企業として販売している場合には、大抵PL保険に加入していますが、

個人出品者の場合はPL保険に加入していないことが少なくありません。

PL保険に加入し、安全に取り引きを勧めていきましょう。

 

PL保険とは何でしょうか?」

PL保険とは、「生産物賠償責任保険」の略語で、

賠償問題に発展したケースに対し、補償が支払われる保険です。

 

つまり、販売者が販売した商品が不良品であった場合、

不良品であることを知らずに使用した購入者が、

その商品を使用することでけがをしたり物品が破損した場合に

補償を受けることができる保険なのです。

 

どのようなときに補償を受けられますか?」

健康器具や美容器具なども、

けがなどのトラブルにつながりやすい商品です。

健康になるために使用していても、

欠陥商品であった場合には反対に健康を損ねることもあります。

 

このように販売者の目の届かないところでトラブルが起きても、

PL保険に加入をしているなら、賠償金を支払う必要がありません

 

PL保険に加入する際の注意事項

取り敢えず、何らかの保険に入っておけばよいというものではありません。

補償内容をよく読み、

販売している商品に補償内容が当てはまるものなのかをチェックします。

 

輸出入ビジネスを拡大していくということは、

それだけ多くの商品を扱い、

多くの購入者と付き合っていくことでもありますので、

PL保険に加入して、様々なトラブルに対応する準備が必要です。

 

補償がどの程度までカバーされるのかは、

保険会社や加入する内容、オプションなどによって異なってきます。

また、全ての保証を約束されたものは非常に高額になることもあります。

販売する商品に必要なものを、必要な程度だけ選択して、

無駄に高額な保険料を支払うことのないようにしましょう。

 

日本商工会議所」では、

中小企業に向けた割安のPL保険を紹介しています。

最低限の保証金額で、想定されるトラブルに対応できるようにしましょう。

 

信頼を得るためにPL保険に加入する」

個人に販売するだけではなく、

まとまった数を企業などに卸したり、買い付けしたりすることで

輸出入ビジネスをする人もいるでしょう。

このように企業や会社に対して取り引きをしようとする場合には、

PL保険に加入していないと取り引きをしてもらえない事も多いです。

 

販売者として、個人輸出入業者として信頼をされるためにも、

PL保険に入っておくのは賢明なことと言えるでしょう。