20161217_161353-540x405



前回はFacebook広告の広告レポート機能について、概要や報告される

各項目についてご説明しました。

今回の記事は、Facebook広告レポートのカスタマイズなど、

便利な機能についてお話しします。

 

Facebook広告のレポート機能は、非常に多岐にわたる項目を報告してくれます。

その詳細さ故に慣れない方が利用すると、どこをどう見ればいいのか、

どう読み取ればいいのか、混乱するケースもあるようです。

 

そんな時に便利なのがFacebook広告レポートのカスタマイズ機能です。

このカスタマイズ機能を簡単にご説明すると、

確認したい項目のみを、任意でピックアップできるという機能です。

ピックアップできるのは報告されている指標でも良いですし、

キャンペーンごとといった選別も可能です。

 

それでは、広告レポートのカスタマイズ機能について、手順とともにご説明します。

まず、前回の記事でご説明したように、

「Facebook広告レポート」画面へアクセスします。

アクセスできましたら、各データの一覧表の左上あたりに

①列をカスタマイズ

②フィルタを追加

という2つのボタンがあります。

このボタンから様々なカスタマイズが可能となります。

 

①列をカスタマイズ

こちらをクリックしますと、新しい画面が立ち上がります。

左側にパフォーマンス、エンゲージメントといったようなリストが並び、

それぞれの項目について詳細なチェックできるリストが並びます

例えばパフォーマンスを選択すると

・リーチ

・フリークエンシー

といったチェックできる項目が並びます。

この中で、ご自身が確認したい項目にチェックを入れることで

入れた項目のみが表示されるようになります。

ここでチェックを入れた項目が、一覧表に表示されるようになります。

必要なものを取捨選択することで、非常に見やすくなりますので

ぜひ設定しましょう。

設定を終えた後には、「列を保存」ボタンを押し忘れないようにしましょう。

 

 

②フィルタを追加

こちらもクリックすると新しい画面が立ち上がります。

フィルタではキャンペーンや広告セットを選別できます。

選別方法としては、キーワードを入力する方式で

キーワードを含む、一致する、除外するといった選択が可能となっています。

この選別の際に便利に活用できるように、広告セット名などは

一定の規則を持つネーミングをしておくとよさそうです。

 

他にも便利な機能として、「期間の指定」があります。

これは一覧表の右上あたりにあるタブから設定できる項目で

今日、昨日、最近30日間、といった範囲指定が可能となっています。

 

以上、Facebook広告レポートの各項目についてご説明しました。

この項目ですが、非常に多くの項目がありますので、全部を網羅して解説するよりは

実際にご自身で設定するなど、試行錯誤することが一番の近道だと言えます。

ですが、中にはおさえておきたい重要な指標がありますので、

次回の記事ではそのポイントについてご紹介します。