puzzle_iphoneskin4_201204011309291


前回の記事ではFacebook広告のカスタムオーディエンスについて、顧客情報からターゲッティングを行うという方法についてご説明しました。
今回の記事では、サイトの閲覧履歴からターゲッティングする方法についてご説明します。

Facebook広告を利用する際、Facebookを利用するためFacebookサービス上での活用がほとんどであり、外部機能との連携による活用方法はこれまではコンバージョントラッキングのみでした。

しかし、カスタムオーディエンスでも、外部機能との連携による方法でさらに効果を高めるターゲッティングが行えます。それが、外部サイトの閲覧履歴を利用する方法です。

外部サイトの閲覧履歴は基本的にはFacebook広告をサービス上で利用しているだけでは不可能です。ですので、Facebook広告側にコードを発行してもらい、それを埋め込むという作業になります。
それでは具体的に方法をご説明します。

①広告マネージャにアクセスする
②オーディエンスの項目をクリックする
③オーディエンス画面で、右上の「オーディエンスを作成」をクリックする
④カスタムオーディエンスを選択する
⑤「ウェブサイトトラフィック」を選択する。

ここまで操作すると、カスタムオーディエンスを作成するために必要な項目の入力が求められます。

・オーディエンス名
これは管理用の名前ですのでなんでも構いません

・ウェブサイトトラフィック
サイトのURLと、そのサイトでのアクションを選択します。

・過去
過去どれだけの期間の閲覧履歴を利用するか、という設定を行います。

⑥以上を入力し終えたら「オーディエンスを作成」をクリックしましょう。
⑦クリックしましたら、「オーディエンス」画面に戻ります
⑧該当するオーディエンスの「オーディエンス名」あたりにカーソルをあてると四角いマークとともに「ピクセル情報」という項目が出現します。
これをクリックすることで、ウェブサイトに張り付けるコードが表示されます。

⑨このコードをご自身のウェブサイトに張り付けます。
張り付け位置としては、
<head>
[ここに張り付ける]
</head>
です。

これはHTML構文の編集を行う必要がありますので、ご自身で運営されているサイトのHTMLが編集不可の場合はこれを行うことができませんのでご注意ください。

以上、Facebook広告のカスタムオーディエンスを利用したサイトの閲覧履歴からターゲッティングする方法についてご説明しました。
次回は、完成したカスタムオーディエンスのセットからFacebook広告の出稿を行う方法についてご説明します。

--Facebook広告の完全解説目次ページはこちら--
Facebook広告のすべて。導入から実践、修正、発展までを解説!