実際の商売でも、新規に顧客を獲得することは多大な労力を使うだけでなく、お互い信用できるのかという精神的な負担もかかってくるものです。いつも取り引きを行っている「お得意様」なら、ちゃんと支払いをしてくれると信頼もでき、またどのような商品を好むのかの嗜好もある程度は把握できるので、取り引きしやすい相手だと言えます。

バイマ(BUYMA)でも同じです。まだ取り引きをしたことがない人を対象とするより、「お得意様」を相手に取り引きする方が労力も少なく、お得意様の好みに合わせた仕入れもできますので、無駄な商品登録や手間、不安などから解放されるのです。

バイマ(BUYMA)で効率よくお金を稼ごうと考えるなら、新規顧客開拓も重要ですが、それ以上に「お得意様の確保」つまり「リピーターの確保」が重要になります。リピーター確保のためにできることについて見ていきましょう。

 

バイマ(BUYMA)リピーター獲得術①「スピードが命!」

日本では手に入りにくい商品や、日本より安い価格の商品を買えることが、購入者にとっては、バイマ(BUYMA)の最大のメリットです。手に入りにくい商品だから、日本より安い価格だから、商品が届くまでに時間がかかるのは仕方がないことと考えています。

ですが、商品が届くまでに時間がかかることと、出品者(パーソナルショッパー)の対応に時間がかかることは別物です。パーソナルショッパーは、購入者に長い待ち時間を感じさせないようにすることが大事なのです。

 

メール対応の迅速さ

どうすれば、購入者に待ち時間を「長い」と感じさせないようにできるでしょうか?
答は簡単です。迅速でこまめなメール対応を心がけるのです。

よく、「購入者への連絡は24時間以内にしましょう」と、個人輸入ビジネスやバイマ(BUYMA)副業の指南書に書いてありますが、実際に、24時間後に「ご注文有難うございました」というメールを送ったら、「早い対応!」と思ってもらえるでしょうか?

今は、スマホやタブレットを使って、いつでもどこでも世界中の動きをチェックできる時代です。
仕事や家事がどんなに忙しくても、1日に1回しかメールを見ないなんていう人はいません。
たとえ地球の裏側に住んでいても、メールの即対応は可能なのです。

注文が殺到することや、手の離せない用事があったと仮定しても、12時間以内には問い合わせや注文に対する対応をするようにしましょう。

 

仕入れと発送の迅速さ

もちろん、メール反応だけ早くても、リピーターは獲得できません。
商品入手から発送までも迅速に行い、「意外と早く商品を受け取れた!」「あっという間だった!」などのコメントが購入者からもらえるように頑張りましょう。

 

バイマ(BUYMA)リピーター獲得術②「こまめなメール」

メールと言うコミュニケーション手段がないころは、何日間も音信不通でも、放っておかれたような気持にはなりませんでした。ですが、メールやチャットなどで連絡を密に取り合うことが常識の今、ちょっと放っておくことが、人々を不安にさせてしまうのです。

購入者も同じです。
商品の注文を受け、「2週間程度でお手元に届きますよ」と連絡しても本当に2週間放っておいたなら、「本当に届くのかなあ?」「だまされているの?」「忘れられている?」と、購入者をどんどん不安な方向へ追い込んでしまうのです。

ですから、注文を受けたら「ご注文有難うございました」のメール。
商品を入手したら、「今から発送しますよ」のメール。

発送したら、「発送しました」のメール。海外から発送する場合は、発送後1週間~10日後に「そろそろお手元に届きますよ」のメールを送り、購入者が不安に思う時間を作らないようにするのが大事なのです。

メールを何度も送るのは大変!と考えるかもしれませんが、テンプレートを作って、名前と商品名だけを入れ替えれば良いようにしておけば手間無く購入者に安心を与えることができるのです。

購入者は気持ちが離れやすい恋人のような存在です。こまめな連絡が、心をつかむ手段となるのです。

 

言葉遣いにも注意!

