ここで、Amazonに納品する際の注意点を

簡単にまとめておきます。


面倒だけど一番注意が必要なラベル貼付

特に、シリーズで仕入れたり、

シーズンに特化したものを仕入れたりした場合には、

ラベルを貼り間違えるミスが発生しやすくなります。

たとえば、

同じデザインの色違いTシャツを仕入れたときに、

ラベルを貼り間違えるとどうなるでしょうか。

お客様のもとには違う色のTシャツが届くこととなり、

トラブルとなります。

 

もちろん、

その商品のラベルが間違っていたということは、

ほかにも間違ったラベルが貼られている商品がある

ということですから、

完全におかしなことになってしまいます。

 

商品の数が多ければ多いほど、

「あとから」ではわからなくなってしまいます。

どの商品にどのラベルを貼っているのか、

それをしっかりとリアルタイムで管理しておくことが大切です。

 

どうしてもわからなくなってしまった場合には、

一度出品停止の処理をして

Amazonの倉庫から自宅に返送してもらう決断も必要です。

管理しやすいように、

自分でもさまざまな工夫をするようにしましょう。

 

配送のルールを守る

このくらいならいいだろう、

ということは通用しません。

倫理的な問題からではなく、

あまりにもAmazonの市場が巨大だからです。

毎日、多くのセラーから

莫大な商品が届けられているAmazonです。

Amazon側としても一人一人の事情などに対応するのはとても難しいことです。

 

小さなことならAmazonでも見逃してくれるかもしれません。

しかし、サイズ超過であるとか、

商品をルールに従って納品していないなどという場合には、

そっくり返送されてきます。

 

商品の配送にはルールがあります。

ここでは、最低の納品作業の手順等をお話ししましたが、

本のセット販売、

CDの梱包、

もともとついているバーコードの処理など、

細かい規定があります。

 

これらは、動画でも配信されていますので、

自己流で取り組まず、

「どうすればいいのかな」と思った時には、

必ずセラーセントラルのページで確認するようにしましょう。

 

商品登録の情報は、まだまだこれから

商品については、

コンディションと価格等の最低限のことは登録してありますが、

それだけでは不十分です。

Amazon倉庫に品物が到着して、

処理されたらすぐにベストの環境でセールスができるように、

商品ページを作りこむ必要があります。

ここまでやればOKという最低のレベルに甘んじるのではなく、

自分の商品を積極的にアピールするために、

商品ページを見直して

より魅力的なページにしていくことも忘れないでください。