20081005133541



これまで管理編では、Facebook広告の管理情報の解説や

出稿後の様々な設定の変更についてお話ししてきました。

今回は、出稿しているFacebook広告を停止する手順についてご説明します。

 

 

広告掲載の停止にも広告マネージャを利用します。

停止の手順は次の通りです。

①「広告マネージャ」にアクセスする

②「広告キャンペーン」をクリックする

③初期画面ではすべてのキャンペーンの管理画面が表示されているので、

停止したい階層まで進む。

④停止したいFacebook広告の階層で「ステータス」欄を探し、

スイッチのようになっているため、それをオン/オフすることで

稼働/停止を操作することができる

⑤広告の停止の場合はオフ側にスイッチを動かす

 

以上の作業で、広告停止が完了します。

ちなみに、ステータスのオン/オフは

・スイッチの「○」が右側になっていれば(スイッチが濃い色になっていれば)オン

・逆に「○」が左側になっていれば(スイッチが薄い色になっていれば)オフ

の状態です。

逆を選択してしまうと費用が発生したりなど、想定しない損が発生したりしますので、

しっかり確認しましょう。

 

また、この広告の停止ですが、ステータス項目がある階層であればどの

段階でも可能です。

具体的には、全てのキャンペーンを同時に停止することもできますし、

特定のキャンペーンだけ、特定の広告セットだけといった選択も可能です。

 

再度広告を掲載開始したい場合には、同じ場所にアクセスし、スイッチをオンに

切り替えれば大丈夫ですので、必要以上に停止すべきか考えなくてもよいかと思います。

 

そして広告を停止している間の費用は発生しませんので、

広告の効果測定やご自身の予算に応じて

気軽にオン/オフの切り替えをするというのも方法として検討してみるのもよいでしょう。

 

繰り返しになりますが、Facebook広告では広告を掲載した分だけの費用が

請求されますので、広告を停止することによる金銭的なデメリットはありません

 

この手軽なオンオフ機能を活用する例としては、Facebookページを宣伝するのに

Facebook広告を利用していたが、ページの人気がでてきたため広告が不要になった(オフにする)。

しかし、少しずつまた認知度が下がってきたため再度広告化する(オンに変更する)。

といった、必要に応じた広告掲載に十分活用できます。

 

単純に広告を停止する機能だけではなく、一時休止のような意味合いをもつ停止

ですので、柔軟な広告掲載に便利な機能であることがお分かりいただけると幸いです。

 

 

以上、Facebook広告の出稿停止の手順やポイントについて解説しました。

次回の記事では、Facebook広告の削除についてお話しします。