バイマ(BUYMA)のパーソナルショッパーにとって、一番避けなければいけない事はアカウントの停止です。
アカウントが停止されると、バイマ(BUYMA)でお金を稼ぐどころか1日でバイマ(BUYMA)による収入の道が断たれるからです。アカウント停止にならないために、覚えておくべきことと避けることをご説明いたします。

 

バイマ(BUYMA)でこれは駄目!①「禁止店舗からの仕入れ」

バイマ(BUYMA)では、商品が本物のブランド品であるかを調べるために、

ブランド品鑑定会社と提携しています

そのシステムを利用して、購入者が「この商品は怪しいかも」と思った商品を、

提携するブランド品鑑定会社に郵送し、チェックを受けることができます。

そして、

ブランド品鑑定会社が「この商品は偽物かも知れない」という判定をした場合、

購入者には購入価格全額が返金されます。

 

「商品が偽物かも知れない」と判定された場合、

バイマ(BUYMA)事務局からパーソナルショッパーに問い合わせがきます。

そして、購入時のレシートや

購入が証明できるものを提示するように求められます

 

そのレシートから、パーソナルショッパーがどの店で購入したのかを調べ、

バイマ(BUYMA)が指定する「仕入れ禁止店舗」であった場合は、

アカウントの停止もしくは取り消し処分が下されます。

ですから、バイマ(BUYMA)でお金を稼ごうと思うなら、

仕入れ禁止の店舗を把握しておくことは、非常に重要なのです。

どのような店舗が仕入れ禁止の対象なのでしょうか。

 

仕入れ禁止店舗①「日本人向けの日本語サイト」

バイマ(BUYMA)では、日本人のお客さまが普段買いにくい商品を

海外から取り寄せるためのサイトですので、

日本人向けに作られた日本語のサイトでは仕入れてはいけません。

 

具体的には、「楽天市場」「ヤフージャパンショッピング」「アマゾンジャパン」

「DeNAショッピング」「スピードトレード」などです。

その他にも、日本語で一般に使用されている店舗での仕入れは、

一様に禁じられています。

 

仕入れ禁止店舗②「個人間取引を行うプラットフォーム」

個人が出店できるプラットフォームサービスや、

個人対個人の取り引きを御子に行うネットショッピングモールも、

バイマ(BUYMA)の仕入れに利用することができません。

 

具体的には、世界最大のオークションサイトの「eBay」や、

「楽天オークション」「アマゾンマーケットプレイス」「ヤフオク」

「ASOSマーケットプレイス」などが仕入れ禁止店舗です。

 

仕入れ禁止店舗③「過去に偽物を取り扱った店舗」

バイマ(BUYMA)の鑑定サービスにより、

過去に偽物を取り扱ったことが判明している店舗では、

バイマ(BUYMA)に出品する商品を仕入れることができません。

 

これらの店舗は今後とも増えていくと思われますので、

商品を仕入れる前にバイマ事務局の最新情報を確認して、

仕入れ禁止店舗に該当しないか必ずチェックするようにしましょう。

 

2015年6月現在、仕入れ禁止店舗に指定されているのは18商店があり、

また、UGGを取り扱う際は、UGGで注意が喚起されている店舗での購入も

禁じられています。

 

アマゾンに関しては、個人出品可能な「アマゾンマーケットプレイス」と

日本人向けの日本語サイト「アマゾンジャパン」での仕入れは禁じられていますが、

「アマゾンドットコム」での仕入れは可能です。

 

バイマ(BUYMA)でこれは駄目!②「複数アカウントの取得」

意外と見過ごしがちな規則が、「複数アカウント取得の禁止」です。

閲覧回数を上げるためや、出品する商品を区分けするために、

同一人物が複数のアカウントを取得すると、

バイマ(BUYMA)事務局により、全てのアカウントが停止されます。

 

複数アカウントとみなされる場合①「アカウント停止処分中」

アカウントを一つしか開かないと言うのは、簡単そうで簡単ではありません。

例えば、何らかのミスにより

アカウント停止処分やアカウント取り消し処分を受けた場合、

再度、バイマ(BUYMA)でお金を稼ごうと、

アカウントを新規に申請するかもしれません。

このような場合は、アカウント停止処分であっても

アカウント取り消し処分へと処罰が重くなってしまいます。

 

