オンライン決算の方法として、「ペイパル(PayPal)」があります。

ペイパルは日本国内では、比較的利用できる店舗が多くはありませんが、

世界のほとんどの国と地域で使用され、

900万以上のオンラインショップで採用されている決算の手段です。

ペイパルのメリットと登録方法を見ていきましょう。

 

メリット①「バイマ(BUYMA)の仕入れも安心」

バイマ(BUYMA)で販売する商品を、海外のオンラインサイトで購入する場合、

クレジットカードの情報入力に、不安を覚えるショッパーも少なくありません。

 

何度も同じショップで購入しているなら、不安は少ないですが、

「情報が漏えいしているのでは?」「請求額と注文額が異なっているかも」

などの漠然とした不安は、海外のサイトを利用する場合につきものです。

 

ですが、ペイパルにクレジットカードの情報を登録しておくなら、

パイパル決済を利用できるショップなら、

ショップにクレジットカードの情報を伝えることなしに、

商品の購入を行えるのです。

 

バイマ(BUYMA)で仕入れを行う際に複数のオンラインショップを利用する人も、

ペイパルを利用すれば、ローリスクで決済を行うことができるのです。

 

また、初めて利用するオンラインショップでも、

クレジットカードの情報を入力する必要がなくなりますので、

手間も省け、簡単に購入することができます

手間から見ても安全面から見ても、パイパルが優れていると言えるでしょう。

 

メリット②「購入できるショップが広がる」

大きなオンラインショップの場合は、複数のクレジットカードに対応していますが、

小さなオンラインショップの場合は、

クレジットカードの種類が限定されていることも多いです。

 

ですが、ペイパルを使用すれば、クレジットカードの種類に関係なく

オンライン決済を行うことができます

ペイパルを活用するならば、購入できるショップの幅が大きく広がるのです。

 

ペイパル登録の方法

バイマ(BUYMA)で安全にお金を稼ぐには、ペイパルの登録がお勧めです。

ペイパルの登録方法についてご紹介いたします。

 

手順1:ペイパルに新規登録する

ペイパルには「パーソナルアカウント」と「ビジネスアカウント」の

2つのアカウントがあります。

ペイパルのアカウントを個人的な商品購入に使用するのか、

複合的なビジネスとしてペイパルのアカウントを利用するのかの分類です。

 

主にバイマ(BUYMA)で販売する商品の仕入れにペイパルを用いるなら、

「パーソナルアカウント」を選択します。

バイマ(BUYMA)以外でもビジネスを展開しており、

ペイパルを利用する予定がある場合には、「ビジネスアカウント」も選択できます。

 

ペイパルからの連絡に使用するメールアドレスとパスワードを登録し、

クレジットカードの情報を登録します。

すると、登録したメールアドレスにペイパルからメールが届きますので、

メールを開き、「メールアドレスを確認」をクリックすれば登録完了です。

 

手順2:アカウントを作成する

ペイパルの「マイアカウント」を開き、「認証を実行する」をクリックします。

そして「限度額を表示」をクリックし、「本人確認」をクリックします。

 

すると「本人確認手続きページ」に移行します。

右下に表示される「確認を開始」ボタンをクリックし、ページを進めます。

名前と生年月日、住所と職業に間違いがあれば、

「変更」をクリックして修正します。

 

ペイパルの利用目的を選択する項目がありますので、

バイマ(BUYMA)で販売する商品を海外のサイトで購入する目的の場合は、

「商品・サービスの支払い(海外)」を選択します。

「商品・サービスの支払い(海外)」を選択しても、

問題なく日本国内のサイトでもペイパルは使用できます。

 

最近では日本のサイトでもペイパルを使用できる店舗が徐々に増えてきました。

まだアメリカやヨーロッパほどには普及していませんが、

便利になってきたと言えます。

日本のサイトでも「クレジットカードの情報を伝えるのは不安」と感じる場合は、

積極的にペイパルを活用することができるでしょう。

 

ペイパルの利用目的を選択すると次のページに移行します。

このページで、本人を確認できる書類「運転免許書」や「パスポート」などの

画像をファイルにし、アップロードします。

 

本人確認の書類がペイパルで確認されると、

登録した住所に暗証番号を記した書類が送られてきます。

その暗証番号を入力すると、「本人確認」の作業は完了です。

ペイパルで本人確認の書類が確認されて書類が郵送されるまでに

平均して1、2週間程度かかります。

 

この「認証を実行する」を行わないなら、使用限度額が10万円となり、

バイマ(BUYMA)で販売する商品をたくさん購入することができません

登録を終えるまでに1、2週間かかりますが、

面倒に思わず、しっかり本人確認作業を行っておきましょう。

 

次に、キャッシュバックサイトを利用する場合、

ペイパルで受け取ったキャッシュバックを銀行に移行することもできます。

ペイパルの「マイアカウント」の「引き出し」をクリックし、

日本国内の銀行口座を登録しましょう。

 

最後に英語での住所も登録します。

バイマ(BUYMA)で販売する商品を海外から日本に郵送してもらう時、

英語での住所表記は必要となります。

英語住所の登録が終わると、ペイパルをフルに活用して、

安心取引を行うことができるようになります。
 

【バイマに関する他の記事】
バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐ方法まとめ(メリットから商品発送まで)
バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐ方法!まとめ(商品選択から売れるメカニズムまで)