poster-pont-de-pierre-in-bordeaux-bei-nacht-1568216


eBay輸出ビジネスを行うなら、1円でも安い仕入れ先を探すことで

利益を伸ばすことができます

ネット上に膨大にあるマーケットの中で、

どのように効率よく安い仕入れ先を探すことができるでしょうか。

 

1、価格比較サイト『その価格OK?』を活用する

固定価格での販売形式と、オークションでの販売形式に分けて

商品に対する値段を比較することができるサイトが「その価格OK?」です。

会員登録しなくても利用できるサイトなので、

気になる商品があればすぐに検索して、販売価格を知ることができます。

 

お勧めのキーワード、季節やイベントに関するキーワード、

検索上昇中のキーワードに関する情報も

トップページに記されていますので、活用することができます。

 

2、価格比較サイト『価格ドットコム』を活用する

価格比較サイトとして、最も知名度が高いのがこの「価格ドットコム」です。

トップページでかなり細かくカテゴリが設定されていますので、

カテゴリごとに商品を見ることもできますし、

もちろん、商品名や品番で検索することも可能です。

 

送料込みで最安値なのかなど、実際に購入する場合に必要な情報を

全面的に押し出した見やすいページに構成されていますので、

ネットショップで良い仕入れ先を見つけたと思っても、

一度この価格比較サイトで検索してみて、

さらに安い仕入れ先がないかをチェックしてみてください。

 

反対に、価格ドットコムなどの価格比較サイトの値段を根拠に

まとめて購入する際の割引の交渉なども行うことができます

一つで購入してもこの値段なら、

まとめたらもう少し割引きになるのではと仕入先にアピールできます。

 

3、実店舗を活用する

すぐに商品検索や比較が行えてしまうネットショップとは異なり、

他店との比較が行いにくい実店舗では、

非常に安く購入することも可能な場合が多いです。

また、実際に顔を見て交渉することができますので、

交渉次第では一番お得な仕入れ先になる可能性が高いのも

実店舗と言うことができます。

 

ネットショップでは、販売者側も商品の売り上げに対して

サイト運営者に対して手数料や基本料金を支払います。

このような中間マージンがなくなりますので、

ネットでも商品を販売している業者でも、

ネットを通さないで購入してくれる購入者の方がありがたい存在なのです。

 

実店舗では、実際の商品を目にすることができるのも大きなメリットです。

商品販売時において、

商品に対する質問が来たときにも詳細に対応できるようになります

バーゲンを活用して仕入れる!



仕入値を安くするためには、

ネットや実店舗でのバーゲンを活用することができます。

もちろん、バーゲンは毎日行われているものではありませんが、

上手に活用するなら、思わぬ安値で購入できるチャンスなのです。

 

実店舗の決算バーゲンを活用する

店舗の入り口に陳列されたワゴンセール品や、決算バーゲンは見逃せません。

決算を行うに当たって、在庫をなるべく減らして現金化しようとしますので、

赤字を覚悟で出されている商品や、

大量に購入することで大きな値引きをしてくれることもあります。

 

家電などは新しい商品が出ると、

古い型のものを利益度外視の安値で放出することがあります。

ですが、古い型の方を気に入って、

わざわざネットで探して購入する人も多いのです。

 

自分が気に入っていた品番がなくなるなら、

まだ帰るときに買っておこうとまとめ買いする人も少なくありません。

シェーバーやドライヤーなどの

理美容電化製品は特にその傾向があるようです。

 

季節品のバーゲンを活用する

実店舗でもネットショップでも季節品のバーゲンを良く行います。

ハロウィン関係の商品やクリスマス関連商品がその対象です。

また、季節イベントだけでなく

マリングッズなども夏の終わりにはバーゲンになります。

 

このような季節品の中で、流行とあまり関係がないものなら

バーゲン時に購入しておいて次の年に売り出すことができます。

その年にはやったキャラクターや映画関連の商品などは

次の年には売れることが少ないと思われますので、

購入しない方が良いでしょう。

 

アマゾンのタイムセールを活用する

アマゾンでは日替わりでタイムセールを実施しています。

対象の商品は毎日変化しますので、

こまめにチェックして、希望の商品を見つけましょう。

 

楽天のセールを活用する

楽天スーパーセールは、不定期に開催されています。

ですが、楽天のセールのメルマガに登録しておくことで

前もって情報を仕入れることが可能になります。

 

ジャンルごとのメルマガもありますので、

希望する商品のジャンルに合わせて登録しておきましょう。

 

また、楽天ではポイントが何倍にもなるイベントを

不定期ですが行っております。

これも、実質の値段を下げることにもつながりますので、

積極的に活用するようにしましょう。

 

このポイントが増えるイベントはエントリー制になっていることが多いです。

楽天を利用するときには「キャンペーン」のページをチェックして、

該当するイベントにエントリーしてから購入しましょう。