0084891



 前回の記事ではFacebook広告における

パワーエディタの導入方法や、基本的な操作のイメージについてお話しました。

今回は、Facebook広告のパワーエディタの具体的な利用手順についてご説明します。

 

この記事では、基本的な機能である「一括編集」についてお話します。

Facebook広告の一括管理にはパワーエディタが最適だというお話をしましたが、

その手順をご説明します。

 

まずは

①広告マネージャにアクセス

②パワーエディタをクリック

の手順からパワーエディタを立ち上げましょう。

立ち上げると、パワーエディタの管理画面が表示され、

管理している広告一覧が表示されていると思います。

 

①まずは編集する階層を選択する

初めに編集する階層を選択します。

キャンペーンごと、広告セットごとといったように一覧表の上部にある

タブから選択してクリックしましょう。

 

②次に編集する広告のソートを行う

パワーエディタでは、左のメニューを活用することで

多くある広告の中からソートすることができます。

この機能も利用して絞り込みましょう。

 

③編集する広告を選択する

絞り込んだ結果のうち、不要なものがある場合は

必要なものだけを選択する必要があります。

エクセルの操作と同様に、

連続している場合はshiftキーの長押しで、

離れている場合はctrlキーの長押しで選択できます。

 

④選択が完了したら設定を行う

最後に、編集や設定を行います。

画面下部の編集枠に、入力欄が表示されますので

そこに編集する内容を入力しましょう。

ここで入力した内容は、選択した広告すべてに適応されます。

 

 

このように、パワーエディタではFacebook広告の編集を行うことが

できるということがお分かりいただけたでしょうか。

そして最後に、

「Facebook広告」自体とパワーエディタは直接同期していない

という点を思い出してください。

ですので、編集が完了しましたら

必ず「アップロード」をクリックしましょう。

アップロードを押し忘れてしまうと、せっかくの編集の労力が

水泡に帰してしまいますので、ご注意ください。

 

また広告の予算設定と種類が違う場合には編集できないという

制約あることにも触れておきます。

予算設定では、1日当たりと通算の設定を同時に編集することはできず

種類とは、ページの宣伝広告とイベントの集客広告は同時に編集することは

できない、ということです。

この点には注意が必要です。

 

以上で、パワーエディタに関するご説明は終了です。

また、応用編としてご紹介する内容も網羅しましたので、

次回の記事は応用編のまとめを行いたいと思います。