バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐには、

バイマ(BUYMA)の人気ショッパー(出品者)の方たちに

コツを尋ねるのが一番です。

 

バイマ(BUYMA)のサイトには、そのような人気ショッパーの方たちへの

インタビュー記事がたくさん紹介されています。

それらの記事から、売れるコツをピックアップしてみました。

 

バイマ(BUYMA)で売れるコツ①「こまめに連絡」

やはり、購入者の不安を取り除くことが、商品の売れ行きにも大きく影響します

購入者が不安なくショッピングできるようにお手伝いするなら、

バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐことにもつながるのです。

 

商品を購入するかどうかを迷っている段階で、

「色」や「サイズ」、「質感」などを尋ねるバイヤー(お客さん)は非常に多いです。

ちょっとした疑問にも、丁寧に、なるべく早く答えることで、

「この出品者なら安心できそう」「この出品者から買いたい」という気持ちが

バイヤーの中で高まっていくのです。

 

そのためには、パソコンなど、固定された場所にあるデバイスのみで

メールをチェックするのではなく、

スマホやタブレットなど、持ち歩きや起動に時間がかからないデバイスで

バイマ(BUYMA)からのメールをチェックできるようにしておくことです。

 

そして、無料メールで十分ですので、

バイマ(BUYMA)専用のメールアドレスを取得しておくなら、

メールチェックや返信の効率が劇的にアップします。

 

スパムメールやショップのお知らせメールが複数届くアドレスで登録すると、

大事なバイヤーからのメールを、誤って削除してしまうことも起こり得ます。

 

バイマ(BUYMA)でお金を稼ごうと考えるなら、

バイマ(BUYMA)専用のアドレスで登録することが必要と言えるでしょう。

 

バイマ(BUYMA)で売れるコツ②「商品をしっかりチェックする」

例えば、店頭に売られているパンプスがあまりにも可愛くて、

写真を撮って、バイマ(BUYMA)に出品したとします。

 

そんな気軽に出品した商品に対して、

ページを見たバイヤーから「足の幅が広いのですが、履けるでしょうか?」

「他の色もあるのですか?」「日本サイズの21cmもありますか」

「甲が高いのですが、痛くないでしょうか?」などと、

商品に対する問い合わせが殺到するならどうすればよいでしょうか。

 

商品の写真を撮らせてもらった店舗に、再度出かけて、

パンプスの幅をチェックしたり試し履きしなくてはならなくなるでしょう。

そして、新たな質問をバイヤーから投げかけられる度に、

店舗に出かけて、質問の答えを見つけるために行動しなくてはなりません。

 

このようなことは時間の大きな損失だけでなく、

店舗側からも好意を持って迎えられる行動ではありません。

商品を出品しようと決めたら、その商品に対して、

一度のチェックで済むように、念入りな調査をするのが大切です。

 

例えば、靴なら、サイズだけでなく幅、つま先のゆとり、甲の高さ、

色のバリエーション、サイズのバリエーション、素材等、チェックします。

実際に自分が履くことで、

「日本サイズ○○cm、幅が広めの人で、サイズ○○が丁度でした」と

詳しく商品情報を記すことができるのです。

 

服も必ず試着しましょう。日本のブランドでも、同じ9号(Mサイズ)でも、

ブランドによっては「大きめ」「細め」「袖が長め」のものがあります。

海外のブランドも、ブランドの個性があるのは当然のことです。

 

試着して、「日本サイズ○○、身長○cm、体重○kgの人で、

サイズ○○が丁度で、スカートのすそが膝の真ん中でした」と

商品情報を詳しく記すことができます。

試着した様子も写真に撮って、商品情報としてアップするなら、

バイヤーが、より具体的なイメージを描きやすくなるでしょう。

 

バッグも同じです。実際に持ってみることで、

身長に合わせたバランスを知ることができます。

ただ単に「大きめなので、何でも入って便利です」と記載するより、

「身長○○cmの人が肩から掛けると、

ちょうど腰のあたりに取り出し口が当たります」と記載する方が、

バイマ(BUYMA)のサイトを見る人にとって、何倍も良い情報と言えます。

 

