251




 前回までの分析編の記事では、主に「Facebook広告レポート」について

お話ししてきました。

今回からは、「コンバージョントラッキング」についてご説明します。

コンバージョンとは、日本語で「成果」を意味する単語で、

例えばウェブサイトなどの

・商品の購入

・予約の確定

といったサイト運営者が利用者に促したい行動を指します。

 

そしてコンバージョントラッキングとは、

その行動履歴を意味します。

具体的に説明すると

・Facebookの広告によって外部サイトへ誘導されたユーザが

そのサイトでコンバージョン(広告主にとっての成果)を達成したかどうかという履歴

です。

これを知ることによって、Facebook広告によってどれほどのユーザが

ご自身のサイトに誘導され、コンバージョンを達成したかという情報が得られます

このコンバージョントラッキングは、

「ウェブサイトへのアクセスを増やす」キャンペーンを選択した広告主に

おすすめします。

 

コンバージョントラッキングを設置することで、Facebook広告による

出稿の効果を詳しく知ることができます。

Facebook広告からのレポートでは、

広告のクリック数やページのいいね!数、そして外部サイトへの誘導数が

細かく報告されますから、Facebook広告からの誘導数と

誘導数に対するコンバージョンの達成数を知ることで、

Facebook広告の効果が確認できます。

 

このコンバージョントラッキングを行うためには、ご自身の誘導先の

サイトも操作を行う必要があるので、少し手間がかかりますが、

効果的な分析に欠かせないため、ぜひ導入することをおすすめします。

 

 

それではここで、実際Facebook広告で誘導するのが外部サイトなのに

なぜそのサイトでのコンバージョンが確認できるのか、

正しく計測できるのか、

という疑問が発生すると思いますので、その仕組みについてご説明します。

 

コンバージョントラッキングは、Facebook側から用意された

ホームページ用のコードを、誘導先のサイトに張り付けることで

Facebook側が、そのサイトでのユーザの行動履歴を把握することができます。

そして、例えば

・予約が確定しました

・購入が確定しました

といった画面に到達した回数を計測することができます。

これにより、Facebook側はFacebook広告から

外部サイトへ誘導されたユーザと、そのうちコンバージョンを達成した

人数を把握する鵜ことができます。

 

 

 

以上、コンバージョントラッキングの概要をご説明しました。

次回は、コンバージョントラッキングの具体的な作成手順についてご説明します。