「これは絶対、売れるだろう!」と確信を持った商品でも、

日本へ直接配送できないショップの商品だったり、

日本でも公式店舗でしか販売されていないことがあります。

なんとかして日本に輸入して、バイマ(BUYMA)に出品し、

お金を稼ぎたいと考えることもあるかもしれません。

 

そんな場合、どのように日本に輸入して販売することができるでしょうか。

転送業者を利用する方法や、現地に人を雇って発送してもらう方法など、

いくつかの解決策が考えられます。

今回は、日本に直接輸入できない商品の販売方法について見ていきましょう。

 

転送業者を活用してバイマ(BUYMA)で販売する

転送業者とは、商品がある本国に在住する会社で、

一旦、ショップから商品を取り寄せ、

依頼主の住所や依頼主が指定する住所に転送する業者です。

 

特にアメリカでは、日本に転送業務を行う転送業者が多くあり、

商品が一つだけのときでも、気軽に転送してくれます。

メールでやり取りするときも、日本語OKのところも多く、

転送作業の不安と不便を解消してくれます。

ですが、ヨーロッパでの、日本向けの転送業者はあまり多くなく、

コストもアメリカの転送業者と比較すると、高いことが多いです。

 

取り扱う商品の数量にもよりますが、

まだどれくらい売れるかわからない商品や、

売れても差益が多く見込めない商品は

アメリカに絞って、転送業者を利用することがオススメと言えるでしょう。

 

商品としてバイマ(BUYMA)に出品をして、

閲覧数やお気に入り登録が期待以上に多かった場合は、

まとめて転送してもらうことで、

転送にかかる手数料を抑えることができます。

 

アメリカの主な転送業者をご紹介します。

 

US BUYER

日本語でサイトが作成されているので、英語に不安がある人や

頻繁にメールをやり取りして安心したい人にお勧めです。

依頼主の発送コストを抑えるために、

90日間無料でUS BUYERの倉庫に保管させてもらうことができます。

 

Spear net

日本人スタッフがいるので、日本語応対が可能です。

英語に自信がない人や、英語でのやりとりは避けたい人にも最適です。

商品が1つだけの場合でも、比較的安価で日本へ転送してくれます。

 

Gooping

日本の業者ですので、対応も通常の営業時間内にできるのが心強いです。

主にアメリカからの仕入れ業務を行っています。

料金体系が少し複雑で、各種手数料が加算されますので、

依頼する前に再度確認をするようにしましょう。

 

My US.com

英語のみの対応ですが、手数料の安さや対応するショップの多さで、

日本人顧客の多い転送業者です。

日本人顧客が情報を公開していることもよく見られますので、

疑問や不安点などを日本語で検索すると、

何かしらの情報は得られるようになっています。

 

はむはむ便

オレゴン州にある日本人が行う転送業者がはむはむ便です。

オレゴン州は輸出に州税がかからないので、比較的安価で転送することができます。

検品や梱包も丁寧に行ってくれ、インボイスの別送も可能ですので、

そのまま購入者に送っても問題ありません。商品1つから利用が可能です。

 

世界各国からの仕入れに利用できる転送業者もあります。

 

LUXUARIA

上記でご紹介した転送業者は、全てアメリカからの仕入れにのみ利用できます。

ですが、LUXUARIAは、世界中にいるスタッフが、

実店舗に出向いて買い付けをしてくれるサービスです。

海外を拠点として

バイマ(BUYMA)のパーソナルショッパーとして活躍している人と、

同じ業務を行ってくれるのが、LUXUARIAのスタッフなのです。

 

このLUXUARIAのスタッフはみな日本人ですので、

やり取りも日本語で行えることと、梱包も日本流に丁寧なことも特徴です。

現地のショップのバーゲン情報なども、

LUXUARIAのメルマガに登録すると配信してもらえます。

月額料金が必要ですが、バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐ幅を広げたいなら、

利用価値大のサービスと言えるでしょう。

 

SOHOを活用してバイマ(BUYMA)で販売する

転送業者に依頼するのも、直接輸入できない商品を輸入する良い方法ですが、

こちらのこまかな要求に対応してもらえないことも多く、

その割には手数料が高いと感じるかもしれません。

 

そのようなときには、在宅ワーカーの人に依頼をし、

個人的に転送の契約をすることができます

バイマ(BUYMA)で出品したい商品の本国に住む在宅ワーカーを探し

バイマ(BUYMA)で注文が入る度に転送作業を行ってもらいます。

 

在宅ワーカーが日本人もしくは日本語が堪能なら、

細かなニュアンスを伝えることも、日々の連絡も苦にはなりません。

日本のクラウドソーシングサービスで募集をかけて、

希望に合う在宅ワーカーの人を選ぶこともお勧めです。

 

また、個人的な知り合いに転送作業を依頼することも良いでしょう。

空いた時間に作業を行ってくれるように、頼むことができます。

長期にわたって依頼するなら、個人的な知り合いといえど

手数料はきちんと支払うようにしましょう。

転送作業を行ってくれる人にも気持ちよく仕事をしてもらうことが、

長続きの秘訣です。

 

日本人は人件費が割高なこともあります。

語学に堪能で、細かな希望も伝えることができる場合は、

海外のクラウドソーシングサービスを活用することも良いでしょう

 

「oDesk」などの英語で登録できるクラウドソーシングサービスでは、

多種多様な人材が登録されていますので、活用することも可能です。


【そのほかの副業まとめ記事】

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウを一挙公開!
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(基本から準備まで)
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(実践から販売まで)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(前編)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(後編)