バイマ(BUYMA)で売れるコツ③「お客さん目線で疑問を持つ」

「自分がこの商品を購入するなら、何をチェックするだろうか?」という気持ちで

商品を選んで紹介することが、バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐことにもなります。

 

例えば、かわいいレインシューズがあったとします。

日本でも売られているブランドで、人気はすでにありますが、

海外では色展開やデザインの種類も豊富だとします。

ですが、実際に履いて見ると、非常に重く、

歩いているだけで何度も脱げてしまうなら、

本当に「買いたい!」と思える商品になるでしょうか。

 

バイマ(BUYMA)は、ブランドのオフィシャルサイトではありません。

ブランド品を出品者各自が選んで販売するサイトなのです。

ですから、自分が本当に勧められる商品、自分も購入したい商品だけを

販売することが大事なのです。

 

もちろん、売れる商品にターゲットを絞って売買している出品者も多いです。

ですが、人気ショッパーのインタビューを読むと、

ほぼ全ての方が「好きなもの、自信を持ってお勧めできるものしか売らない」

と、述べていらっしゃいます

 

好きなものや自信を持って勧められる商品なら、

バイヤーから質問が来ても、丁寧に、自分に当てはめて答えることができます。

お客さん目線で「欲しい」と思える商品を販売するには、

自分が本当に「欲しい」と思える商品を販売することが一番なのです。

 

お客さん目線で、バイマ(BUYMA)で販売する商品を探すなら、

「重すぎるのでは?」「コーディネートが難しい色かも」などと、

批判的に商品を見るようになります。

批判的に商品を見るなら、本当に良い商品だけを販売することができます。

 

常に「疑問」「批判」精神を忘れずに、商品チェックをしましょう。

 

バイマ(BUYMA)で売れるコツ④「バイヤーへの心遣い」

出品者として一番避けなければいけないのは、

「安くで売っているんだから、感謝して当然でしょう」という態度です。

わざわざそのような態度をとることはまずないと思いますが、

ちょっとした言動から、

バイヤーに「横柄な出品者だ」と考えられてしまうこともあります。

 

そのためには、普段からバイヤーとのやり取りに対して気遣いを示し、

また、実際に購入してくれた場合には、

ちょっとした心遣いを見せることもできるでしょう。

 

具体的には、バイヤーから商品購入前の質問が届いた場合、

「数多くの商品から、

私がご紹介します商品を選んでくれたことを感謝します」と

質問に答える前に、まず感謝の言葉を述べることができます。

 

そして、どんな的外れと思えるような質問に対しても、

誠意を持って答えることが印象アップの秘訣です。

良い印象を持ってもらえるなら、実際に商品を購入してもらえるかもしれず、

バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐことにもつながるのです。

 

例えば「サテンでできたバレエシューズ」と商品紹介しているにもかかわらず

「雨でも大丈夫ですか?」という質問がショッパーから寄せられたなら、

どう「心遣い」を持って、返答することができるでしょうか。

 

「多くの商品の中から、この商品を選んでくださったことを感謝します。

この商品はサテンでできており、布本来の光沢が非常に美しい靴です。

ですが、サテンという記事の特性上、水には非常に弱く、

雨の中を履くには、適しているとは言えません。

シミになりにくい防水スプレーも売られておりますので、

使用の度にスプレーをかけて頂けますと、少々の雨や、

湿気による変色を予防することもできます。

とても可愛い商品ですので、ぜひ晴れた天気に履いて、

お楽しみいただきたいと思います。

色は淡いパープルですので、赤系の服や、モノトーンの服の注し色として

コーディネートして頂くのがお勧めです。

ベージュのお洋服と合わせると、気品のある装いにもなります。」

 

このように、商品は雨には弱いけれども、それ以外のメリットもあること、

どのようにコーディネートすることができるかの具体的アドバイス、

なども返信に含めるなら、

バイヤーは「丁寧な出品者だ」「どんな質問でも答えてくれる出品者だ」と

感じてくれるでしょう。

 

そのような誠意あふれるやりとりを続けた後、実際に購入につながった場合、

商品だけではなく、手書きのカードやプレゼントを入れることもできます

 

「ありがとうございました」と可愛いカードに書くのも素敵ですが、

ちょっとした小物も、購入者には非常に嬉しいサプライズになります。

 

