eBayでの商品の購入方法、またどのような並行輸入品が人気なのかをリサーチする方法、そして仕入れ業者と交渉する方法が分かったところで、次は仕入れた商品を販売することで利益を出す方法を学びます。

まずは存在を知ってもらう


売上を上げていくには、多くのネットショッピングサイトやオークションサイトを利用して多くの人の目に触れることが重要です。

ほとんどの購入者がいつも決まったネットショッピングサイトやオークションサイトを利用していますので、いくつものサイトを比べて買うとは限らないからです。
 

日本国内で利用者が多いサイトには、「ヤフオク!」「アマゾンマーケットプレイス」「楽天オークション」「モバオク」「楽天市場」「BUYMA」「ヤフーショッピング」などがあります。

これらを網羅するならば、商品の品ぞろえが少ないとしても多くの購入者の目に触れますので、検索されて商品が引っ掛かる可能性も高くなります。
 

ですが、販売者としてそれらのネットのショッピングサイトを利用する場合には、それぞれのサイトにより異なりますが、月々の手数料に加えて商品が売れる毎の手数料が必要になる場合も多いです。


固定客を獲得して売り上げを安定させる


商品が良く売れるようになったらある程度固定のお客さんが付いてくる場合もあります。
そのようになった場合は、自分でネットショップを立ち上げて独自に販売することもできます。

自分のネットショップならサイトの維持費用以外の手数料がかからないので利益率も非常に高くなります。


そのような高利益を生み出すネットショップを開設するには、顧客リストの開拓が必要です。

顧客リストを開拓するためには、既存のアマゾンマーケットプレイスやヤフーショッピングなどで思い切った安価な価格設定で、顧客を引き付けなければなりません。 

魅力的な価格設定で顧客を獲得し、その後、顧客からメールアドレスなどの個人情報を得て、自社のネットショップに誘導するのです。


大抵のネットショッピングサイトでは購入者と販売者がそのショッピングサイトを通さずに直接売買を行うことを禁じています。 

ですが、取り引きをすることで得た個人情報に自社のネットショップを宣伝するメールマガジンなどを送ることは違反ではありません。
 

顧客リストを作成する手段だと割り切って、初めは利益率が低くても着実に顧客の心をつかむ値段設定をし、顧客ではなく販売者のファンになってもらうように宣伝活動を心がけましょう。





【ebayに役立つ他の記事】
高値で売るための演出テクニック
eBay輸入ビジネス!過去のヤフオクの相場チェックが稼ぐコツ!
eBay輸入ビジネスに使える便利なツール一覧
eBay輸入ビジネス!販売経路を開拓しましょう


Twitterでも情報を配信中!