2



これまでFacebook広告紹介編やFacebook広告導入編でFacebook広告のメリットや仕組みなど

アウトラインをご紹介してきました。

 

ここからは実践編としまして、

実際にFacebook広告を出稿する手順など、

具体的な操作や方法についてご説明していきます。

 

まず何よりも初めにするべきことは、Facebookへの登録です。

現在Facebookを利用している方はすでに登録していると思いますが、

Facebookを初めて利用する方は登録し、アカウントを作成する必要があります。

このアカウントとは、自分のページのようなもので、

企業として広告を出稿する際にも、その編集など広告の作業を行う人のアカウントが必要です。

ただし広告アカウントと広告の作業を行う人の個人のアカウントは

関連付けられることはありませんので、ご安心ください。

 

Facebookへの登録は実名でメールアドレスあるいは

携帯番号、パスワード、生年月日、性別などを入力する必要があります。

下に示したリンクがFacebookの最初に登録するページですので、ここから登録を行いましょう。

Facebookアカウント登録

 

入力が完了しましたら、個人アカウントの作成が終了しますので、

個人的にFacebookを利用する方はその他のプロフィールを充実させるなど、進めてゆけばよいでしょう。

広告を利用する際に必要な登録はここまでです。

 

この先は目的などによって少し変動しますが、ご自身のページの右上のタブを押すと

ページを作成」や「広告を作成」といったボタンが出てきます。

 

この「ページを作成」ボタンを押すと、「地域ビジネスまたは場所」「企業や団体」といったボタンが出てきますので、

もし企業としてFacebook広告を出す場合や、お店として広告を出す場合など、それぞれ目的に応じてページを作成しましょう。

ページの作成が完了したら、Facebook広告を出稿するにあたって必要なページも完了です。

 

また、Facebook広告費の支払いにはクレジットカードが必要となります。

支払方法は複数のクレジットカードから、というように自由に支払いを行うことはできますが、

1つ以上のクレジットカードが必須ですので、支払いに利用できるものを用意しましょう。

利用できるカードは

・Visa

・JCB

・MasterCard

・American Express

となっております。

 

Facebookの登録が出来ましたら、次は禁止事項を確認する必要があります。

ということで、次回の記事では禁止事項についてご説明します。