このお礼の小物は、決して高価である必要はありません。

100円程度のカードやクリップ、

海外を感じさせるボタンやキャンディーなどでも良いでしょう。

値段ではなく「プレゼント」であるということが購入者の心に響くのです。

そのような気遣いができるなら、

「またこの出品者から買いたい」と、リピーターが増えていくのです。

 

バイマ(BUYMA)で着実にお金を稼ぐには、

どれだけ多くのリピーター(顧客)を獲得することができるかも

重要です。

リピーターを獲得するためには、一人一人の心をつかむ言葉、行動が

求められているのです。

 

バイマ(BUYMA)で売れるコツ⑤「丁寧な包装」

海外から商品を発送する場合、つい重量を軽くすることばかりに気を取られ、

包装がシンプルすぎることになってしまうこともあります。

 

ですが、バイマ(BUYMA)で扱う商品は「ブランド品」ですので、

商品を開けるときの「ワクワク感」も、非常に重要なポイントなのです。

過剰な包装は必要ありませんが、丁寧な包装はマストと言えるでしょう。

 

商品を購入した時のブランド名入りの「ショッパーバッグ」も、

同封して発送するならば、購入者から非常に喜ばれます。

商品ぴったりの重量で送料計算をせず、余裕を持った送料設定をし、

包装も商品の一部と心得て、丁寧に心のこもったラッピングをしましょう。

 

バイマ(BUYMA)で売れるコツ⑥「仕入れる店舗と仲良くなる」

バイマ(BUYMA)で安定的にお金を稼ぐためには、

出品者が商品を仕入れる店舗と仲良くなることも重要です。

実際に、バイマ(BUYMA)の人気ショッパーたちは皆、

自分自身がブランド店舗の顧客となっています。

 

バイマ(BUYMA)で個人輸出入ビジネスを始めたばかりのときは、

店舗の顧客になることは難しいかもしれません。

ですが、いつも同じお店で購入することと、

購入する際に丁寧で好感のもてる態度を示すことで、

ブランド店の顧客になることができるのです。

 

ブランドショップでは、そのブランド全体での購入金額で顧客を選んでいません。

あくまでも「一店舗」内での購入金額や、来店頻度で顧客を選ぶのです。

同じ商品を買うなら、同じ店舗で購入することが、

ブランドの顧客になる近道なのです。

 

ブランド店の顧客になるならば、通常より長い期間の商品取り置きや

セールの案内、新着商品のお知らせなどもしてもらえます。

 

例えば、靴なら、日本人の女性は23から24cmの人が圧倒的に多いです。

そのサイズに該当する商品をなるべく多く取り置いてもらえるなら、

注文が殺到した場合にも、対応することができます。

 

また、日本では決してセールを行わないハイブランドも、

海外ではセールすることも珍しくありません。

ですが、セールは扱う商品数が少なく、サイズ展開も限られていることが多いです。

初めからどの商品がセールになるか、どんな商品が残っているかが分かるなら、

「セール価格」として、バイマ(BUYMA)で売りだすことも可能です。

 

そして、新商品の案内をいち早く受け取るなら、

バイマ(BUYMA)のリピーターに対して、商品案内を送ることもできます。

日本より早い情報を提供することで、配送に時間がかかっても、

流行の最先端に立つことができるのです。

 

つまり、ブランドショップの顧客になることが、

バイマ(BUYMA)でビジネスをするなら大きな戦力になるのです。

 

ブランドショップの顧客になるならば、商品の写真を撮影する際にも、

かなりのわがままを聞いてもらえるようになります。

低いアングルから撮影したいとか、色違いを並べてほしいとかの要望も

常識の範囲内なら、大抵かなえてもらえるでしょう。

 

良い商品写真を取ることが、

バイマ(BUYMA)で閲覧してもらうためには必須ポイントですので、

やはり、「顧客になること=バイマ(BUYMA)で売れること」と

言えるのです。
 

【バイマに関する他の記事】
バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐ方法まとめ(メリットから商品発送まで)
バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐ方法!まとめ(商品選択から売れるメカニズムまで)


そのほかの副業まとめ記事

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウを一挙公開!

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(基本から準備まで)

Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(実践から販売まで)