販売経路が多ければ多いほど、商品の露出は増えます。

商品の露出が増えれば増えるほど、商品を購入する人は増えます。

アマゾンやヤフオク!だけではない、

販売経路を開拓することで、より利益を上げるようにしましょう。

 

利益を上げるためには、

ネットショッピングモールの特徴を理解することが大切です。

そのネットショッピングモールの特徴に合わせた

商品展開をすることで、より効率よく販売活動を勧めることができます。

アマゾンやヤフオク!以外の国内の大手ネットモールを見ていきましょう。

 

ヤフーショッピング

手数料を無料にしたことで、出店を希望する人が非常に増えています。

ヤフーショッピング」では、

ファミリーマートやツタヤでも利用できるTポイントをためられるので

ポイントを統一して効率よく貯めたい人からも支持されています。

ヤフーショッピングでも各ショップのサイトは自由に作れるので、

個性を出した販売が可能です。

 

モバオク

モバイルを利用したオークションサイトで

圧倒的な利用者数を誇るのがこの「モバオク」です。

出品者の月額利用料は324円で、1000品までの商品を出品できます。

 

BUYMA

海外の商品に非常に強いのがこの「BUYMA」です。

日本未販売の並行輸入品ならこのサイトで購入すると決めている

熱狂的なファンが多いことでも知られています。

 

楽天市場

日本最大級のネットショッピングモールと言えば、

テレビなどでもCMの多いこの「楽天市場」です。

ポイントが二倍になる独自のクレジットカードや

ほとんど毎日何らかのお得になるイベントが行われていたり等

購入した人たちが、お得感を味わいやすいという特徴があります。

 

その分、参入している業者や同じ商品を扱う業者も非常に多いので、

ポイントを5倍や10倍付与する設定などを設けて

他の業者との差別化を行うこともできます。

 

サイトのデザインから、商品紹介のページ、

またメールマガジンの設定や発送を行えない日の設定など

販売者の都合に合わせて詳細な設定を行えるのも

楽天市場の特徴でもあります。

 

楽天市場では、アマゾンなどのように自社の販売サイトがありません。

その分、販売者の努力で、商品を上位に出すようにできます。

商品の価格をなるべく安くしたり、ポイント付与率を上げたり、

送料で他の商店とは差別化を行うことができます。

 

また、楽天市場に手数料を支払うことで、

商品の広告を行うこともできます

この方法では、値段が高くとも上位に表示されます。