バイマ(BUYMA)に出品する商品ごとに、

送料を購入者が負担するのか、出品者が負担するのか設定できます。

バイマ(BUYMA)で売れる商品を出品し、効率よくお金を稼いでいくには

「送料込み(送料は出品者が負担する)」の方が断然得策です。

 

例えば同じ商品が、

「200ドル(送料込み)」で売られている場合と

「190ドル(送料はお客様負担)」で売られている場合、

どちらの商品に注文が集まるでしょうか。

 

送料を計算して、「190ドルで買った方が安い!」と判断する購入者もいますが、

大方の購入者は、「あまり変わらなそうだから、200ドルの方が簡単かも」

「追加送料が出るかもしれないから、200ドルの方がお得かも」

「北海道(または沖縄や離島)に住んでいるから、きっと送料込みの方が安い」

と、送料込みを選ぶのです。

 

これは、バイマ(BUYMA)だけでなく、ヤフーショッピングや楽天市場でも同様で

「送料込み」「送料無料」と表示するだけで、

閲覧数も販売個数も飛躍的に上昇しているのです。

 

「送料込み」で出品するなら、少しでも送料を低く抑えることが必要です。

日本在住のパーソナルショッパー(出品者)の場合、何を行うことができるでしょうか。

 

国内送料を抑える①「軽くて大きいものの場合」

バイマ(BUYMA)では、ブランド品をあつかいます。

ブランド品は高級品でもありますので、

体積を小さくするために圧縮したり、外箱を廃棄したりすることはできません。

 

お店にある状態と同じ品質でお客さまに届けなくてはなりませんので、

多少かさばっても、衣類にしわができないように梱包します。

また、靴やカバンの外箱も、購入者にとっては大事な商品の一部です。

附属品やショッパーバッグも、購入者が楽しみに待っているかもしれません。

 

ですから、普段、品物を宅配で送るときよりも、

大きな体積になってしまうのがバイマ(BUYMA)の商品なのです。

 

一般にクロネコヤマトや佐川急便などの宅配は、

縦と横と高さの長さの合計で、送料が決定されます。

軽くて大きな商品を送る場合には、不利になることが多いのです。

 

そのような「軽くて大きな商品」を送るのに最適なのが、

重量で送料が決まる配送方法です。

「はこBOON」などの配送方法は、重量で送料が決まりますので、

バイマ(BUYMA)向きだと言えるでしょう。

 

「はこBOON」は、Yahoo! JAPANと提携したサービスです。

まずは無料でYahoo! JAPANでIDを作成して、利用者情報を登録します。

そして全国のファミリーマートから、発送します。

 

「はこBOON」を利用するには、縦+横+高さが160cm以内である必要がありますが、

大抵のバッグや靴、衣類は、このサイズ以内に収まりますので、

バイマ(BUYMA)で扱う商品なら、問題なく送れるでしょう。

 

2kg以内なら、同じ都道府県内なら494円(2015年6月現在、税込み)、

東京都から大阪府へ送る場合でも701円です。

また、少々重くなった場合でも、5kg以内なら、同一都道府県内なら701円。

東京都から大阪府へ発送する場合も906円です。

 

国内送料を抑える②「薄いものの場合」

薄型のお財布や、カードケース、アクセサリーなど、

外箱を含めても厚さが3cm以下の場合は、

日本郵便のサービス「クリックポスト」が利用できます

 

34cm×25cm×3cm以下のもので、重量が1kg未満の商品なら、

日本全国どこでも164円(2015年6月現在、税込み)で送ることができます。

配送の追跡もできますので、貴重品の配送向きと言えるでしょう。

このサービスもYahoo! JAPANとの提携サービスですので、

初回利用時のみ、ID登録する必要があります。

 

ラベル作製も自宅のパソコンでできますので、

ラベルを貼り付け、最寄りの郵便局から投函します。

Yahoo!ウォレットでの決済ですので、ラベル作成時に料金の支払いも済ませます。

ですから、郵便ポストに直接投函することも可能です。

 

重さが1kgを超え、かつ4kg未満の薄いものの場合は、

同じく日本郵便のサービスである「レターパック」を利用できます

専用の封筒を窓口で購入し、厚さが3cm以下の場合は「レターパックライト」

厚さが3cmを超える場合は「レターパックプラス」が適用されます。

2015年6月現在、レターパックライトは360円、

レターパックプラスは510円(税込み)です。

 

国内送料を抑える③「重さも大きさもあるものの場合」

国内送料を抑える①と②でご紹介した条件に合わないものを送る場合は、

クロネコヤマトや佐川急便などの宅配業者に依頼する必要があります。

でも、普通に依頼していては、

バイマ(BUYMA)で効率よくお金を稼ぐことはできません。

 

大抵の配送業者は、月にある一定の数量以上を出荷するならば値引きしてくれます。

注文を受けてから発送をするバイマ(BUYMA)の場合、

月に何個を発送するかを予想することが非常に難しく、

配送業者に正確な数を伝えることができません。

 

ですが、明確な出荷個数が分からなくても、

交渉次第では、値引きに応じてもらうことができます。

どのように交渉することができるでしょうか。

 

まとめ割引の交渉術①「数量を多めに見積もる」

毎月、10個程度、バイマ(BUYMA)で商品がコンスタントに売れており、

徐々に販売個数の伸びを実感している場合、

「最低でも10個は出荷しますが、30個程度の出荷もあります」

と、期待値を含めた数量を提示することで、

まとめ割引に応じてもらいやすくなります

 

また、「現在は20個程度の出荷ですが、今後、50個程度に増える予定です」

と、今後のビジネスの拡大を思わせる発言を含めることもできます

配送業者にまとめ割引に応じてもらうだけでなく、具体的な目標値を述べることで、

パーソナルショッパー(出品者)自身の士気を高めることもできます。

 

もちろん、希望が実現せず、出荷個数が伸びなかったとしても、

配送業者からペナルティを課せられることはありません。

 

まとめ割引の交渉術②「複数の業者で見積もる」

家のリフォームなど、まとまった額の支払いを行う時には、

複数の業者で見積もることは、少しでも値段を抑えるためには必要なことです。

バイマ(BUYMA)での商品発送も同じです。

複数の業者で見積もりを行い、競合させることが、

しっかりとお金を稼ぐうえでは、重要なことであるのです。

 

パーソナルショッパー(出品者)の自宅から便利な場所にある配送業者を

なるべく多くピックアップし、見積もりを依頼してみましょう。

同じ配送業者でも、営業所が異なると、値引き率が異なることもあります。

出荷1つにつき、数十円~数百円しか差はないかもしれませんが、

年間のトータルで見ると、数万円~数十万円の差になるのです。

労力をいとわずに、最適な配送業者を探しましょう。


【そのほかの副業まとめ記事】

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウを一挙公開!
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(基本から準備まで)
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(実践から販売まで)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(前編)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(後編)