「eBay」と「Amazon」は、何が違うのでしょうか?

どちらも海外にベースを置くサイトで、

インターネットを通じた販売もしくは購入を行っています。

両者の違いについて、詳しく見ていきましょう。

 

インターネットを検索していて、欲しいものを見つけた時、

注文して決済して、商品が届くのを待つというのは同じですので、

購入者側からみると、eBayもAmazonも大差ないように感じます。

 

ですが、Amazonは、それ自体が営利目的の企業で、

購入者と販売者の関係と言うよりは、

販売者とAmazon、購入者とAmazonの

二つの関係があって成り立っているのです。

 

一方eBayは、販売者と購入者が直接取引を行えるように

場所だけを提供しているという販売方式なのです。

 

商品について何か質問があるときや、

届いた商品に何らかの問題がある場合は、

Amazonの場合は、Amazonを通して

返品や質問などを販売者に申し入れます。

 

ですが、eBayで何かを購入した時に問題が生じたり、

まだ購入する前に尋ねたいことがあった場合は、

販売者に直接、質問やクレームを伝えることができるのです。

 

また、Amazonは、

Amazonも一つの小売店として商品を販売します

販売者がAmazonでも売られているものを販売する場合、

Amazonも競合者となります。

そしてもちろん、Amazonでものを売りますので、

検索するとAmazonのものが上位に表示されます。

 

これは、販売者にとっては非常に不利な条件になります。

世界中のものを扱うAmazonと同じ商品を販売するなら、

どんなに安くまた品質の良いものを提供しても、

購入者が最も目にしやすい場所には置いてもらえないのです。

 

メーカーは商品を売る際に、小売店を何度も訪れて、

一番良い場所つまりお客さんが一番注目する場所に

商品を置いてくれるように営業をしますが、

営業ができない、つまり商品をどこに置かれるかわからない点で

大屋であるAmazonよりかなり不利な立場に置かれてしまうのです。

 

また、Amazonが提供している商品でなくても、

類似した商品を販売する際にも、このデメリットは作用します。

類似商品として、まずAmazonのものが紹介されるのです。

 

一方、マーケットプレイスを提供しているだけのeBayは、

自身ではものを販売しませんので、競合者にはなりません

購入する人は、値段や何かの条件をつけて、

それにマッチするものから上位に表示することができます。



次に、企業としての収入源について見ていきましょう。

Amazonの収入源は、販売者に売り場を提供する手数料と、

取引が成立した時の落札手数料が主なものです。

これはeBayも大差なく、販売者に売り場を提供する手数料と

ストア購読手数料と、取引成立時の落札手数料です。

 

eBayはもともとオークションサイトとして始まりました。

現在でも、コレクターグッズやビンテージ品、

アンティークのものや新古品など、

普段デパートやスーパーなどでは目にしないような商品

多く扱われています。

Amazonでも、中古品などを扱ってはいますが、

eBay程の、コレクターグッズなどの幅広い品ぞろえはありません。

 

eBayとAmazonの決定的な違いは、

「販売のスタイルの自由度」にあります。

Amazonでは自身も販売していますので、

販売者はAmazonに登録している商品なら、

値段設定などまでも自動で簡単に出品することができるのです。

 

ですが、オークションサイトをその土台に置くeBayは、

販売者が、出品の作業をすべて自分で行う必要があります。

商品をアピールする言葉を考え、写真を撮り、

商品を魅力的に見せるために数々の手間をかけなくてはなりません。

また、商品によってはオークション形式にしたり、

はたまた即決方式にしたりと、アレンジして行くのです。

 

初めに商品を売ろうと思う時には、

これらの過程が面倒に思えるかもしれませんが、

実は、これがeBayの一番の魅力でもあるのです。

このように商品を1から自分でアピールすることで、

差別化を行い、多くの商品の中から「選んでもらえる商品」へと

変えていくことができるのです。

 

Amazonで商品を差別化するには、商品の値段を最安値にするか、

FBAというAmazonの倉庫にいったん商品を納品して、

Amazonに委託して販売してもらう方法のみです。

 

前者は値段を下げることでの利益が減るリスク、

後者はAmazonに納品することで、

送料と手数料が余計にかかるというリスクがありますので、

利益減のリスクを冒さなくては

商品の差別化を行うことができない仕組みになっています。

 

一方、eBayは、写真の撮り方を工夫したり、

商品に対する情報を詳しく付け加えることで

購入者に金額以外のアピールをすることができます。

初めは、手間に思い、面倒な時間だと感じますが、

これで注目が増え、魅力ある売れる商品に変わるのですから、

やりがいのある手間」と感じるでしょう。