20161217_155652-540x405

1円でも安い仕入れ先を探すことで、利益は確実に上がります。

同様に、クレジットカードのポイントや航空系カードのマイル、ネットショッピングサイトのポイントなども取引きが大きくなっていきますと、非常に大きな額になります。 

このようなポイントをしっかりためることで、少しでも利益を伸ばすことにつながるのです。
各種ポイントを効率よく貯めていくのに必要なテクニックを見てみましょう。


エントリーする


楽天市場やヤフーショッピング、ヤフオク!などで実施されているポイントが何倍にもなるキャンペーンの多くは、エントリーをしなければポイント増加の適用がされません
 
サイトを利用するときは、購入するしないにかかわらず、とりあえずキャンペーンのところを見てエントリーできるものは全てエントリーしておくようにしましょう。


経由する


アマゾンマーケットプレイスなど、それ自体にはポイント制度がないサイトも、クレジットカードなどのショッピングサイトを経由するだけでクレジットカードのポイントが何倍にもなることがあります
 
例えば、セゾン系のクレジットカードサイト「セゾン・ポイントモール」を経由すると、アマゾンなどのキャンペーンによっても変化しますが、2倍から5倍のクレジットカードのポイントが付与されます。

これは一度ログインすればいつでも適用されるのではなく、利用の度にログインして経由する必要があります。しかし、まとまった金額を購入するなら、付与されるポイントも大きくなりますので忘れずに経由しておきましょう。
 
決済に使用するクレジットカードによって経由するサイトが異なりますので、利用するカードのホームページをチェックしておきましょう。


ハピタス」「げん玉」などのポイントサイトを経由してもポイントが貯まります。
楽天ポイントなど一部のポイントは「楽天ポイント+ハピタスポイント」のように二重取りすることも可能です。

貯まったポイントは2%程度のお得なレートでAmazonギフト券に交換することもできるので、これらのポイントサイトを経由するのもコツです。

hapitasu-points

まとめる


色々なポイントをそれぞれでためると、ポイントが分散して利用するのを忘れたり使えなかったりします。
 
最近では、ほとんどのポイントやマイルがそれ自体だけでなく、他のポイントやマイルと互換性があるものが増えています。
 
自分が利用するネットショッピングサイトのポイントや利用しているクレジットカードのポイントなど、何と互換性があるのか調べておけば、まとめて大きな利益につながることも珍しくありません。
 
TポイントやANAマイレージ、Gポイントなどは様々なポイントやマイルと互換性がありますので、ためやすいということができます。期間限定ポイントなどもありますので、有効期限が切れてしまわないうちに消費するようにしましょう。

ポイントの貯め方と消費先については、こちらの記事も参考になります↓