複数アカウントとみなされる場合②「パソコンを共有している」

また、同じパソコンを複数の人間が使用している場合、

別々の人間が別々のアカウントを開いていたとしても、

使用されているパソコンが同じですので、「複数アカウントの取得」とみなされ、

アカウント停止もしくはアカウント取り消し処分が下されるかもしれません。

 

別の人物であってもパソコンを共有している場合は、

同じアカウントでバイマ(BUYMA)のショッパー活動を行うか、

バイマ(BUYMA)用に別のパソコンを準備するようにしましょう。

 

複数アカウントとみなされる場合③「回線の共有」

同じインターネット回線を利用している場合、

「複数アカウントの取得」とみなされることがあります。

インターネットのIP番号が同じですので、

バイマ(BUYMA)事務局から見ると、

同一人物が複数所有していると判断されてしまうのです。

 

このような事態を防ぐために、同じインターネット回線を使用する家族内では、

バイマ(BUYMA)アカウントは共用することができるでしょう。

どうしても家庭内でも別々のアカウントでショッパー活動を行いたい場合は、

ポータブルWi-Fiを活用するなどの方法を選択することもできます。

 

バイマ(BUYMA)でこれは駄目!③「お客さまからの低評価」

バイマ(BUYMA)では、取り引きが完了すると、

お客さまから評価をいただきます。

 

お客さまはパーソナルショッパーを

「応対の丁寧さ」「返信の早さ」「梱包の丁寧さ」の3つの項目で評価します。

バイマ(BUYMA)事務局はそれらの3つの項目の評価と、

バイマ(BUYMA)での実績となる「今までの取り付け件数」・

「買い付け成功率」・「注文から発送までの日数」を合わせ、

パーソナルショッパーの「総合評価」を算出します。

 

総合評価は5つ星表記で示されます。

星が4.5~5は、97%以上のお客さまから高い評価を頂き、

バイマ(BUYMA)での実績も素晴らしいと認められたショッパーに与えられます。

 

星が4~4.5は、95%以上のお客さまから高い評価を頂き、

バイマ(BUYMA)での実績も素晴らしいと認められたショッパーです。

 

そして星が3.5~4は、93%以上のお客さまから高い評価を頂いているショッパー

星が3~3.5は、90%以上のお客さまから高い評価を頂いている場合、

星が2.5~3は、80%以上のお客さまから高い評価を頂いている場合です。

 

お客さまから高い評価をもらう割合が80%未満になると、

星が2.5以下になります。

星が2.5以下になると、アカウントの停止もしくはアカウント取り消しの可能性が

非常に高くなります。

 

常にお客さまに喜んでもらえる取り引きを行うことが、

バイマ(BUYMA)で商売を続けること、

ひいてはバイマ(BUYMA)でお金を稼ぐことになるのです。

 

バイマ(BUYMA)では、応対の丁寧さと梱包の丁寧さ・返信の速さで、

パーソナルショッパーが評価されます。

これらの3つはどれも難しいことではありません。

努力次第でいくらでも評価を上げられるのがバイマ(BUYMA)なのです。

 

バイマ(BUYMA)でこれは駄目!④「禁止品の販売」

バイマ(BUYMA)では、出品禁止品が決められています。

この出品禁止品を扱うと、アカウント停止もしくはアカウント取り消しになります。

出品が禁止されているのは、

食品、ノベルティやサンプル品、医療機器、ブランド品の模造品、

仕入れ禁止店舗から仕入れた商品です。

 

怪しいとバイマ(BUYMA)事務局が判断すると、

すぐに取引明細を提示するように求められますので、

レシートや購入明細が分かる書類は保管しておくようにしましょう。

 

バイマ(BUYMA)でこれは駄目!⑤「出店中の禁止行為」

バイマ(BUYMA)で商品が売れるためには、

多くのお客さまに商品を見てもらうことが大切です。

お客さまの閲覧数を上げるためには、検索されるキーワードを盛り込んだ

商品タイトルをつけることがポイントとなってきます。

 

ですが、閲覧数を上げるためだけに商品とは関係のないキーワードを盛り込むと、

バイマ(BUYMA)事務局から警告を受け、

アカウント停止もしくはアカウントの取り消しにつながることがあります。

 

例えば、検索急上昇キーワードとして「ビーチ」「バカンス」があったとします。

オフィス系のかっちりとしたバッグの商品名として、

「もうすぐバカンス!ビーチの季節です!オフィス用バッグ」と記すなら、

検索ヒット数は多くなるかもしれませんが、お客さまに誤解を与える表記となります。

 

