ワールドワイドに発送を行う場合が多いので、

eBayの商品は、送料込みの場合はほとんどなく、

送付先によって送料が異なります

そのため、商品の価格と送料が別々に表記されているのです。

 

意外とお金がかかってしまうのが、この送料ですので、

購入する前に、日本までの送料がいくらなのかを把握しましょう。

アメリカからの発送の場合、USPS(アメリカの郵便公社)が

他の運送会社よりは安くなることが多いです。

 

それ以外に、日本からでも利用できるEMS(国際速達サービス)や

同じく日本からでも利用可能なDHL(国際宅配便)や、

FedEx(こちらも国際宅配便)やUPS(国際輸送サービス)

などがあります。

これらのサービスは速達便になりますので、早く到着し、

追跡サービスもありますので、

荷物がどこにあるのかを検索することもできます。

 

USPSもファーストクラスメールと言う速達サービスがありますが、

他の企業系の速達サービスに比べて、若干日数がかかります。

 

国際宅配便では有料で高額の補償も付けることができますので、

付けたい場合は販売者と相談してつけてもらうことができます。

 

商品がワールドワイドに発送と記載されているにもかかわらず、

日本までの送料が記されていないこともあります。

この場合は、販売者に質問するコンタクト機能を利用して、

日本までの送料を事前に確認しておきましょう。

 

このメールでのやり取りは全て保存されますので、

後で正しく送料が加算されているかをチェックするようにしましょう。

 

まれに、「shipping free economy int’l postage」

つまり世界中どこでも送料無料と書かれていることがあります。

この場合は、商品の代金のみで購入することができます。

 

ですが、economy postageつまり普通郵便と記されている場合は、

追跡や保証などの付加サービスがなく、

また商品が届くまでに、

非常に時間を要する場合も珍しくありませんので

急ぎのものや貴重品などは、利用しない方が良いでしょう。

 

上記以外の配送方法として、

まれに日本の宅配会社が利用されることがあります。

ヤマト運輸の海外現地支社では、

個人向けの宅配も扱っていますので、利用されることもあります。

 

佐川急便や日本通運なども、海外の主要都市に支店を構えていますが、

基本的に法人のみと取り引きを行いますので、

eBayの商品を日本から送ったり、

外国から送られてきたりすることはありません。