バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐためには安くて良い品を仕入れることが何よりも大事です。ですが、最近はほとんどのブランドで内外格差をなくすため、商品の価格を為替の動きに合わせて頻繁に見直すようになりました。

結果として、ブランドの本国で買ってもあまりお得感がなかったり、海外ブランドなのに日本で買う方が安いと言う逆転現象も生じています。海外で購入してお得感のあるブランドの商品だけをできるだけ安く仕入れてバイマ(BUYMA)で売るのがお金を稼ぐ方法でもあります。

そんなバイマ(BUYMA)と同じように、個人間輸入を行うプラットフォームがイーベイ(eBay)です。eBayは、1995年にアメリカで始まった世界最大のオークションサイトです。
現在では世界の21の国や地域でその国のマーケットプレイスを持ち、アクティブユーザーが1億5000万人以上の規模にまで成長しました。

日本ではまだまだオークションサイトと言うと「ヤフオク」や「楽天オークション」などの国内のサイトが有力ですが、今後はeBayのユーザーも増えてくるとみられています。では、eBayと比較することで、バイマ(BUYMA)の特徴を捉えましょう。

 

eBayとバイマ(BUYMA)の違い!①「eBayは眠らない」

ヤフオクや楽天オークションはほとんどが日本国内のみの発送となり、オークション終了時間も日本時間に合わせて設定されていることが多いです。ですが、世界中の商品が販売されるeBayでは、発送元も発送可能な地域も非常にワールドワイドです。

また、日本ではもう完売したアイテムや日本未発売のアイテム、また日本で売られている価格の半分程度の価格等で売られていることもあります。

日本の夜中に売れそうな商品を思いついて、eBayで検索して、出品者に問い合わせても、すぐにレスポンスが返ってくることも世界中が舞台のeBayならあり得るのです。まさに24時間眠らないマーケット。それがeBayなのです。

 

eBayとバイマ(BUYMA)の違い!②「購入者至上主義」

eBayは、徹底した購入者至上主義で知られています。

バイマ(BUYMA)と同じく、eBayも取引を終了した後にフィードバックを残します。eBayでは購入者は出品者を厳しく評価することができますが、出品者は購入者を「良い購入者」としか評価できないのです。

また、商品が紹介されているものと異なったり、写真と著しく品質が劣ると判断される場合は、購入者は出品者にクレームをつけ、商品の返品と返金を請求することができます。この場合も、余程のことがない限り、「出品者側の落ち度」ということで処理されますので、購入者はトラブルになった場合も、圧倒的に有利なのです。

バイマ(BUYMA)で最も大切なことと言えば「本物を売ること」ですが、eBayも同じく本物主義です。出品者にクレームをつけて返品することができますので、偽物を買わされるというリスクは非常に低いのは同じなのです。

オークションサイトと言うと「怪しい」「偽物かも」と思いがちですが、購入者至上主義のeBayなら、安心して商品を購入することができます。

 

eBayとバイマ(BUYMA)の違い!③「商品数が多い」

世界中の良いものを日本のお客さまに販売するバイマ(BUYMA)。人々の趣味や情報が多様化するにつれ、商品数も、どんどん増えてきました。

ですが、eBayで出品されている商品は、2015年6月現在で2億超。国内最大のオークションと言われているヤフオクの、実に7倍以上もあるのです。

ワールドワイドなサイトならではの、圧倒的な品数です。そんな圧倒的な商品数を誇るeBayは、希望の商品も安くで売られている可能性が高いかもしれません。ですが、商品数が多すぎて、ほしい商品を直接eBayで探すのは、かなり大変なこととなります。

それに比べてバイマ(BUYMA)は日本にターゲットを絞っていますので、商品数もeBayほどは多くなく、商品検索がしやすいと言う大きなメリットがあります。

 

eBayとバイマ(BUYMA)の違い!④「ペイパルで決済」

海外から商品を仕入れる場合、ちょっと悩むのが決済方法です。
特に初めて利用するサイトの場合は、個人情報が漏れないだろうか、購入した額以上に請求されないだろうかと不安になることも少なくありません。

そんな決済方法に関する悩みを解消してくれるのが「ペイパル」です。ペイパルはクレジットカードの個人情報をショップに開示せずに決済を行うシステムです。
パイパルに有効期限内のクレジットカードの情報と、クレジットカード所有者だと分かる身分証明書を登録するならば、ペイパル決済ができるサイトでは、ペイパルを通じて取り引きができるのです。

ペイパル登録に1週間程度かかりますので、海外仕入れやeBayの利用を行うなら、事前に登録しておきましょう。eBayをはじめとする大抵の海外ネットショッピングサイトはペイパルの利用が可能です。ですが、バイマ(BUYMA)は日本で決済するシステムですので、ペイパルは使用できません。 

 

eBayとバイマ(BUYMA)の違い!⑤「何と言っても安い!」

海外での商品購入は、どこのサイトでも行えます。ですが、eBayはオークションサイトですので、定価からは考えられないくらいに安い値段で売られていることもあります。

また、eBayは、出品者に価格交渉をすることもできます。
商品が複数ある場合は「まとめ買いするので安くしてほしい」「送料の分だけ値引きしてほしい」と頼むことも可能ですし、何回か購入したことがある出品者に対しては、「また利用するので、安くしてほしい」と頼むこともできます。

eBayでは個人出品者や個人商店が販売していることも多く、かなりの割合で、個人交渉に応じてもらうこともできます。あくまでも常識内の値段で、誠意を尽くして頼むことが必要です。

 

eBayの利用の際の注意点

eBayとバイマ(BUYMA)には異なるところがたくさんありますが、どちらも急成長を遂げているネットショッピングサイトであることは同じです。

ですが、バイマ(BUYMA)ではいくつか禁忌事項があり、個人間ビジネスを行うサイトで商品を仕入れることはできません。個人間ビジネスを行うeBayで商品を仕入れると、バイマ(BUYMA)のアカウントは停止されてしまいます。

eBayから売れ筋商品の検索、商品名の付け方などを学ぶことは良いですが、絶対に仕入れに使用することがないようにしましょう。


【そのほかの副業まとめ記事】
Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウを一挙公開!
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(基本から準備まで)
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(実践から販売まで)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(前編)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(後編)