Amazon輸入ビジネスにおいては、

価格の設定が一番気を使うところかもしれませんね。

そこで、前回は

「価格競争に付き合って安値圏で売らないように注意する」

「自分が最低価格のときには、価格を見直す」

ということについて述べました。

さらに、もう少し価格について考えてみましょう。

今度は、「価格競争」で「価格を引き上げる」場合です。

 

価格を引き上げるのも一つの方法

競合者があまりいない場合

(そして、そこそこ売れているとき)には、

価格をあげてみるのも実は一つの方法です。

高い値段で売れるならそれにこしたことはないというのは、

どのセラーでも同じ。

それならば、少し価格をあげてみます。

すると、もう一人が「価格差をキープするなら、

自分も少し価格をあげても大丈夫かな」

と考えるかもしれません。

それを見て、もう一人も……ということも

可能性としてはあるわけです。

比較的売れているような人気商品なら、

やってみる価値はあるかもしれません。

人間というのは、とかく意味づけをしたがるものです。

FBAセラーの価格が自己発送セラーより高くても、

「Amazonから発送されるのだからしかたがない」

という解釈をしてしまう人もあります。

Amazonのブランド力が、

(セラーにはいい意味で)お客様に錯覚を生じさせるわけです。

もちろん、引きあげる価格には限度というものがありますが、

試してみる価値はあるでしょう。

 

ショッピングカートの獲得

ショッピングカートは、やはり獲得したいものですね。

どのような条件でショッピングカートが

獲得できるのかはわかりませんが、

いろいろと試してみるとよいでしょう。

自己発送セラーがショッピングカートを獲得している場合には、

ねらい目です。

 

その価格よりやや高めに設定しても、

FBAセラーならショッピングカートを

獲得できる可能性が十分にあります。

Amazonのセラーセントラルは、

入力した情報が反映されるまでに時間がかかりますので、

少し時間をあけながら様子を見るようにします。

 

ショッピングカートの獲得は、

Amazon輸入ビジネスにおいて非常に有益なものなのです。

・自己発送セラーしかいない(FBAセラーは自分だけ)

・自己発送セラーの価格に近付けても利益が取れる

という条件がそろっているとカートの獲得がしやすいです。

 

自己発送セラーは、

送料分を差し引いて価格表示をしています。

場合によっては、

大きな価格差があることもあります。

 

そうしたときに、その価格についていけるのかどうか、

よく考えてから価格を変更してください。