また、日本未販売の新進デザイナーのワンピースの商品名を、

「シャネルやセリーヌがお好きな方へ!○○の新作ワンピ」と記すなら、

検索ヒット数は確かに上昇しますが、お客さまに誤解を与えてしまうことになります。

 

また、著名人の写真等を含む掲載許可を得ていない写真の使用も禁じられています。

バイマ(BUYMA)では、著名人やいわゆるセレブの名前で検索することもできます。

有名人がブログで紹介していた商品や、個人的に愛用する商品にも注目が集まっています。

 

本当に愛用している場合、「人気モデルの○○さんもご愛用!」と記すのは良いですが、

その人気モデルの画像を転用することは認められていません。

バイマ(BUYMA)は過去に肖像権のトラブルを抱えたこともありますので、

画像の転用や無断使用に関しては非常にナーバスになっています。

 

バイマ(BUYMA)でこれは駄目!⑥「お客様との規定以外の接触」

バイマ(BUYMA)では、取り引きが成立すると、

バイマ(BUYMA)に手数料を支払わなくてはなりません。

バイマ(BUYMA)というプラットフォームを借りてお金を稼いでいるので、

これは当然支払うべき代金となります。

 

ですが、バイマ(BUYMA)以外で個人的に取り引きしたら

もっと儲かるのではと考え、お客さまを個人的な取り引きに誘導しようとするならば、

バイマ(BUYMA)のアカウントは取り消されてしまいます。

バイマ(BUYMA)で取り引きをするときは、パーソナルショッパー個人への信用ではなく、

バイマ(BUYMA)への信用で成り立っている取り引きであることを

忘れないようにしましょう。

 

また、発送の遅れや何らかのトラブルが生じ、

お客さまから至急のクレームが寄せられることもあります。

その場合も、落ち着いてメールでやり取りして解決することが求められます。

早く問題を解決しようとするあまり、お客さまに電話をしてしまうなら、

パーソナルショッパーとしてのアカウントが停止もしくは取り消しに

なることがあります。

電話は使用せず、メールでの応対を心がけましょう

 

バイマ(BUYMA)で取り引きを続けるためのポイント

①~⑥の禁止事項は必ず避けるようにしましょう。

そして、それに加えて、バイマ(BUYMA)事務局からの連絡に対して、

迅速に対応することが求められます。

正規のブランド品を送ったにもかかわらず、偽物であると鑑定されてしまったとしても

いきなり「アカウント取り消し」になることはまずありません。

 

最初は、バイマ(BUYMA)事務局から

「このようなクレームがきているが」という連絡を受け、

レシートの開示や状況説明をするように求められます。

そしてパーソナルショッパーが迅速に対応し、

クレームが間違いであることが証明されるなら、

アカウントは停止されることや取り消しになることはないのです。

 

パーソナルショッパーのバイマ事務局への対応が遅くなった場合は、

アカウントが停止もしくは取り消しになることもあります。

 

そのためにも、バイマ(BUYMA)専用のアドレスを作っておくことと

仕入れ禁止店舗のリストをこまかくチェックすることが大事なのです。

普段使用しているメールアドレスでバイマ(BUYMA)登録するなら、

重要なバイマ(BUYMA)事務局からの連絡も、

その他の不要なダイレクトメールと一緒に消去する恐れがあります。

必ず、バイマ(BUYMA)関係のメールは専用アドレスにしておきましょう。

 

また、バイマ(BUYMA)は、ブランド品を扱うショッピングサイトです。

ですが、いわゆる高級ブランド品に限定されているのではなく、

新進デザイナーのまだ知られていないニューブランドも扱っています。

そしてブランドではない商品も、取り扱いは禁じられていません。

 

ですが、ブランド品ではない商品の場合、

品質が悪く、お客さまからのクレームの対象になりやすかったり、

他のブランド品の模造品とも考えられるデザインである可能性もあります。

 

バイマ(BUYMA)に出品する商品をブランド品に限定するなら、

模造品やクレームの恐れを減少させることができるのです。

なるべく、ブランド品以外は扱わないようにしましょう


 


【そのほかの副業まとめ記事】

Amazon輸出ビジネスでお金を稼ぐ25のノウハウを一挙公開!
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(基本から準備まで)
Amazon輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法とは?(実践から販売まで)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(前編)
せどりでお金を稼ぐ方法!まとめ(後編)