19260462_312350505879818_2798305385572557958_n



前回までの記事では、Facebook広告の発展編としまして

各キャンペーンの作業手順などについて詳しく解説してきました。

 

今回からはFacebook広告の管理編としまして、Facebook広告における

広告の様々な管理機能についてご説明します。

 

まず今回の記事ではFacebook広告の広告マネージャについてお話しします。

広告マネージャとは、作成し、出稿したFacebook広告のデータを閲覧できるなど

広告の管理をするページです。

Facebook広告の出稿をした方にはどなたでもアクセスすることができます。

 

広告マネージャは、広告を出稿しているFacebookページの

ニュースフィードの左側にリンクがあります。

「広告マネージャ」と書いてある欄をクリックすることで、広告マネージャの

ページに移動することができます。

 

広告マネージャの左側には様々な項目がありますが、

この中で管理者として頻繁に利用するのは

①広告キャンペーン

②レポート

③設定

④支払管理

の4項目です。

①広告キャンペーンではFacebook広告の各階層である「キャンペーン」「広告セット」「広告」

それぞれの段階で詳細な管理状況や予算報告などが表示されます

Facebook広告に関する様々なデータが確認できるという点では次に説明する②レポート

と似た部分ではありますが、広告キャンペーンではより管理に必要な情報を確認することができます。

 

②レポート

レポートでは、広告を表示した結果が示されます。

広告を表示したことによってどれほどの成果があったのか、効率はよかったのか、

配信したとしてもクリックされたのか、といった分析に利用できるデータを中心に確認できます

①の広告キャンペーンでは予算などの事務的な管理情報の確認ができるという違いがありますので、

そのあたりを押さえておきましょう。

 

③設定も重要な項目の一つです。ここでは広告アカウントの管理を行います。

アカウントを利用するにあたってのメール通知の有無など、

より便利にFacebook広告を活用するためには一度設定を確認し、

ご自身に適した設定に変更するとよいでしょう。

 

④支払管理

この項目では、支払いに関するすべての処理ができます。

支払方法の選択をはじめとして、方法の追加や変更、

広告費用の上限設定など多くの設定機能が備わっています。

 

以上の4項目が、Facebook広告の利用上重要なポイントとなりますが

特に①広告キャンペーン④支払管理では手順や表示された項目が分かりにくい部分が

あります。

ですので、ここからの管理編では特にこの①と④にフォーカスをあてて、解説してゆきます。

 

以上、Facebook広告の管理機能の基本である広告マネージャについてお話ししました。

次回の記事からはキャンペーンや広告セット、

広告ごとなどそれぞれの階層ごとの広告マネージャの項目についてご説明します。