取り扱う商品が多くなってくると、

返品される割合も高くなってきます。

Amazonはわりと

簡単に返品を受け付けてくれるといわれますので、

返品処理もビジネスのうちと

考えておいたほうがいいのかもしれません。

返品されてしまった商品は、

もうAmazonでは販売できない在庫

として扱われますので、

引き取るしかありません。

「返送」の手続きを開始します。

ただいたずらに倉庫にとどめておくと、

保管料が取られるだけですので、

速やかに引き取りましょう。

まず、

セラーセントラルの「在庫管理」ページから、

amazon32-10

「返送/所有権の放棄依頼を新規作成」を選択して

手続きを進めましょう。

amazon32-11

自宅に返送されてきたら、

まずは商品の状態チェックです。

すでに外箱が崩れていたり、

商品に小さな傷が付いていたりしたら、

もう「新品」としては出品できません。

ですが、それをそのまま処分する必要はありません。

今度は、「中古」として出品することを検討します。

Amazonの中古品のコンディションは

比較的細かく分類されているので、

状態の悪い中古品もかなり出品されています。

また、コンディションについては、

細かく画像つきで説明することもできるので、

傷の状態や箱の破損状況などを撮影してUpし、

説明を加えると、

かなり早く売れていきます。

安いのなら、多少傷があってもかまわない、

と考える人も多いのです。

出品するときには不安かもしれませんが、

予想以上に早く売れていくということもありますので、

ぜひ、中古品として出品してみてください。

返送手続きをするのも面倒だという場合には、

Yahooオークションなどに出品し、

そのまま落札者にはFBAで配送してもらう

という手段もあります。

並行輸入品での中古品というのは、

需要はあっても供給がないという可能性は大いにあります。

利は薄いかもしれませんが、

Amazonの倉庫から返送してもらい、

中古品として出品するために

また送料をかけてAmazonの倉庫に送り返す……

という費用と手間を考えれば、

一か八か、オークションで処分したほうが、

利益がとれるかもしれないというケースもあるでしょう。

商品によりけりですが、

そういう選択肢もあるということを

覚えておくとよいでしょう。

なお、FBAで配送してもらう場合には、

「Amazon」の箱ではなく

無地の箱で送ってもらうことができます。

オークション落札者を混乱させることにもなりますので、

このサービスを利用したほうが良いですね。

※なお、Yahooオークションに出品するためには、

Yahooプレミアム(有料)への登録が必要になりますので、

注意してください。