c0180096_3375680



前回はキャンペーンの選択で「ウェブサイトへのアクセスを増やす」を選択した

場合の手順についてご説明しました。

今回は「投稿を宣伝」を選択した場合の手順について解説します。

 

「投稿を宣伝」では具体的にどういった目的のFacebook広告の作成に適しているかと言うと

・投稿のエンゲージメントを上昇させる

ということです。このエンゲージメントは、以前の記事で解説しましたが、

広告主とユーザの関係性のことで、これが高ければ高いほど広告が表示される可能性が高くなります。

Facebook広告の利用法の一つとして、よりユーザに見てもらいたい広告のエンゲージメントを

上昇させることがあげられ、このキャンペーンはその目的に特化したものです。

 

では実際にどのような手順で進めてゆくのか、説明してゆきます。

基本的な流れは2つだけですので、非常に簡単に進めることができます。

 

①Facebookページを選択する

投稿を宣伝する、という目的のために宣伝する投稿を発信しているFacebookページが必要となります。

キャンペーンの選択が完了すると、このFacebookページの入力が求められますので、リンクかFacebookページのURLを用意しましょう。

 

②投稿を選択する

Facebookページの入力が終わると、そのページが実際にあるかどうかの確認が自動的に行われます。

正しく入力ができていないなどの場合があれば、エラーとして表示されるので、その時は正しく入力しましょう。

Facebookページの確認が完了すると、そのページの投稿が選択できるようになります。

 

あとは選択した投稿について、広告の作成画面へと進みますので、指示に従って進めば問題ありません。

 

そしてFacebook広告において、特筆すべき機能として、

すでにある投稿画面から直接広告化できるというものがあります。

こちらも非常に便利な機能ですのでご紹介します。

 

まず、ご自身のFacebookページやニュースフィードのタイムラインから広告化したい投稿を探します。

そしてその宣伝したい投稿に「投稿の広告を出す」というボタンがありますので、クリックすることで即座に広告化の処理に進むことができます。

広告化の処理は、特別なものはありませんが簡単に流れをご紹介します。

 

①ターゲットを選択する

他のFacebook広告でも設定する項目ですが、まず初めにターゲットの選択を行います。

エリアや年齢、性別などターゲットを選択してゆきましょう。

 

②予算を設定する

次に「予算の上限」の項目を設定しましょう。予算によって広告の表示回数が変動しますので、

それに合わせた推定リーチ人数も表示されます。これらを目安にご自身の納得する金額を設定しましょう。

 

③期間を設定する

最後に期間を設定します。投稿からの直接の広告化では1日単位での設定のみとなっています。

さらに設定の上限は7日となっています。

 

以上のように投稿からの直接の広告化は非常に簡単でFacebook広告の便利な機能の一つです。

やや簡易化されているため、とても詳細にターゲットなどを設定したい場合は、

通常の方法からのアプローチがおすすめです

 

 

今回は「投稿を宣伝する」というキャンペーンの具体的な手順についてご説明しました。

次回は、「Facebookページを宣伝」するキャンペーンについてお話しします。