img_ab74a09be2052c85ca540e93830ffa9d2054871


Facebook広告でのユーザのターゲッティングが完了しましたら、

次は予算の設定を行う必要があります。

 bandicam-2015-02-24-18-39-06-936

上の画像が予算設定の基本的な画面です。

ターゲッティングが終了した次の画面です。

 

まずFacebook広告の予算を設定する際に決めるべきことは

①最終的な予算を決定する

②一日予算か通算予算かを決める(入力項目)

③広告の掲載期間を設定する(入力項目)

の3点です。

 

まずFacebook広告のメリットの一つとして、最終的な予算を設定しておけば広告費が想定以上に膨れ上がることはない、

という点を以前お話ししましたが、

①まず最終予算をご自身で決定しておくことが大切です。

最終予算は一番下に「合計最大費用」として示されている金額で、これから説明する

②と③を入力することで自動的に計算されます。

 

②一日予算か通算予算かを決定する

ここからが入力項目です。一日当たりの予算か、合計の予算とするかを入力します。

この予算選択によって広告の扱いが変わることはありませんが、

1クリックあたりあるいは1000ページビューあたりの金額は、これによって左右されませんので

一日当たりに消費される金額が設定によっては変わってきます。

この項目はご自身の目的やスタンスと合致した方を選択すればよいと思います。

ただし、通算予算を選択すると③の項目で「今日から継続的に掲載する」という欄は選べませんので注意が必要です。

もちろん、「今日から継続的に掲載する」という項目は終了日を設定しないため、

Facebook広告の中でも例外的に広告費が膨れ上がる可能性をもつ選択となります。

 

掲載期間を決める

②の項目で一日予算を選択した方は、「今日から継続的に掲載する」あるいは「開始日と終了日を設定」という選択ができます。

また②の項目で通算予算を選択した方は「開始日と終了日を設定」のみになります。

一日当たりの予算設定をし、「継続的に」を選択した場合は設定した金額が毎日課され、

終了の設定をするまで課金が必要です。

また開始日と終了日を設定した場合はその掲載期間に応じて合計最大費用が表示されます。

つまり、予算を一定額にしたい場合、一日当たりの予算と期間を設定することで最終的な費用に合わせることが大切です。

通算予算を選択した場合は、期間設定に応じて一日当たりの金額が割り振られます。

 

Facebook広告における予算設定の基本的な仕組みについてご理解いただけたでしょうか。

しかしFacebook広告には最低金額などの制約も存在します。

次回は、その制約内容など、少し複雑な内容についてご紹介します。