利益率や手間などを考えるなら、

自分でネットショップを立ち上げることが最も良い手段です。

もちろん、固定客がある程度見込めるようになってからでなくては

サーチエンジンなどでも上位に出ることはまずないので

露出や検索回数がヤフオク!やアマゾンマーケットプレイスなどに

出品しているときとは、圧倒的に落ちてしまうでしょう。

 

ですが、固定客や商品に対する認知度が上昇したと考えられたら

自分のネットショップを立ち上げることが利益を上げる方法です。

 

また、固定客などが付かない状態でも

仕入れた商品がヤフオク!やアマゾンなどで

コンスタントに売れているなら、

それらの商品をより安くで購入しようと

商品名でサーチエンジンをかける人も上昇します。

 

そのような状態になってきたことが分かったら、

ヤフオク!などで販売するよりも安い値段設定にすることで

立ち上げたネットショップに商品を見るために来る人も

増えてくることが予想されますので、立ち上げ時期と言えるでしょう。

 

ネットショップを立ち上げる際には、

自分でウェブデザインなどができなくても

「カラーミーショップ」や「おちゃのこネット」などを利用して

低価格でサイトの開設や運営をすることができます。

 

これらの「カラーミーショップ」や「おちゃのこネット」などでは

顧客へ配信するメルマガ作成機能や、在庫管理のツール、

また各種クレジットカードでの決済機能など

ネットショップには必要と思われる機能はすべてそろっています。

 

それらのサイトを利用して立ち上げたネットショップは

完全に自分だけのネットショップと言えますので、

購入者に対してメールを直接配信したり等のコンタクトをとることも

自由に行うことができます。

 

自分だけのネットショップは、宣伝も自分で行わなくてはなりません。

ヤフーのプロモーション広告などの課金型の宣伝を行ったり、

フェイスブックやツイッターを利用して、商品の宣伝を行ったり

ヤフーやグーグルでの検索順位を上げてもらうように

宣伝料金を支払ったり等の活動を地道に行います。

 

また、ネットショップに何らかの特徴を与えることも必要です。

何でも幅広く揃うショップなら、

アマゾンやヤフーショッピングなどに勝てるはずはありませんので、

何かのジャンルには非常に詳しいなどの商品の偏りが大事です。

 

例えば、鞄を扱うショップを運営したいなら、

鞄全体をまんべんなく扱うのではなく、

ボディーバッグなどだけを扱うなど、狭い範囲に絞ります。