Amazon輸入ビジネスが軌道に乗ってきたら、

次は仕入れ先の拡大を試みてみましょう。

同じ商品でも、Amazonでは高いけれど、

外のネットショップでは1割ぐらい安いな、

ということは日本と同様にあり得ます。

さらに、もっと安い価格で販売している人もいます。

そうした「仕入先」もリサーチできるようになれば、

Amazon輸入ビジネスの世界は大きく広がります。

Amazonにはない商品も扱えるようになりますので、

ゆくゆくはぜひ検討してください。

 

PayPalアカウントの登録

PayPalとは、世界最大の決済代行サービスです。

ネットショップは、Amazonだけではありません。

世界各国にさまざまなECサイト(ネットショップ)があります。

まだ日本へは直接配送してくれないお店もありますが、

転送業者をうまく利用すれば、

そうしたお店からも仕入れることは可能です。

 

ただし、そうしたときにちょっと不安になるのが

「決済」の問題。

クレジットカードは使えるものの、

言葉も通じないような外国の人に

カード情報を知られるのは怖い、

という不安はどうしてもつきまといます。

 

そうしたときに、

クレジットカード情報を知らせずに決済できる方法があるのです。

それが、PayPalペイパルです。

適当な海外のECサイトを開いてみましょう。

TOPページに支払い情報が表示されていなければ、

PAYMENT METHODSというページなどを開いてみてください。

すると、以下のようなマークがでてきます。

amazon29-1

amazon29-2

このような記載があれば、

PayPalで決済ができるということです。

かなりのシェアを誇る決済システムですので、

海外のECサイトを見たときには、

ちょっと確認してみてください。

 

仕組みは簡単です。

PayPalにクレジットカードを登録しておくことで、

相手(ショップやセラー)には

クレジットカード情報を知られずに、

決済をすることができます。

 

特に、eBayのようなオークションサイトでは、

できるだけ個人情報はさらしたくないものです。

また、日本のECサイトでも

ペイパル決済が可能なお店は増えています。

アカウントを持っているととても便利ですので、

ぜひ、この機会に登録しましょう。

 

かつては、英語で登録しなければなりませんでしたが、

今は、日本語サイトがありますので、安心してください。

PayPal 

アカウントの登録と維持は無料です。

今はAmazonアメリカだけで手一杯、

という人でもいずれ必要になるかもしれませんし、

国内でも使えますのでこれを機に

アカウントを取得しておくことをお勧めします。

 

また、いずれAmazonに出品するのではなく、

輸入ビジネスを本格的に行って、

ネットショップを立ち上げたいというときにも、

利用できます(ビジネスアカウントが必要です)。

Amazonアメリカから一歩踏み出すために、

PayPal登録からはじめましょう。