきます。

「日本の住所」と「転送業者に割り振られた住所」です。

日本に直送してくれる者の場合には、

「日本の住所」を選択すればいいですし、

そうでない場合には、

「転送業者に割り振られた住所」を選択するようにします。

 

住所を追加するには、

この下の画面にあるAdd a new address のフォームに入力します。

転送業者に割り振られた住所は、

そのままコピー&ペーストしてしまいましょう。

どちらの住所に送るのかが決まったら、

Ship to this address を押します。

 

「日本の住所」を選択した場合、

こんな画面が出てくることがあります。

amazon24-4

「あなたが選択した住所には送ることができませんよ」ということなので、

この場合には転送業者から割り振られた方のアドレスを選択します。