src_10888142


今回の記事では、これまでFacebook広告応用編の

まとめをします。

応用編では、Facebook広告に備わっている各種拡張機能を

ご紹介してきました。

今回の記事も、これまでと同じように

応用編のおさらいや

気になる過去記事の参照にご利用ください。

 

①Facebook広告応用機能の紹介

ここでは、Facebook広告の応用機能には

どのようなものがあるかという概要と

カスタムオーディエンスについて触れています。

 

②類似オーディエンスとパワーエディタについて

続きまして、類似オーディエンスとパワーエディタの

ポイントについて解説しています。

 

③カスタムオーディエンスとは

カスタムオーディエンスを利用することによる

メリットや特徴などを一歩踏み込んで紹介しています。

 

④カスタムオーディエンスで顧客リストからターゲッティングする

カスタムオーディエンスの主要な機能である「顧客リストからのターゲッティング」

についてお話しています。

 

⑤カスタムオーディエンスで履歴からターゲッティングする

もう一つの主要な機能である「閲覧履歴からのターゲッティング」について

特長をお話ししています。

 

⑥カスタムオーディエンスによる出稿方法

実際にカスタムオーディエンスを利用する際の手順について

解説しています。

 

⑦類似オーディエンスの特徴とメリット

オーディエンスの設定に際して、拡張機能である類似オーディエンスについて

その特徴や想定される活用シーンについてご紹介しています。

実際に活用するイメージが浮かびましたら幸いです。

 

⑧類似オーディエンスの実践方法

類似オーディエンスによってターゲッティングを行う際の

手順について解説しています。

 

⑨パワーエディタの特徴やポイント

パワーエディタとは、大規模で数が多い広告の一括管理を

主要な目的とするFacebook広告の目玉ともいえるツールです。

使いこなすことで非常に作業の効率化が図れますので、

広告の数が多い広告主の方はぜひ一度ご覧ください。

 

⑩パワーエディタの導入方法

パワーエディタにはGoogle Chromeが必要となります。

それらを含めまして、導入にやや手間がかかるため

その手順について詳しく解説しています。

 

⑪パワーエディタによる編集方法

パワーエディタを利用してFacebook広告を実際に管理する際の手順について

解説しています。

具体的な方法をご理解いただければと思います。

 

以上、Facebook広告の拡張機能について応用編としてご紹介してきました。

次回からは完成編としまして、

Facebook広告を継続的に運営し、また高い成果を上げるために必要な

考え方やテクニック、ノウハウについてお話しします。