394ef6c675bf891f87a98cefce73d8d91



前回の記事では、Facebook広告でカスタムオーディエンスを作成したときの

広告の出稿方法についてご説明しました。

今回からは、Facebook広告のターゲッティングに有用な2つ目の拡張機能である

類似オーディエンスについて詳しくお話しします。

今回の記事では類似オーディエンスの役割や、そのメリットについて

詳細にお話しします。

 

類似オーディエンスとは、ご説明しましたようにFacebook広告の拡張機能の一つで

ターゲッティングに利用できる方法の一つです。

具体的には、あらかじめ設定して置いたターゲッティング情報をもとにして

・類似した嗜好を持つユーザ

・類似した特性や属性をもつユーザ

を追加的にターゲット候補として

Facebook広告側が収集してくれる機能です。

 

Facebook広告の活用に非常に便利な機能となっており、

次のような状況の広告主には、類似オーディエンス利用の効果が高いと言えます。

・自分の広告に興味をもっているユーザのみを見つけたい

・潜在的な顧客となりうるユーザを見つけたい

・Facebook広告側が用意したターゲッティングでは思い通りにいかない

 

類似オーディエンスの特徴として、設定が非常に便利という点も

挙げられます。

詳細な設定方法については、次回の記事でお話ししますが

Facebook広告の類似オーディエンスの設定に

細かな作業は必要ありません。

非常に直観的な操作で、「これくらい似ているユーザ層」という感覚で

選択できますので、

類似オーディエンス作成に身構える必要はありません。

 

類似オーディエンスの詳細な仕組みとしては自体は

明確には公開されていませんので、詳細な解説をすることはできません。

しかし、元となるデータは

ユーザが入力した各種のデータであり、それを基に

Facebook広告側が自動で判定するという構造となっています。

また、広告主の設定によって範囲も自在に変化させられますが

それの塩梅もすべて複雑な計算はFacebook側が行ってくれます。

 

また、設定後のリーチ数もその都度表示してくれるため、

それらを参考にしつつ最適な類似度を設定することで

より効率的な広告運営が可能であると言えます。

 

 

以上、Facebook広告における類似オーディエンスを利用する

ポイントについてご説明しました。

類似オーディエンスを利用することで

Facebook広告をより効果的に利用できるというイメージを

もっていただければと思います。

では次回は類似オーディエンスの作成方法についてご説明します。