[buy it now]と表示された固定価格で販売されている商品の中には

[make offer]という青いボタンが表示されているものがあります。

この[make offer]と表示されている商品は、

値引きの交渉ができる商品を意味しています。

 

この[make offer]のボタンをクリックすると、

make offer」というページが開きます。

このページの中程に空白の欄がありますが、

ここにアメリカドルで希望する価格を記入することができます。

 

希望する価格を記入したら、画面左下の[review offer]をクリックします。

すると確認画面が表示されますので、

記入した金額に間違いがないことを確認し[submit offer]をクリックします。

48時間以内に販売者から、「accept」:記入した金額での販売可能か、

「deny」:記入した金額では販売が不可能かの返事がきます。

 

「review offer」のすぐ上にある「add message to seller」をクリックし

販売者に値引き金額で購入したい旨をメールで伝えておくなら、

値引き交渉が成立する可能性も上がるかもしれません。

 

48時間以内に販売者から値引き交渉に対する返事が来ない場合、

値引きの依頼は拒否されたことになります。

また、販売者からの返事で、

購入者が希望した金額での販売は応じられないけれども、

○○ドルなら販売することができると、料金を提示することもあります。

 

そのようなオファーは、「counter offer」と表記され、

この「counter offer」に購入者が応じるなら、同意を示すことができます。

 

一つの商品の取り引きにおいて、三回まで「make offer」で

値引き交渉を行うことができますので、

交渉して納得がいく価格で購入するようにしましょう。

 

この値引き交渉を成功させる秘訣は、

初めに表示する値引き価格をあまりにも安い値段にしないことです。

初めに付けられている値段の2割引きから3割引き程度の値段を提示し、

常識的な値引き率での交渉を行うことが重要です。

無茶な値引きの要求をするならば、

販売者側から返事が来る可能性もなくなってしまいます。

 

また、一つの商品を販売しているのではなく、

在庫数が多い商品に対して、

○○個まとめて買うから値引きをしてほしいと交渉することもできます、

このように値引き交渉で商品を購入する場合は、

画面右上の[advanced]を開き、

[best offer learn more]にチェックを入れます