できるだけ高く売りたい、という心理と、

できるだけ安く買いたいという心理とが、

ちょうどバランスよく交わったところが、

市場価格ですね。

Amazonも一つの市場ですから、

基本的にはこの原理で動いています。

ですから、

競合者(供給者)が増えれば価格は下がっていきますし、

ニーズ(需要者)が増えれば多少高い価格設定でも

買ってもらえます。

では、いったいいくらにすればよいのでしょうか。

競合者が多い場合には安くしなければならないのか。

あるいは、利益を得るためには高く設定すべきなのか。

そして、価格を変更するには

どのようなタイミングで行うべきなのか。

頭では分かっていても、なかなか悩ましい問題です。

こうした「価格設定」の考え方について少し考えていきましょう。

以前にも述べたとおり、

まずはFBAセラーの設定している価格を基準にします。

FBAセラーは、

ショッピングカートを獲得していることが多いですので、

ショッピングカートの価格を参考にしましょう。

ショッピングカートを獲得できるかどうかの基準や条件などは、

明らかにはなっていません。

最初のうちは、

ショッピングカートを獲得するのは難しいかと思われますが、

ショッピングカートの価格に近い価格であれば、

もしかすると獲得することができるかもしれません。

まずは、無理をせずにFBAセラーに倣いましょう。

なお、ショッピングカートは最安値より少し上の価格でも、

獲得できるというAmazon輸入ビジネスのセラーもいます。

とはいえ、確実な話ではありませんから、

そんなこともあるらしい、

程度の認識でいたほうがよさそうです。

ショッピングカートを自己発送セラーが獲得している場合には、

これは無視してもかまいません。

自己発送セラーが、安く価格を設定していたとしても、

結局送料をお客様が負担するということがわかれば、

「なーんだ。安くてもこれじゃほとんど一緒だ。

それなら、Amazonから(発送される)商品を買おう」

というお客様は、確実にいるからです。

そもそも相手(自己発送セラー)も同じようにして、

輸入ビジネスを展開しているとすれば

(つまり大量発注に成功したような人ではなければ)、

基本的にかかっている元手は同じぐらいのはずです。

安くできる限界は知れています。

さらに、無在庫セラーと考えられるセラーも無視しましょう。

「2週間以上かかるなら、高くてもAmazonで買おう」

という人も必ずいます。

このように、

価格を決める時には、

まず「FBAセラーの価格を基準にする」ようにしましょう。