お客さまとメールのやり取りをして、仲良くなることは、バイマ(BUYMA)でお金を稼いでいくなら、とても大事なことです。どうすればもっと、お客さまと仲良くなることができるでしょうか。

秘訣は「言葉遣い」と「テンション」にあります。

どんなに親しくなったとしても、あくまでも相手は「お客さま」です。親しみを十分に示しながらも、丁寧さは忘れない・・そんな言葉遣いが理想です。

「とっても暖かくなってきましたね。楽しく過ごしてますか?」という言葉には親しみは感じられますが、丁寧さはあまり感じることができません。「とっても暖かくなってきました。いかがお過ごしでしょうか?」と、気遣いを示しながらも、敬意も示すことが大切なのです。

ですが、お客さまから、「お元気ですか。この前のバッグ、とっても可愛いですよ。お友達からも、よく褒められてるんです^^」というメールをいただいた場合、「お気に召してくださり、非常に光栄です。また良い商品を探しますので、どうか宜しくお願いします」と返事を返すなら、いかがでしょうか。せっかくお客さまが示してくださった「親しみ」を踏みにじることになるのではないでしょうか。

そのような「親しみ」を示してくれたメールには、「○○さんのセンスの良さも、褒められる一因なのではないでしょうか。もっと可愛い商品を探すように頑張りますので、また、ショップをのぞきにきてくださいね!」と、丁寧ながらも「親しみ」を見せる文章を書くことができます。

お客さまの名前を使って呼び掛けたり、お客さまのテンションに合わせることもリピーター獲得の秘訣なのです。

 

バイマ(BUYMA)リピーター獲得術③「箱にも一工夫」

迅速でこまめなメールだけが、リピーター獲得のカギではありません。
商品を届ける箱にも、リピーター獲得の秘訣が隠されているのです。

 

丁寧な梱包

海外から発送する場合や、国内で発送する場合も、小包が少々汚れてしまったり、外形が少々変わることは避けられません。ですが、発送時に丁寧に梱包することで、そのような汚れや変形もある程度は防ぐことができるのです。

「どうせ宅配業者が配達するときに汚れるから」と考えないで、「リピーター獲得には、丁寧な梱包が大事」と自分に言い聞かせ、一つ一つをきれいに包み、購入者が喜んでくれるようにしましょう。

どんなプレゼントでも、きれいにラッピングされてあれば、心が伝わり、品物も良く見えるものです。せっかく素晴らしい商品を提供しているのですから、最大限に良く見せて、誠実な心も伝えるようにしましょう。

 

緩衝材を使う

利用する配送業者によっても異なりますが、小包の体積ではなく重量で料金が加算される配送方法を選択する場合は、緩衝材を多用して、商品が最高の状態を保てるようにすることができます。

例えば、ワンピースやスカーフなどの衣料品の場合、重量が非常に軽いので、箱に入れて届けるなら中身が片側に寄ってしまうこともあります。変なしわがついてしまったり、商品の見た目が悪くなることもありますので、緩衝材を入れて、商品が箱の中で動かないようにすることができます。

小物や薄いシャツなどを封筒に入れて配送する場合も、緩衝材入りの封筒を使用して、商品を大切に守る姿勢を見せることが重要です。商品価値を上げるためにも、緩衝材を効果的に使用しましょう。

 

小さなプレゼントやメッセージ

箱の中に明細書と商品だけが入っていたら、受け取った購入者は「そっけない」「さびしい」と感じるかもしれません。プラスアルファのお楽しみを付けるのも、リピーター獲得のポイントです。

小さなメッセージカードに心のこもったメッセージを書いたり、クリップやポストカードなど100円程度のプレゼントを同封したり、パーソナルショッパー名の入ったオリジナルカードを作成してメッセージ付きで同封したりするなら、購入者の「嬉しい」という気持ちがさらに強くなるのです。
また、次回の注文時に使える景品クーポンや割引クーポンもリピーター獲得には非常に良い方法と言えるでしょう。

決して高いものや、価値の高いクーポンを入れる必要はないのです。「誠意」「まごころ」を示すことが肝要なのです。

 

バイマ(BUYMA)リピーター獲得術④「アフターフォロー」

商品が届いたと思われる日から数日経った後に、「商品はいかがでしたか?」とメールを送ることができます。商品を海外から送る場合は、余裕を持って確実に届いたと思われる日より後にこのようなアフターフォローのメールを送ることが必要です。

商品より先にアフターフォローメールが届くと、「商品の配送に不都合があったのかな?」と購入者に感じさせてしまいますので必ず、商品が確実に届いたと判断できるまで、メールは送らないようにしましょう。

そして、月に1度程度、「○○様のお好みに合いそうな商品が入荷しました」と、個人のテイストを反映させた内容の商品案内メールを送ることもできます。月に1度以上になるならば、「しつこい」と購入者に感じさせてしまいますので、メール配信頻度に注意をするようにしましょう。


【そのほかの副業まとめ記事】

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウを一挙公開!
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(基本から準備まで)
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(実践から販売まで)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(前編)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(後編)