eBay輸出・eBay輸入では、どのように利益が出ますか?

商品それぞれのアピールができることと、

直接、購入者に対してやり取りができることが

eBayの大きな魅力ですが、

実際にはどのようにして利益を出すことができるのでしょうか。

eBayで利益が出る仕組みについて見ていきましょう。

 

まず、「売れる商品を売る」と言うことが基本になります。

売れる商品とは、需要がある商品です。

需要があるとは、購入したいと思う人が多くおり、

なおかつ、出回っている商品が少なくなかなか買えない、

つまり「供給量が少ない」商品であれば、

それは「売れる商品」になるのです。

 

需要がある商品と言うのは、欲しい人が多い商品、

つまり人気がある、もしくは必要とされている商品です。

これは、毎年、毎日、流行が生まれているように

「良い」と思うものが、多くの人に支持されることでも

実感として知ることができます。

 

供給が少ない商品と言うのは、

人気が出すぎて生産が追いつかない商品や、

なにかの限定のモデルであったり、骨董品であったり、

すでに生産が終了してしまった商品を指します。

 

この供給量の少なさは、国によっても大きく異なります。

海外ではとくに人気がないものや、ありふれすぎているものでも、

日本では非常に人気で、なおかつ手に入らないものもあります。

反対に、日本ではその価値すらも分からないものや、

どこにでも手に入るのでありがたみが全くないものでも、

海外の人から見ると、

どんなに高くても手に入れたいものであったりするのです。

 

このような国による需要と供給の違いに注目し、

必要なところに、必要とされているものを販売することで

利益を得ていくのが、個人輸入と個人輸出、

つまりeBayで利益を得る方法なのです。

 

そして、ただ単に国内外で価格差があるだけでは

eBayで得られる利益に結びつきません。

その価格差が、商品を売る手間と時間、

そしてeBayに支払う手数料と商品の送料全てを

合わせた額より大きくなくては利益とはならないのです。

 

そうなると、一つの商品を見つけて、一つずつ送るだけでは

なかなか大きな利益にはなりません。

まとまった数を仕入れることで、単価を安くし、

まとまった数を発送することで、送料を安くする必要があります。

 

単価と送料を安くすることができれば、

大抵の商品が利益を上げる見込みも生まれてきます。

そのような買い付けのルートを開拓し、

送料を安くする経路を見つけていくなら、

一般的な個人輸入や故事輸出ではなく

ビジネスとして成り立っていくのです。

 

eBay輸出・eBay輸入では、どのように利益が出ますか?②

Amazonでは、商品のアピールつまり差別化を行う方法は

商品の値段を最安値にするか、

AmazonのFBAに商品を納品することで、

Amazonの商品として販売してもらうことの二つでした。

 

これらはどちらも、値段を下げることにしろ

手数料と送料を負担することにしろ、利益減を伴う方法でした。

ですが、eBayでは、直接商品の魅力をお客さんに伝えることで

付加価値とより詳しい商品の状態などの状態をお知らせし、

商品のアピールもしくは差別化を行うことができます。

 

eBayでの、商品の差別化は、実はこれだけではありません。

商品の付加価値として「安心」をプラスすることもできるのです。

あるお客さんが、ある商品を探していたとします。

日本でも売ってはいるのですが、

ブランド品で非常に値段が高く購入をためらっているとします。

安く手に入れる方法はないかと、ネットを見ていて

eBayで、求めているまさにその商品を見つけたとします。

 

しかも、日本で購入するより非常に安かった場合、

お客さんは、まず、どのように考えるでしょうか。

海外から直接輸入して購入するので、

英語などの外国語で取引ができるのだろうか」という心配や、

ちゃんと商品が無事に届くのだろうか」、

そして「もし商品が偽物だったり、壊れていたらどうしよう

などの不安を感じるのではないでしょうか。

 

そのような不安や心配を一つ一つ解決する安心も、

商品に対する付加価値として、差別化を図れるのです。

もし、お客さんがせっかくインターネットで求める商品を見つけても、

不安となる材料が多すぎたとしたら、

結局はインターネットでの購入をやめてしまい。

高くても安心できる日本でのお店で購入することを選択するでしょう。

 

では、そのようなせっかくお店まで来てくれたお客さんを、

不安材料を多く見せることで購入をとどめてしまうのではなく、

商品をちゃんと購入してもらうためには、

どのような事をすることができるでしょうか?

 

それは、購入者の言語で販売ができることをアピールしたり、

商品を送る方法について明記したり、

送るときの問い合わせ番号などを購入者に教えたり、

もしもの時の交換方法などについても事前に知らせることで

購入者が安心できる情報をプラスしていくことです。

 

このように安心をプラスすることで、

商品の値下げを行ったり、余計な手数料を支払わなくても

つまり利益を下げなくても売れる商品にすることが可能なのです。