良い商品でも、説明文が分かりにくかったり適切でないなら、

購入者が商品ページに訪れてくれても、

購入意欲をなくしてしまうでしょう。

売れるように商品を紹介する方法について見ていきましょう。

 

商品の紹介文には、購入者が個人的に質問しなくてもよいように

十分に詳しい情報を盛り込むことが大事です。

商品の重さや大きさ、衣服なら袖丈や身幅や着丈など、

詳しすぎるかなと思う程度に詳細に書くことができます。

 

また、写真を上手に撮影しても、

質感や色を正しく表現することは非常に困難な作業になります。

触った感じを擬態語だけでなく具体的なものを出して表現するなら

より正確なイメージを購入者に伝えることができるでしょう。

 

例えば、服の裏側が気毛になっているプルオーバーを紹介する際に

「ふわふわで暖かい素材です」と紹介するのではなく、

「厚手の毛布を肌に直接当てたような着心地です」と書くなら、

購入者もイメージがわきやすくなり、販売へと結び付くのです。

 

質感よりも、イメージ違いとして返品やクレームがつきやすいのが

色に対する問題です。

色を言葉で表現したり、写真で表現するのは非常に難しいです。

 

写真を何枚もアップできるマーケットで販売するときには、

ライティングを変えて見て、ライティングの説明と実際の色を書くなら

購入者側もイメージがしやすくなるでしょう。

 

また、何度写真を撮っても目に見える色と違って感じられる場合には、

「実際にはもう少し落ち着いた色身になります。」や、

「実際の色はwww.○○//を参考にしてください。」などと書くことで

クレームや返品、悪い評価などを回避することができるのです。

 

その他の情報も詳しく書くことで、

購入者が選びやすい商品にすることができます。

 

初回版のものであることや、初版であることなどの情報、

カバーや説明書など付属品として何が付くのかを書くなら、

CDや書籍などのコレクターの場合に大きなアピールになります。

商品を実際に安く購入したいというよりは、

初回盤のみを揃えたいという購入者も一定人数いるからです。

 

ユーズドの商品なら、どんなダメージがあるのかの詳細も必要です。

商品を良く見せたいあまりダメージについての記載をしないなら

クレームや悪い評価、返品などにもダイレクトにつながります。

 

また、どのような梱包で送るのかなどの配送にかかわる情報

発送時期についての詳細な情報なども記すことで、

購入者の不安を解消することができます。