futta0015-1024x768


前回の記事では、Facebook広告の効果を向上するために必要な

ターゲッティングの「除外」という方法についてお話ししました。

今回は、他にターゲッティングにおいて確認したいポイントについて

お話します。

 

今回のポイントは2つです。

①絞りすぎに注意する

②分析のデータをターゲッティングにも活かす

 

 

①絞りすぎに注意する

Facebook広告では、詳細なターゲッティングを行えることを

これまでご説明してきました。

しかしターゲッティングによって絞りすぎると、

潜在的なユーザや新規に獲得できるユーザを

対象から外してしまっているというケースもあります。

それらを判断する材料となるのは

・リーチ数

です。

ご自身が指定したオーディエンス設定によってどれほどの

ユーザに広告が到達できるかといった参考となる数で

このリーチ数によって予算も目安で表示されます。

ですから、

・予算からリーチ数を決定する

・予算に余裕があるのであれば、オーディエンス設定の際に

広めのユーザ範囲を指定する。

・「リーチ数が広すぎる」という案内が出た場合や、ご自身でもリーチ数が

多いと判断すれば、入力するターゲット項目を増やして行く

(つまりユーザを絞ってゆくということです)。

・目的とする最適なリーチ数付近になるようなオーディエンス設定を

行う

 

以上の流れによって、効率よい設定ができると思います。

もちろんオーディエンスの設定も何度でも変更できますので、

その都度編集することで対応できますが

Facebook広告の成果が思わしくない場合や、

新しい顧客が増えないといった問題がある場合には

「絞りすぎている可能性がある」ということをご留意いただければ

と思います。

 

②分析のデータをターゲッティングに活かす

Facebook広告の分析機能である「レポート」の結果は

後の記事でご説明する「Facebook広告の素材」の評価のための

ツールとして考えられがちですが、ターゲッティングの見直しにも

利用することが大切です。

 

ここで、効果的なターゲッティングを行う方法として

「比較によるターゲッティングのクオリティアップ」についてお話しします。

方法は非常に簡単で、

・同じ広告キャンペーンを2つ作成し、そのターゲッティングのみを

違う設定にする

というものです。

これを出稿し、一定期間分析することでどちらのターゲッティングが

高い成果を生み出すか、という結論を得ることができます。

・期間を短くすることで、分析に必要な予算を抑えることができる

というポイントがありますので、少しでも余裕があるかたは

積極的にこういった分析を行うとよいでしょう。

 

 

以上、ターゲッティングについてポイントをお話ししました。

次回は、広告の素材についてご説明します。