Amazon輸入ビジネスでは商品が1個売れたので、もう一度リピートしよう。

そういうこともたくさん出てくると思います。

では、そうしたときに今度は何個仕入れればよいのでしょうか。

これは、状況によりけりです。

とても人気がある商品ですぐに売れてしまったとしても、

次の便で届くころには、

競合者が多数参入して値崩れているという可能性も

ないわけではありませんし、

あるいはさらに価格が上がって笑いが止まらない、

ということになっているのかもしれません。

ですから、自分のリスクを考えて、個数を決めましょう。

クレジットカードでの仕入れを行っている以上、

「売れ残った在庫を抱えるリスク」

というのはやはり避けたいということを、

忘れないでください。

短期間で売り切る(最長でも2ヶ月)という原則、

在庫をできるだけ抱えないという原則がありましたね。

それをもう一度思い出しましょう。

こういうときには、

締め日が異なるカードを併用して、

時期をずらしながら少量ずつ仕入れるというのも一つの方法です。

一度にたくさん仕入れるのではなく、

仕入れる機会を増やすというわけです。

1ヶ月に1度の仕入れではなく、

2週間に1度の仕入れにしていけば、

売れるかどうかを見極めながら、

商品をAmazonに供給し続けることができます。

仮に、すぐ売れてしまったとしても、

商品の到着は2週間先です。

「売れる波」には乗り続けることができます。

そして、万一仕入れたはいいものの、

値崩れたり、売れなくなってしまったりした場合には、

そこでストップをかければ、抱える在庫は必要最小限ですみます。

Amazonアメリカに在庫があればあるだけ、

競合者に参入するチャンスが増えるということになります。

そうなると、ここは買占めをして

「独占販売」状態にできたら最高です。

Amazonアメリカのセラーの抱える在庫数によっては、

買い占めてしまってもよいときがありますが、

あまりにも個数が多い時には、

やはりほどほどにしておくべきでしょう。

このように、

商品の仕入れ方でもさまざまな工夫をしてみましょう。

場合によっては、直接セラーにメールで交渉してもよいでしょう。

相手もAmazonセラーです。

あなたはお客様側にいます。

顧客の質問に応じないはずはありません。

難しい英語を使う必要はありませんし、

形式ばったビジネスメールの必要もありません。

まずは、やってみるというチャレンジも大切にしてください。

リピートできる商品をたくさん見つけることが、

Amazon輸入ビジネスを成功させるカギの一つです。

さまざまなチャレンジをして、

Amazon輸入ビジネスでリピートできる商品をたくさんみつけられるようになりましょう。