外注化をはかってよりスピーディーに

Amazon輸入ビジネスが本格的に軌道に乗り始めると、

いくつかの作業は他の人にやってもらってもいいな

と思えるものがいくつか出てきます。

Amazon輸入ビジネスでは、

作業の一部を外注することも可能です。

Amazonのセラーセントラルは、

共同で管理することが可能です。

つまり、セラーセントラルで作業ができることであれば、

基本的にはあなた以外の人でも

作業ができるというわけです。

自分以外の人にセラーセントラルへの

アクセス権限を与えれば、

共同管理者になります。

近くにいる人である必要はなく、

インターネットに接続されている環境の人であれば、

どこにいる人でもいいということになります。

逆に、

セラーセントラルの一部にアクセス制限を

設定することもできます。

特に外注して人材を募集した場合、

セキュリティ上、

アクセスされたくないページもあるわけですから、

この設定をしておけば

「在庫管理ページ」しかアクセスできない

というような状況にすることもできます。

SOHOの人材バンク(例 : ランサーズなど)などを見ると、

こうした目的の人材募集が多く行われています。

良い人材を獲得するためには、

それなりに単価を上げなければなりません。

輸入ビジネスとしての費用の中に、

「人件費」が発生することになりますから、

もはやクレジットカードだけに

頼るわけにはいかなくなります。

それなりのまとまった資金が必要であるということは、

認識しておきましょう。

 

さまざまなツールを探そう

Amazon輸入ビジネス

もしくは輸出ビジネスに取り組む人が増えています。

それに伴って

さまざまなツールが次から次へと公開されています。

すでにSma Surfなどをご紹介してきましたが、

それらは本当に基本の基本にすぎません。

自分から、さまざまなツールを探して利用してみましょう。

誰かが絶賛していても、

あなたにはあわないということもあります。

まずは、実際に使ってみることをおススメします。

 

確定申告もお忘れなく

副業であろうが本業であろうが、

それなりの収入があれば申告が必要です。

確定申告の際には、

さまざまな書類が必要になりますが、

必ず保管しておきたいのが、レシートなどです。

Amazonビジネスはパソコンを使ったネットビジネスですから、

通信費等も必要経費となります。

また、勉強するために書籍を購入したり、

ラッピング素材を購入したりもします。

さらに、国内外でかかる配送費も必要経費です。

こうしたものについては、

きちんと整理をしておく必要があります。

Amazonにばかり気をとられていると、

「税務署」からチェックが入りますので注意してください。