20161217_135315-540x405

市場調査は、輸出入ビジネスのリスクを最小限にするために必要です。eBayにおいての輸出入ビジネスでも、もちろん例外ではありません。データを分析し、市場をよく理解することが利益拡大の方法なのです。

eBayと公式に提携している「Terapeak for eBay」を利用して、市場調査をする方法について見ていきましょう。


一般的な統計で全体図を掴む


「Terapeak for eBay」の一般統計をみるならば、9つのデータを得ることができます。
それぞれについて何を知ることができるのかも見ていきましょう。
キーワードを入力して、「一般統計」を見ます。
するとそのキーワードにかかわる全体的なデータが表示されます。

合計落札額:キーワード関連商品の合計落札額です。ドルで表示されますので、注意しましょう。

合計出品数:キーワード関連商品の終了した出品数の合計です。この数値は期間内に終了した出品数を表していますので、売れていない商品の数も含まれます。

合計落札数:キーワード関連商品の落札数の合計です。合計出品数と合わせて考慮するなら、どの程度売れているのかが見えます。

また、輸入業者など一度の落札で複数個数を落札する場合も多いですので、落札された個数よりは少なくなります。 

合計入札数:検索を指定した期間中に、オークション形式、固定価格販売形式にかかわらず入札が入った数をすべて合計したものが表示されます。 

出品された商品数:期間内の出品数の合計です。期間内に出品した数とは異なり、出品が行われた数ですので、合計出品数より少なくなります。 

落札された商品数:指定期間内に実際に落札された商品の数です。落札された数とは異なり、落札された商品数ですので、合計落札数より多くなります。

出品ごとの入札:一つの商品の出品についての入札件数です。全ての商品に入札が入ることはまずありませんので、1を下回ることが非常に多いです。

落札率:指定した検索期間内の出品が終了した商品に対して、どれくらいの商品が落札により販売を終了したのかの数値です。買い手がつかずに再出品になることも多いですので、落札率は50%以下であることがほとんどです。

検索ワードを変えることで、落札率が高い商品を絞り込むなら、損失の出にくい商品を取り扱うことができるでしょう。 

一日に出品しているセラーの数:指定した検索期間内のキーワードにあてはまる商品を取り扱う販売者の数です。


以上のデータを元に市場を調査し、利益の最大化を目指しましょう。





【ebayに役立つ他の記事】
eBay輸出ビジネスで「よくあるトラブル」3パターンと対処法
販売パフォーマンスを維持し eBay輸出ビジネスを続けるためのポイントとは?
eBayで短期間で「トップレートセラー(優良出品者)」になる6つの条件
輸出ビジネスにおける「国際郵便」の種類と特徴、使い分け、発送方法を解説


Twitterでも情報を配信中!