04e97_227_dbbb3ccb203b2a95a5514fd619d5f3bc




前回までの記事では、Facebook広告の実践編としまして

Facebook広告を始める際に必要な作業や、実際のターゲッティングに

ついてお話ししてきました。

 

今回からは、発展編としまして

Facebook広告の作成方法について、

広告のキャンペーンや目的別に詳しく手順を解説してゆきます。

 

今回の記事では、

「ウェブサイトへのアクセスを増やす」という目的のFacebook広告作成の手順を解説します。

それでは順を追って説明してゆきます。

 

①URLを入力する

Facebook広告で外部サイトの宣伝をするわけですので、まずはそのサイトのURLを用意する必要があります。

「キャンペーンの目的を選択」の項目でさっそくURLの入力が求められるので、入力しましょう。

入力が完了すれば予算などの各項目の設定に進みますが、ここは共通となっており、実践編でご説明しておりますので割愛させていただきます。

 

②見出しとテキストを決定する

以上が完了しましたら「見出し」と「テキスト」を入力します。

この2つの項目は、広告を見るユーザの興味を引くかどうかを決定づけますので

じっくり考える必要があります。

もちろん、変更することは可能ですので必要以上に悩む必要はありませんが

とても重要な項目であると言うことをご理解いただけるとありがたいです。

 

また、広告の誘導先を外部サイトではなく、Facebookページに設定することもできます。

この場合次の③のコールトゥアクションを設定することができます。

 

 

③コールトゥアクションを選択する

コールトゥアクションとは、これまでも何度かお話ししてきましたが、Facebook広告において実際にユーザに行動を促すようなボタンです。

これはFacebook広告の誘導先をご自身のFacebookページに設定した場合のみ適用できる設定ですので、ご注意ください

コールトゥアクションは通常の広告よりもユーザの行動を促進する効果があるため、

Facebook広告を利用するメリットとしてあげられますので、利用を検討してみてもよいでしょう。

 

 

④詳細オプションを必要に応じて設定する

詳細オプションの設定では、リンク先のサイトについて解説するテキストを入力することができます。

②でご説明した「テキスト」と非常に似た項目ですが

・「テキスト」は広告自体の説明文

・こちらではリンク先のサイトの説明文

という違いがあります。

どちらも設定しておけば、ユーザにはよりわかりやすく伝わりますので、

できるだけ入力しましょう。

 

⑤注文の確定ボタンを押す

以上の設定が完了しましたら、あとは「注文を確定」ボタンを押せば完了です。

広告の審査が完了し次第、掲載が始まります。

 

いかがでしたでしょうか。

ウェブサイトへ誘導したいときのFacebook広告の作成方法についてお分かりいただけたでしょうか。

次回は「投稿を宣伝」のキャンペーンを選択した場合の手順について解説します。