繝「繝ウ繝槭Ν繝医Ν14



前回の記事では、Facebook広告の完成編としまして

Facebook広告の継続的な活用のためにまずおさえておきたいポイントについて

お話ししました。

 

それでは、今回の記事からはFacebook広告の編集や修正に関する

テクニックやポイントについてお話しします。

今回は、まずおさえておきたいポイントについてお話しします。

編集や修正において重要なのは次の4点です。

①ターゲッティング

②Facebook広告の素材

③Facebook広告の掲載方法

④Facebook広告の掲載時間

 

 

①ターゲッティング

Facebook広告のメリットとしてターゲッティングの高機能さを

取り上げましたが、編集に際しても重要なポイントとなります。

適切に、顧客となりうるユーザに広告を届ける必要がありますので

ターゲッティングが非常に重要であることはお分かりいただけると思います。

また、ターゲッティングで絞りすぎによる潜在的なユーザの漏れといった

恐れもありますので、慎重に行う必要があります。

 

②Facebook広告の素材

広告において、そのビジュアルというものは大変重要な意味を持ちます。

広告を見るユーザにとって、広告をクリックするかどうかというのは

その広告の内容よりも見た目が左右します。

Facebook広告でもこれは例にもれず、注意すべきポイントとなります。

Facebook広告では、分析と編集が繰り返せますから、

それらを最大限に活用して、最適なビジュアルを見つけ出す必要があります。

 

③Facebook広告の掲載方法

Facebook広告では、広告の掲載場所が複数あります。

・ユーザの投稿と同じように、タイムラインに表示される広告

・右側広告枠に表示される広告

・モバイル上の広告

これらは別々に作成する必要はありませんが、

それぞれどのようにユーザからは見え、

どのタイプが最も高い成果をあげるか、

という分析は重要です。

 

④Facebook広告の掲載時間

これは、パワーエディタの拡張機能によって実装できる機能ですが、

掲載時間を指定して広告を出稿することができます。

のちの記事で詳しくご説明しますが、

ユーザによってFacebookをチェックする時間帯は異なりますので

Facebook広告の成果を向上させるためのポイントとして

おさえておくとよいでしょう。

 

 

以上、Facebook広告を継続運用してゆくうえで必要な

編集や修正のポイントについて解説しました。

次回の記事では、具体的にターゲッティングを行う際のポイントについて

お話しします。