s_003q


購入者側は、eBayのポリシーを守って

関税などにかかわる手数料を支払う義務があります。

では、販売者側が守らねばならないポリシーには何があるでしょうか。

 

重複出品を禁止するポリシー

同一販売者が、同一のコンディションで同一の商品を、

複数の出品ページで出品することがeBayでは禁止されております。

 

複数の出品ページで紹介するなら、

購入しようとする人が商品を検索するときも、

同じ商品が並んでしまい、

多くの種類の商品を閲覧することができなくなるからです。

 

ですが、同じ商品ではあってもコンディションが異なる場合

つまり新品と中古品がある場合や、

固定価格方式で売るものとオークション方式によるものなど、

販売方法が異なるときは出品が認められています。

 

並行輸入品にかかわるポリシー

日本のメーカーの商品でも、

海外に正規の代理店がある場合には、eBayなどを通して

並行輸入品として販売することを禁止していることがあります

 

特にヨーロッパ方面に輸出しようとする場合、

監視の目も厳しいので、注意が必要になります。

 

正規代理店があるにもかかわらず、並行輸入品も認めてしまうなら、

メーカー側の商品の売り上げに大きく影響することがあるからです。

 

そのような規約があるにもかかわらず販売した商品に関しては、

メーカーからeBayにクレームが届き、

eBayから連絡を受けることにもなりかねません。

eBayからそのような連絡を受けるなら、

出品枠の制限や取り引き枠の縮小などの制裁もあり得ます。

 

海外に正規の代理店がある場合にも、

中古品の輸出販売は認められていますので、活用しましょう。

 

海外に正規代理店がある場合の多い商品としては、

時計、装飾品、衣料品、文具などがあります。

出品する日本のメーカーのホームページで確認して、

海外に正規代理店がないか、

またある場合にはどこの国にあるのかを調べておきましょう

 

画像使用に関するポリシー

商品の写真が上手に撮れない、

また、新品の商品の箱を開けてしまうのは気が引ける場合に、

メーカーのホームページや他のネットショッピングサイトなどから

画像を転用して利用することがあるかもしれません。

 

ですが、eBayではこのような画像の転用は禁止されていますので、

なるべく自分で撮影するようにしましょう。

 

特に、アカウントを開設したばかりの時に

このような画像転用を行うと

アカウントの使用が制限もしくは取り消しになることもあります